★2014年劇場鑑賞映画のTOP10★

はい。12月31日です。今年も決めます。
今年は、正直、傑作だらけだったと思います。
偏りもなく、どのジャンルにおいても最高の映画が生まれたそんな年だったと思います。
2014年自分が劇場で鑑賞した本数
72
昨年よりも、2本多いです。
昨年と違って、自分正社員になったことにより金銭面では余裕が生まれたのですが、1月、2月、3月は、休みが週一だったのと、7月まで埼玉県北部にいたので、新宿のみでしかやってない映画などは見ることができませんでした。それでも余裕があるときは、3本立てなどを行いました。
ただ、来年以降は、仕事のノルマに追い詰められてしまい、もっと減る可能性もあると考えています。
というわけで、2014年劇場鑑賞映画のTOP10を始めます。
今年は10位から始めます。
第10位 『グレート・ビューティー/追憶のローマ』

グレート・ビューティー/追憶のローマ

☆グレート・ビューティー/追憶のローマ「長々と論じれないぐらい良い!」90点☆
「心地よく、美しく、そして息苦しい。」
…昨年の86回アカデミー賞の外国語映画賞を受賞した作品。
一言で言えば、現代版『8 1/2』。
心の片隅に残ってしまう映画。作風などが好き。

グレート・ビューティー 追憶のローマ [DVD]
オデッサ・エンタテインメント (2015-03-06)
売り上げランキング: 4,365

第9位 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

◎ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 「行き当たりばったりで世界を救う」83点 ◎

…上位10本を選ぶことはたやすく、また10位9位までは簡単。しかし9位以降が難しすぎる。
本作は、最高にエキサイティングな無形派娯楽アクション!!宇宙の大きさを体現するように、問題児がいっぱいでてきて、最後は一つになる。
公開前は『ファンタスティック・フォー』を彷彿させる存在に多くの日本の映画ファンは見るのを恐れていたにちがいない。
だが、蓋を開ければ、アイアム・グルトーなアイアム・グルトーでウィアー・グルトーなアイアム・グルトーだったのだ!!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-01-21)
売り上げランキング: 64

第8位 『ザ・ゲスト』

ザ・ゲスト

★ザ・ゲスト「帰ってきた80年代カルト映画!!」97点★
…さっきちょっと前まではこの映画6位だったのに、もう一度見直して順位変更。
それぐらい今年は決めるのが難しすぎる。むしろ順位を決めることで後悔してしまいそうだ。
今年8番目に面白かった映画はこれです。
予告も何も見ずに、見に行って楽しんだ映画。観る前は宇宙人出てくるかな?とか思っていた。
蓋を開ければ、生粋のハロウィン映画。イケメンが強いけどもデンジャラス。終盤のおばけ屋敷ディスコや殺戮祭りを含めて、今年最高のB級スプラッターでした!!
第7位 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

ウルフ・オブ・ウォールストリート

【短評】ウルフ・オブ・ウォールストリート【忘備録シリーズ38】
「このペンを売ってください。(心の中で中指を立てながら)」
…見た直後、この映画は今年一番だ!!そう思っていた。
なのに結果は7位だ!!
なんてこった!!マーティン・スコセッシとディカプリオが描く、3時間にも及ぶ、金融街版を舞台にした『グッド・フェローズ』
凄まじい!!凄まじくエキサイティング。イカれたやつだらけ!!

ウルフ・オブ・ウォールストリート [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-11-26)
売り上げランキング: 728
ウルフ・オブ・ウォールストリート (字幕版)
(2014-05-13)
売り上げランキング: 10

第6位 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

http://ameblo.jp/his0809/entry-11828123836.html
…今年最高のスパイ映画といえば、本作であると断言できる!!
これはアメリカン・コミック映画であって、スパイ映画ではないかもしれない。
しかし私は断言したい!!このスパイ映画は最高だ!!
等身大の人間サイズから繰り出されるアメイジングのアクションの数々。
キャプテン・アメリカは最高だった!!

第5位 『ゴーン・ガール』

ゴーン・ガール

☆ゴーン・ガール 「全てここから始まる」92点☆
…デビッド・フィンチャー監督が繰り出す、恐怖の結婚というカタルシスを描いた。スリラー。
見ている最中のイライラと見終わった後のこの映画に対する畏怖のギャップがやばい。
これもまた誰かのno.1になる大傑作。見終わってからの衝撃が本当にやばい。
第4位 『グランド・ブダペスト・ホテル』

グランド・ブダペスト・ホテル

…『ファンタスティック Mr.FOX』『ムーンライズ・キングダム』のウェス・アンダーソン監督の最新作。
これもno.1でもおかしくないほどの素晴らしい映画。
監督の明確なビジョンが映画全体に広がっており、俳優たちと協力して見事に具現化している。
物語含めてとても面白い。完成したことが偉大な映画の一本。4位で申し訳ない。

グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-11-12)
売り上げランキング: 335
グランド・ブダペスト・ホテル (字幕版)
(2014-09-09)
売り上げランキング: 12

第3位 『6才のボクが、大人になるまで。』

6才のボクが、大人になるまで。

★6才のボクが、大人になるまで。「2時間45分の心の旅」 96点★
…『ビフォア・サンライズ』シリーズのリチャード・リンクレター監督が描く、12年間の歳月をかけて生み出した映画史に残る一本。
12年間という期間に1シーンごとに撮影して、物語を紡いだ作品。
正直、イカれている。しかも物語としてもこの企画そのものに対して一つの映画的答えを導き出し、映画として終わらせる。
これがまずドキュメンタリー映画ではなく、平凡な劇映画であることが、あまりにも凄すぎる。
今年最高の映画であることは言うまでもなく、むしろオールタイムの中で、本作は語り継がれる一本である。
ただあまりにも偉業すぎる映画なので、年間ベストなどにすると面白くない。
これは一人の人間が選ぶ、一年間見た映画のランキングであって、優れた映画を決めるランキングではない。(言い訳)
第2位 『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』

アバウト・タイム ~愛おしい時間について

◎アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ 「今年一番のラブコメ」89点◎
…これは、今年見る予定じゃなかった映画だった。
あまりにもツィッターでの評判や観客評価が良かったので、行ってみた結果、最高に心を洗われる、真剣なSF要素を無視した最高にゆるいSFタイムトラベラー映画だった。
タイムトラベラーものだが、根底にあるのは、家族愛。
その普遍さに焦点をあてて、奮闘するあんまいけてない主人公がどんどんリアルを充実させる、それを応援したくなるなんて!!終わってみて、ちょっとだけ現実の世界がいいものかもしれないと違った景色が見えるようになってしまう。そんな最高の映画だった。
第1位 『her/世界でひとつの彼女』

her/世界でひとつの彼女

☆her/世界でひとつの彼女 100点 「ファンタスティック」☆
…今年の第1位は、『☆her/世界でひとつの彼女』に決定いたしました。
すっごく迷いました。キャプテンアメリカとウルフ・オブ・ウォールストリートの順位は本当にそこでいいのか?だとか。
あと上位3位の位置。本当は2位にどうしても6才のぼくを置きたかった。
でもそうなると本作とアバウトタイムの位置がととても苦労した。
結果、一番大事なのは、見ている最中と見終わった後の感覚にしようと。
10分前までは一位がアバウトタイムだった。
でも今年はスパイクジョーンズの本作『her』にしました。
これもまた映画という別世界への旅行のような。
もうあの時の感動はどこかへ行ってしまったような気もしますし、まだブルーレイを買ってなかったりしますが。
やはり自分の中で大好きなミシェル・ゴンドリーの映像世界やら、どこか繊細だった自分の感情を多いに呼び起こされました。
ありがとうございます。

her/世界でひとつの彼女 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-12-03)
売り上げランキング: 472
her/世界でひとつの彼女(字幕版)
(2014-12-02)
売り上げランキング: 34

最後にランキング外で非常によかった映画を紹介。
『MUD』『ネブラスカ』『アクト・オブ・キリング』『プリズナーズ』『楽園追放』などなど。
今年は豊作だったなぁと。
あとは2014年全米興行成績とか調べなければ!!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です