【あらすじ】ホビット 竜に奪われた王国【全部ネタバレ記事注意】

2014年37本目 3月10日劇場鑑賞
「無理して三部作にした?」

ホビット 竜に奪われた王国
ニュージーランド2013年ニュージーランド、アメリカ、イギリス映画アメリカ

製作
ピーター・ジャクソン
(『第9地区』『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』)
監督
ピーター・ジャクソン
(『ロード・オブ・ザ・リング』3部作『ホビット 思いがけない冒険』)
出演
マーティン・フリーマン
(海外ドラマ『SHERLOCK (シャーロック)』)
イアン・マッケラン
(『X-MEN』シリーズ 『ロード・オブ・ザ・リング』3部作 『ホビット 思いがけない冒険』)
オーランド・ブルーム
(『ロード・オブ・ザ・リング』3部作 『パイレーツ・オブ・カリビアン』1~3作目)
エヴァンジェリン・リリー
(海外ドラマ『LOST』『ハート・ロッカー』『リアル・スティール』)
ルーク・エヴァンズ
(『ワイルド・スピード EURO MISSION ユーロ・ミッション』『タイタンの戦い』『インモータルズ -神々の戦い-』『推理作家ポー 最期の5日間』)
予告編

あらすじ(全部ネタバレ注意)
それは前作より前のお話。
宿場で一人酒を飲むドワーフの王族の血を引く男トーリン。彼には賞金がかけられており、とても危険な状態だ。そんな彼のテーブルに一人の老人が現れた。
それは灰色の魔法使い、ガンダルフ(イアン・マッケラン)。ガンダルフは、ドワーフの民の復興の為に、邪悪な竜スマグウにより奪われた王国に眠る、エルフからのドワーフ族の王家の証とも言える、石をスマグウの巣から奪うことを提案し、新たな王国の設立を依頼する。
しかしそれを奪うには、ドワーフでは無理だ。それが出来るのはドワーフではなく、ホビットが必要だ。そしてガンダルフには、そのあてがあった…。
1年後。トーリンとガンダルフはホビットのビルボ(マーティン・フリーマン)を仲間にいれ、スマグウに奪われた王国へと向かっていた。トーリンに恨みを抱オークの集団から逃げていたが、ドワーフ達との距離は詰まる一方だった。
ガンダルフたちは、熊に変身できる人の協力を得て、その追撃から逃れ、エルフが管理していたが、今では荒れ果てて悪しき森へ王国に向かうべく突入する。
だが、ガンダルフは森の異常が、時間の流れではなく、ある悪しき者が世界を暗黒にしようとしているのではないかと危惧し、別行動をしてそれを調べると言う。
魔法使い抜きで森を抜けるトーリンたちだが、森に住む巨大蜘蛛によってドワーフたちは囚われてしまう、だがビルボは、前作で見つけた指輪を使い、姿を隠し、ドワーフを救う。
ドワーフと蜘蛛の戦いの最中、エルフたちが参戦。
レゴラス(オーランド・ブルーム)率いるエルフたちはとても強く、すぐさま退け、ドワーフたちを捕らえる。
トーリンとエルフの王は、解放の代わりにスマグウに奪われた石を明け渡せと言うが、トーリンは断り、牢屋に戻されてしまう…。
だがまたも指輪の力を使用したビルボによりエルフたちの城から逃げるドワーフたち。
道中、オークの襲撃もあったがレゴラスとタウリエル(エヴァンジェリン・リリー)の活躍により、無事に逃げ切る。
王国へ向かう道中、人間に出会ったトーリンは彼に金を払い、王国の近隣の町への道を切り開く。
エルフたちは、オークを一人捕らえ、この襲撃の目的を聞き出し、サウロンの復活とドワーフの一人、キーリーが毒に侵されていることを知る。キーリーと交流を持っていたタウリエルは単身キーリーを救うべく、ドワーフを追う。それを知ったレゴラスもまたタウリエルを追い、オークを倒すことを楽しむのだった。
調査をしていたガンダルフはオークに襲われて囚われてしまった…。
トーリンたちはキーリーのせいで武器を泥棒するところを見つかり、人間たちに捕まる。
しかしトーリンは自身の正体を明かし、スマグウの討伐を宣言し、町はそれに喜ぶ。
しかし最初にドワーフを助けた男、バルド(ルーク・エヴァンズ)は一人トーリンは町に死をもたらすと訴える。だが誰もバルドの意見を聞かなかった。
バルドの正体は、昔スマグウに町を襲われた時、立ち向かった弓の達人の祖先だった。
スマグウのせいで家名も落とされ、貧乏暮らし、しかしその気高き志は受け継がれていた。
扉の入り口が見れる日が迫り、合流しないガンダルフを見捨て毒に侵されたキーリーたちを残し、旅立つトーリンとビルボたち。
王国に到着し、扉を開いたトーリン、ビルボに石を盗むことを命じるが、スマグウはそれに気づいていた。
スマグウの攻撃から逃げ延びるビルボだが、逃げて来たビルボにトーリンは激しく怒りをぶつける。
トーリンにも気づいたスマグウ、逃げるドワーフたち。
しかしどうにかスマグウを倒そうと、廃墟とかした溶鉱炉に火をともし、スマグウに一矢報いる。
しかしそれでもスマグウは死ななかった。
彼はトーリンたちを支援した町を滅ぼすことを宣言し、城から飛び立つのだった。
そして映画は次回作につづく…。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です