【あらすじ記事】恋するリベラーチェ

2013年130本目 11月7日劇場鑑賞
「濃厚年の差ホモ映画」

$『A Little his REDEMPTION.』映画オタクの映画感想倉庫~season 7~-恋するリベラーチェ
アメリカ2013年アメリカのTV映画アメリカ

監督
スティーブン・ソダーバーグ
(『サイド・エフェクト』『マジック・マイク』『エージェント・マロリー』『トラフィック』『オーシャンズ11』)
出演
マット・デイモン
(『幸せへのキセキ』『ボーン・アイデンティティ』『ディパーテッド』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『プライベート・ライアン』)
マイケル・ダグラス
(『ウォール街』『ワンダー・ボーイズ』『ゲーム』『フォーリング・ダウン』『氷の微笑』)
予告編


あらすじ
1977年のアメリカ。
17歳のスコット(マット・デイモン)は映画に用いられる動物の指導員として働いていた。
スコットは同性愛者で日々、ゲイバーに通っていた。
そこでスコットはハリウッドのプロデューサーのボブと出会う。
ボブに誘われ、ラスベガスに来たスコットは、そこで天才的なピアノ演奏技術を持つテレビ界とショウビズ界の大スターのリベラーチェ(マイケル・ダグラス)のショウを見るのだった。
ボブに引きつられ舞台裏のリベラーチェの控え室に入ったスコット。
リベラーチェはスコットに興味を抱き、家へと招待するのだった。
後日やってきたスコットは、同じく同性愛者でのリベラーチェと心を通わせ、若いスコットは、リベラーチェの恋人として家に住み込むことになる。
大スターリベラーチェは、建前は異性愛者なのだが、本当の姿は同性愛者。
当時推定40歳のリベラーチェが死ぬまでの隠された10年間が映画では描かれるのだった。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です