【感想】機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN

2013年119本目 10月19日鑑賞
「二枚組だとは思わなかった。尻拭いの本気を感じさせる。」

機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN [DVD]
日の丸2013年日本の作品日の丸

2011年に放送のガンダムシリーズ史上最低の視聴率だった『ガンダムAGE』のアレンジされた総集編!!
2011年に放映された『ガンダムAGE』
当時『レイトン教授』や『白騎士物語』『イナズマイレブン』『ダンボール戦記』などの数多くのヒット作を手がけ『ドラゴンクエスト8』の制作で高い評価を得ていたゲーム制作会社レベルファイブの社長日野さんが『ガンダム』のゲームを100万本売るので『ガンダム』を作らせたとい言われている。
しかし畑違いの世界に手を出した結果、新規よりも古くからの熱心なファンの反感を多く買ってしまい、序盤から低い評価を得てしまい、ターゲット層であった低年齢層も囲むことができなかったようで、本国日本では過去最低の視聴率になってしまった。
録画やインターネットなどの多様化を考えても夕方から朝方に強制移行した『ガンダムX』よりも視聴率が低いとなると日曜夕方という良い時間で放送していたのを考えて、やはり酷い成果だったと思う。
またゲームも本編終盤頃に発売したのだが、3万本程しか売れず。トドメには近年の低評価作品ガンダムSEEDデスティニーと比べれられることも多くなっている。
そもそもこれは個人的にな見解だが、ガンダムの映像があんまりかっこ良くない、話が面白くない、とんでも展開があって酷い、キャラクターを大事にしないなどを見ていて思って、私は中盤で見るのを辞めたのだった。
見るのを辞めたガンダムは初めてかもしれない…。
またオレの知っているガンダムとしては初めてパイロット描写が少ない作品で、敵が人口AIを登場させているのかよくわからない。
敵のデザインもこれまでの映像作品に比べるとかなり異質になっており、他業種からの参入をとても顕著に感じさせる、誰もやらないことをして反感を買い失敗した形になっている。
話が面白ければ救いがあったのだが、根本的に作品が面白くないので、真新しい斬新な要素もどの側面から見ても否定に満ちた。
そしてこの度、総集編が出たので、やはりガンオタとして気になったので見た。
作品の酷さは言うまでもないのだが、キャラクターの中で唯一好きになれそうなキャラクターのアセムが主役なわけ。
スタッフも日野の面影も薄く、戦犯の監督も更迭。
綿田慎也さんが監督を務めた。脚本も一人になっている。
総評としては、中盤までは知っている話なので面白かったが、後半が知らないので、ついていけなかった。
ラストがクソだったので微妙。
部分的に見て、2部のダイジェストと3部と4部を駆け足って感じの作品。2部は問題点を大幅にカットして、見やすくしてた。3部と4部に至ってはカットしすぎて、最早何がなんだか…。挙げ句にゼハートのモノローグだらけでエンタメとしてクソ。
という感じ。
いや前半と後半で二枚組という本気さがあるのだが、このガンダムageは4部構成で、1部をフリットの少年時代、2部をフリットの息子のアセムとフリットが総司令として出撃3部はアセムの息子とフリットが暗躍、4部ではみんな一緒に戦うという構成。
前半は、2部の12話の不評だったところなどを大幅カットして、新規ガンダムの装備とか出したり、してアセムとライバルのゼハートの関係が掘り下げられている。
てかこの作品の主役は多分、ゼハート。声優の人気さが考慮されているのかね…。
それにここまでは見ていたから面白かったんだけども、後半のディスクからは3部4部を駆け足で描かれていて、しかも知らない話だから、急に出て来ては死んでの繰り返しで、正直ついていけなかったし、後編の途中からは終始ゼハートのモノローグで作品が描かれるようになって、映像作品として致命的に面白くなくなる。
作品としてゼハートがとても不憫で、終盤の年老いたアセムと若いままのゼハートの対立は、なんとも言えない不憫さがある。終盤のアセムの存在もなんか意味不明なんだけどね。
とりまガンダムAGEをちゃんと見ていれば、もう少し楽しめそうだが、そんな人自体少数だと思うので、頑張ってみても結局は作品として駄目な物は駄目だったと考えることにした。
まぁーこれ以降のガンダムは何を作っても褒められそうなので、劇場版『ダブルオー』のとんでも展開で、これからどんなガンダム作るんだよ?状態からよくやったと思う。
同時期に最高品質のユニコーンがあったりするから、余計に酷さが際立つ。
現在では『ガンダムビルドファイターズ』という子供を囲める最高の商業アニメを毎週高い精度でやっているんだからやはり『ガンダムAGE』は酷かったと思う事にしよう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です