【攻略】GRAVITY DAZE【プラチナゲット 感想】

GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the Best
日の丸2012年日本作品日の丸

どうもトロフィー厨のhis0809です。
本作をPS+入会者は、無料プレイできるので、早速やってみた。
本作は、Amazon内でも評価高いし、簡単にトロフィー集まるらしいじゃないですか。
しかもhis0809初のVITAゲーですよ!!
これまでVITA持っているのにずっとPSPのゲームやってたんです。満を持してのVITAゲーです。
超楽しみです。
結果
画像そんな綺麗じゃないね…。
すげー画像綺麗だと思っていたら、ps2とPSPの間くらいの画質でがっかりした。
もっとハイデフな映像を期待していたんだけどな…。
またイベントはコミックを意識した形で描かれる。類似作品メタルギアソリッドのPSPかな…。
これもちゃんとイベント映像がほとんど用意されているかな…って思ったからVITAゲーとしては、この程度か…とため息。
まぁーハードル上げすぎたか…。
ゲームとしては初操作のジャイロ機能に大苦戦。
本作は箱庭ゲームとしての体裁を持ったゲーム。
でも横に広いというよりは縦に長いマップで、ビルや地下の合間を塗って、重力を自由に操作して、色んなとこ行くゲーム。
まぁーだいたいは各地に落ちている経験値と同じ意味のものをひたすら集める感じか…。
敵のバリエーションとかは単純で、戦い方も一方的に空中浮遊からの突撃。
トロフィーは本編進めれば7割とれて、後はチャレンジ(レースとかのタイムアタック)をクリアするのに、経験値を稼ぎ、能力マックスの状態にして、チャレンジをクリアすれば、トロコン。
しかしここで壁になるのが、ジャイロ操作。
このジャイロ操作を用いたカーブテクニックがタイムアタック攻略には必須で、かなりストレスを感じた…。
裏ボスとかもいるものの倒せないわけではない…。
またグラフィックレベルもそこまで高くないので、見づらかったり引っかかったりとストレスは多い…。
しかし一番の問題は本作が壮大な物語のプロローグ
大金出して、ストーリー終えたら、話全然進まず終わったとかかなりイライラ…。
それ知らなかったし、冒頭からモノローグ形式で描かれるんだけども、結局ゲームをクリアしても真実は明かされず、そのモノローグまでたどり着かない始末。
普通に腹立った。
本作はPSVITAの性能をフルに活用した操作性が高く評価されたわけだが、こんなもんかVITAとなんか落胆してしまった。
トロフィーはストレス溜まるけども携帯ゲーム機なんで、あいまあいまや寝る前や寝ながらやれるので、気がついたらトロコンできる。でも結構プレイ時間はかかっていた。
あとスキルと同時に運も絡むゲームだとおれは思う。
フランス語と日本語と英語を混ぜた世界観に違和感あったでぇ。普通に日本語で良かったです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です