【海外ドラマ】ビッグバンセオリー シーズン5【感想】

「シェルドン・クーパー恋に悩む!!」

Big Bang Theory5th Season
アメリカ2011年アメリカアメリカ

アメリカの20分のコメディドラマ
相変わらず楽しい、作品。
前作から現れたシェルドンの女性版エイミーも主要キャラとして個性が強くなってきた。
初めてできた親友ということで、今作のヒロインのペニーと最早親友以上の感情を持って大暴走。
最早、ヒロインだったペニーも困ったキャラの多さに日々頭を抱える安定感のあるポジションになってきた。
でもまたもレナードと元さやという面倒な関係に…。
それを制作者も配慮してか、あんまりレナードとペニーの関係は描かれなかった。
その分、ハワードとベルナデットの結婚への進展や、シーズンフィナーレではまさに結婚式もあり、宇宙に行ったりとすごい展開。
シェルドンが更にパワーアップ!!
エイミーの登場で、シェルドンも感化され始めて、かなりパワーアップ。
シェルドンの散髪の件などは、大爆笑してしまった。
それ以上に、シェルドンが、エイミーに告白するシチュエーションもあり、シリーズを通して、キャラクターの成長が嬉しい。また結束具合も素晴らしく、エピソード一つ一つがかゆいとこに手が届くものになっている。
あんまり、オタク要素は出てこないが、スタトレネタは多い。ついにスタトレのセットなども登場か。
しかしついにシーズン6まできてしまったわけで、最終シーズンこそ決定していないが、いつ終わるかもわからない、物淋しさもシーズンを重ねることで感じてくるのだった。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です