トランスフォーマー博行きました。

「入場料高過ぎ!!」

トランスフォーマー博1

先日、トリエンナーレに行った後、せっかく横浜にいるんだから行かないと、映画マニアとして恥だ!!
とその時、一緒にいた同僚と入り口まで行ったのです。
しかしここで知ったのです、入場料が2500円という破格の高さ!!
この値段に躊躇した同僚を差し置いて「おれはオタクだ!!おれは行く!ここで行かなきゃ男が廃る!!」と2500円を払いチケットをゲット!!

トランスフォーマー博2

正直、このチケットを手に入れた瞬間がハイライトでした。
不甲斐ない同僚に行かない意思を決定させ、おれは一人トランスフォーマー博に踏み込んだのだった。
「同僚よ!お前の判断は正しかったぞ!!」
というわけで、こういうイベントはガンダム関連でしょっちゅう行っている程度のスペックの筆者、映画も公開したし、きっと楽しいだろう。
とりまガンダムのイベント同様歴代の主人公機が飾ってある。
あと第一印象で、女性の客多いと思ったね。
そしてその先は、映画ゾーン。
映画の世界をそこはかとなく再現している。

トランスフォーマー博3

ほら!!映画に出て来たキューブだよ!

トランスフォーマー博4

バンブルビーもご登場!!

トランスフォーマー博5

玄田哲章さんの声が流れていた!!
てかオプティマス大人気。
この後ろには、ジオラマがあって、トランスフォーマーの市街地での激戦を再現。
その再現には、市販の玩具が採用されているのだが、これが微妙
トランスフォーマーの玩具って変形が重視されているからフォルムがいけてないとガンプラ好きの私視点では思うのです。
しかも改造もしづらく、ダメージ加工とかはされておらず、ただおもちゃが戦っている感じ。
残念。
しかしそれは経験者的視点なので、こういったジオラマ初体験の人は興奮して写真をいっぱい撮っていた!!

トランスフォーマー博6

ロストエイジから映画のセットキター!!
撮影に使われたものだって!!
その後、プロジェクションマッピングを使った自動の演目を鑑賞。EDMとチカチカのライトとトランスフォーマーの映像が融合して最先端のアトラクションとして味わえる。
これが終わると、ドーンとフロアーが開ける。
こっからは各自が展示物を見回る形式になる。

トランスフォーマー博7
トランスフォーマー博8

実物大シリーズ?
やはりガンオタの視点だと、お台場ガンダムに比べるとインパクトが薄い。
てか石膏にしか見えないんだよなぁ…。あと動きがないのもね。
わざわざ、40分も待ってオプティマスを上から見る気にもならず、他のアトラクションも惹かれなかったので、スルー。

トランスフォーマー博8
トランスフォーマー博11
トランスフォーマー博9
トランスフォーマー博10

映画に出てくる車両が登場!!スーパーカーだらけです!!
映画の撮影ではこれらがぶっ壊れたりするんだから、やはりマイケル・ベイは天才です!!
資本主義社会の申し子だ!!

トランスフォーマー博12

映画の小道具発見!!実際にマークウォルバーグが使用したとか!!これには興奮!!
と写真はこんな感じ。
他には、トランスフォーマーエキスポということで、これまでのトランスフォーマーシリーズ全てのおもちゃを一気に紹介!!
自分の世代は、ビースト・ウォーズだったのですが、トランスフォーマーの歴史は長く、しかも種類が凄まじく多い!!ガンダムが好きな自分ですが、ガンダムシリーズよりもアニメシリーズは多いように思えます。
え?こんなアニメもあったの?と思うほど知らないアニメシリーズがいっぱい出て来てビックリしました。
興味本位で見てみようと思っても見れないぐらいいっぱいあって、ガンダムとは違う広く浅い感じがしました。
またタカラトミーはおもちゃ作り過ぎだろ!!!と思いました。こんなに作って売れるのかよ!?
小学生の時、トランスフォーマーのおもちゃが2500円ぐらいして、毎度買うのためらっていた思い出がありまして。
とりあえず、広く浅い感じでいっぱい展示してあって、もちろん映画のシリーズの玩具もあります。
やはりガンダムが好きというか、バンダイ商品に日頃お世話になっているので、タカラトミーの玩具は違和感が強くて、なんか手が出ない。触って遊ぶおもちゃとしては変形もするしずば抜けてると思うんですが、鑑賞系の堪能型の私なので…。
などなど、本気でトランスフォーマーシリーズが好きな人向けのマニアックなイベントでした!!
物販もありましたが、「歴代の司令官が一同に集結する」絵とか、知らない奴だらけで、何も買えませんでした。
同僚が入る前に「おれトランスフォーマーの映画1作しか見てないけど大丈夫かな?」と言ってましたが、4作見たおれでもこんなテンションなんだから、本当にこなくてよかったな。って思いました。
でも女性のファンが非常に多い印象でした。
結果、あんまり楽しめませんでした。理由は自分にトランスフォーマーの知識が全くなかったことと、バンダイの企業戦略に洗脳されているガンダム狂の自分としては、相反するイベントだったかもしれません。
ロボット好きの自分でしたが…。
あ。帰り際にロボット選手権優勝のマシーンがあって、そこにいたおじさんと目が合って、「あ」ってなってしまいました。多分操縦士の方なんだろうなって思ったけど、おれは一般人です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です