機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]
日の丸2015年日本日の丸

劇場で鑑賞しました。
ざっくり紹介。
機動戦士ガンダムのキャラデザと作画監督をしていた人が2015年から14年前に機動戦士ガンダムをコミカライズし始めたのが、機動戦士ガンダムTHE ORIGIN。
完結まで10年かかったのが、今思うと信じられないが、今度は、アニメ化が始まった。
ただ、原作第1巻から映像化するというわけではなく、THE ORIGIN内で原作アニメそっちのけで、オリジナルで描かれたシャアの幼少期。
つまり、機動戦士ガンダムの前日談というか、ジオン勃興。MS開発秘話の部分をアニメ化。
THE ORIGIN連載時から、アニメ化でガンダムリメイクが噂されていたが、さすがに賛否両論があるだろうし、この部分のアニメ化に関しては、まぁ妥当だな。
多分全5巻ぐらいに収まるんだろうけども。
それはそれで、盛り上がりに欠けて、地味な作品として収まってしまうのではないかと思う。
アニメーションとして思うのは、原作の安彦さんの独特に古臭い絵のタッチと雰囲気から一気に逸脱するコミカルな描写が、妙にちぐはぐ。まぁそれがオリジンの醍醐味なんだけども、アニメだと変だよなぁ。
また幼少期のシャアをワンピースの主役のルフィを演じる田中真弓さんが演じる。
超大物。昔はクリリンだったのに。
ただシャアの幼少期ってより、池田さんの幼少期って感じの演技で、これでいいのだろうか?とも思う。
シャア=池田というサンライズイズムがあるんだろうな。

また田中真弓のキャスバルが、啖呵を切るシーンでは、ワンピースのルフィが怒りに燃える姿が重なってしまったのは、残念なとこ。
セイラはとびきり可愛く。子供が欲しくなる。
機動戦士ガンダム内での敵側のキャラクターとして、死んでしまったキャラクターがこの時代では、正義を貫くために奔走する姿が感動的だった。
機動戦士ガンダムでは、根強い支持を受けている、ランバ・ラルが若くかっこいい。
ガンダム内では、大人の男として、職務を全うして正義も悪もなく、散る姿が印象的だった。
そんな彼が後に死ぬことが決まっているにもかかわらず、奔走する姿、クラレ・ハモンたちの姿など、感慨深い。
それもまたジ・オリジンの醍醐味なんだな。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です