2006年編

18歳になるまで、自分は沢山の映画を見てきました、中学校生活の毎日を友人と映画の話で盛り上がり、週末には友人と共に映画を見に行く。
高校生の時、回りに趣味があう友人がいなく、自分の好きなことを発進する場所として始めたブログ。
そこで書き始めた映画の感想。2006年に始まった作業。まだ文章もノリだけで突っ走ってるみたいで、主観的の感動に突き動かされ、まだ、「優れた映画」というものを具体的には知らない駆け出しの感想達。
そんなしょっぱい感想の中でも、暴走気味で高評してるのをピックアップして見ました。本数は少ないですが、一応自分の歴史の始まりであります。読んで楽しめたら良いのですが。(笑)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です