2012年公開映画と初見DVDのTOP10を紹介。

2012年に鑑賞した映画TOP10
1位『哀しき獣』

『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-哀しき獣

感想
一言
自分でもね。まさかこれが1位になるとは思いませんでしたよ。映画においての奥行きと非現実感の無さがツボ。特に韓国映画という非北米映画という所もすごいよね。
2位『ドライブ』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ドライヴ

感想
一言
面白いじゃねぇかこの野郎!!
3位『マダガスカル3』

『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-マダガスカル3

感想
一言
3D描写こみ、混沌要素込み、そして最後の怒濤のアニメ演出力に脱帽した1本。指輪もくぐれる虎が存在するすごい映画。
4位『アベンジャーズ』

『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-アベンジャーズ

感想
一言
2012年最強のハリウッド映画。これがアメリカだ!!これが大作だ!!TF3と被ってるとか言う奴は帰れ。
5位『裏切りのサーカス』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-裏切りのサーカス

感想
一言
この中に1人裏切り者がいる。それはイギリスの諜報部ことサーカスの重役の一人なのだ。映画『007』の題材とも言えるサーカス。その本当の姿と諜報員たちの本当の戦いが描かれる。
諜報員はみんなはげかけのおやじ。
6位『ミッドナイトインパリ』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ミッドナイト・イン・パリ

感想
一言
パリは文芸クソ野郎を救ってくれる。
7位『コールドプレイライブ2012』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-coldplay live 2012

感想
一言
金と地位を手に入れたバンドのファンとの融合型ライブ演出が神。
8位『007スカイフォール』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-007 スカイフォール

感想
一言
文系アクション映画でシリーズ仕切り直し。等身大なボンドが素敵。
9位『ファミリーツリー』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ファミリー・ツリー

感想
一言
心に残る映画だった。心に心に残ってしまった。
10位『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

感想
一言
トム・クルーズは独立したエンターテインメントと化した。
劇場鑑賞本数は57本でした。面白く無さそうなのは避けたんでそこそこ多いと思う。
ちなみにびりは『ボーン・レガシー』です。
けなす程でもない。
DVD初見鑑賞でベスト10
1位『ヘッドハンター』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ヘッドハンター

感想
一言
こちらも『哀しき獣』同様、非北米映画。予測不能な大冒険と最大の危機が160cm代の身長の男に待っている。ノワールはたまらん。
2位『ブギーナイツ』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ブギーナイツ

感想
一言
ちんこがデカい主人公がいるだけで映画は面白くなる。
3位『ウォーク・ハード ロックへの階段』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ウォーク・ハード ロックの階段

感想
一言
ロックの歴史を俯瞰し、それを下劣なコメディに仕立てた映画。
自分の中でコメディ不作だったのだが、この映画はおれの魂を救ってくれた。
4位『クロニクル』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-クロニクル

感想
一言
むしろ日本では今年の春ぐらいに公開する。おもしろかった。りーぶみーあろーん
5位『ウィン・ウィン』

『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-ウィン・ウィン ダメ男とダメ少年の最高の日々

一言
まだ感想を書いてなかった。クソ笑ったし、心に残った。
6位『リミットレス』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-リミットレス

感想
一言
突き抜けろ。映画の常識も突き抜けろ!!
7位『マージン・コール』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-マージンコール

感想
一言
世界を恐怖に落とした事件。その夜明け。
8位『トロール・ハンター』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-トロール・ハンター

一言
感想はまだ書いてない。
どこまでも年密に夢を描く!!
9位『機動警察パトレイバーthe Movie』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-機動警察パトレイバー the Movie

感想
一言
これが20年前の作品だと思えない。アイデア力がまじですごい。
10位『伝説のロックスター再生計画』

$『A Little his REDEMPTION.』自称映画オタクの映画感想部~season 7~-伝説のロックスター再生計画!

感想
一言
言ってしまえば、お気に入りの映画の一本。
壁はフワフワであれ!!
dvdだとだいたい89本ぐらい見た。一部流し味などもあるんで、もっと多かったりもする。
びりはダントツで『ラバー』むしろそういう映画でありたかったようなので、褒めてるとも言える。そこを無視すると『アナザープラネット』がつまんなかった。
という感じです。これで年度末制などはやめようかなとか思ったのだけれども、過去記事見直すとかなり綺麗にまとめているしアカデミー賞とかも意識しているんだよなぁー。もう少し考えよう!!
あとは恒例の北米の成績もまとめたりしよ。
ブログパーツにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
映画(全般) ブログランキングへ

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です