SUMMER SONIC 2012の8月19日(土)の東京に行ったぞ。その2

【グループ・ラブ】

予定ではこれが自分たちの中の最初のアクトになる予定だったんだけど、思いの外、全体的に随所に人が溢れていたり、MAPの記載がネット上と貰ったMAPと違ったり、グッズを買うのに並んだり迷ったり、会場が遠かったりしたので、最初からは見ることができなかった。家から幕張の距離を想定して早めに出たつもりだったが、現地でこんなに時間がかかるとは。クロークの位置が幕張にしかないと思ったら、ちゃんとアリーナにあった。あとグッズ売り切れ続出でひいた。
とりあえず上の席で入り口付近に座って、様子見。
グループ・ラブ自体は聴いたことがなかったけど、ライブを見て今度CDを手に入れたくなるぐらい興奮した。
あまり詳しいことはわからないが、ボーカルが3人いて1人は女性。
男性の髭もじゃがなかなかやばいが、金髪のドレッドも髪が邪魔そうでかっこ良かった。
しかし一番気になったのは、女性の方、イギリスの山奥の少女を感じさせる、白いドレスを着用しながらも、もの凄く踊る踊る。ドラムを叩き出したり、タンバリンで踊ったり。最終的には床を叩き出したりと自分たちの楽曲であそこまでやれるとは、とてもステキなバンドだ。前方の立っていたお客さんは全てご存知だったようで、なかなか素晴らしいライブだった。
最終的にドラムの方がダイブするという素晴らしい混沌ぶり。
つづく。
Never Trust a Happy Song輸入版

ネヴァー・トラスト・ア・ハッピー・ソング(初回限定スペシャル・プライス)1980円

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です