○【74点】キャプテン・マーベル【美少女戦士ブリー・ラーソン】○

製作

2018年アメリカ映画

監督

ライアン・フレック
アンナ・ボーデン

・ハーフネルソン
・なんだかおかしな物語

出演

ブリー・ラーソン
・キングコング: 髑髏島の巨神
ルーム
ショート・ターム
・いま、輝くときに
ジュード・ロウ
・リプリー
グランド・ブダペスト・ホテル
・スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー
・クローサー
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
アネット・ベニング
・20センチュリー・ウーマン
キッズ・オールライト
アメリカン・ビューティー
・アメリカン・プレジデント
サミュエル・L・ジャクソン
パルプ・フィクション
ヘイトフル・エイト
ミスター・ガラス
ベン・メンデルソーン
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
・アニマル・キングダム
ダークナイト ライジング
・レディ・プレイヤー1
クラーク・グレッグ
アベンジャーズ
・エージェント・オブ・シールド
・セックス・クラブ
ジャイモン・フンスー
・ブラッド・ダイヤモンド
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・グラディエーター
・イン・アメリカ/三つの小さな願いごと
ジェンマ・チャン
クレイジー・リッチ!
・ヒューマンズ
リー・ペイス
ホビット 決戦のゆくえ
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・落下の王国
・グッド・シェパード

あらすじ

トニー・スタークが『アイアンマン』になる14年前の1995年。
アメリカのロサンゼルスに空から宇宙人が落ちてくる。
人間の女性に見える特殊スーツを纏った彼女は自らをヴァース(ブリー・ラーソン)と名乗り。
宇宙の彼方にあるクリーの特殊部隊で、変身を得意とするスクラルとの戦いの途中でスクラルの宇宙船から脱走してきたのだ。

ヴァースは6年前、司令官のヨン・ロッグ(ジュード・ロウ)にスクラルとの戦いの中窮地を救われ、
そのことがきっかで記憶を失っていた。
彼女には特殊なエネルギーを扱う力があり、その力を使い、空を飛ぶことや衝撃波を放つことができるが、
まだその力を自在に使うことはできない。
彼女はヨン・ロッグのもとで訓練を積み、彼の率いる特殊部隊で、クリーと長年戦争をしているスクラルを抹殺する為に、
日夜戦いに従事していた。

仲間の救出作戦の最中スクラルの待ち伏せ攻撃に遭い、捕虜となってしまったヴァース。
彼女自身記憶を失ってから悪夢を度々見ることがあったが、
スクラルは彼女の記憶の中に戦争を終わらせる武器の存在があると思いその記憶を確認していた。
その中ではクリーでない場所で過ごした日々、地球での幼少期の思い出など、
自分ではない自分の幼少期の過去をヴァース自身も垣間見ることになる。
強大な力を奮いスクラルの宇宙船から脱出した彼女は地球のロサンゼルスに飛来する。
スクラルもまた彼女を再度捉えるために地球に飛来し、地球人へと返信した。

飛来した宇宙人であるヴァースを捉えるためにやってきた地球人の戦略国土調停補強配備局の中間管理職のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)と新人捜査官のフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)は、
最初こそ変なコスチュームを纏った女性がビデオショップを破壊したことを滑稽に思いながらふざけていたが、
彼女が宇宙人により襲撃されたことをきっかけに本領発揮。
地球の危機を感じたニックはヴァースこそがこの事件を解決するきっかけだと感じ、
彼女を追いかける。

ヴァースと合流したニックは、
彼女の謎の記憶にある戦争を終わらせる兵器のヒントである空軍基地に一緒に向かうことにする。
そこでニックとヴァースはヴァースは6年前に起きたテスト飛行墜落事故の犠牲者のうちの1人であるキャロル・ダンヴァースとうり2つであることを知り、
そしていつも悪夢に出てくる戦う女性がキャロルの空軍内で女性パイロットの育成の貢献者スプリーム(アネット・ベニング)博士であることを知り、
キャロルのかつての親友であったモニカ・ランボーのもとへ向かう。
しかしスクラルはニックの上官に化けており、彼女の同行を把握し、彼らもまたモニカのもとへ向かっていた。

そしてヴァースを救う為にヨン・ロッグとその仲間たちもまた地球へと向かっていたのだった。

2019年3月15日IMAX3D劇場鑑賞 2019年26本目



そして『エンドゲーム』へ

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の最終盤に出てきたニック・フューリーの救援要請先が、
どう考えてもキャプテン・マーベルだったわけで、
無事映画化されたのIMAX3Dバージョンで鑑賞。

監督はライアン・ゴズリング主演の教師を描いた映画『ハーフネルソン』などの
低予算インディペンデント映画を監督してきたライアン・フレックとアンナ・ボーデンのタッグ。
主演は顔芸が得意で、綺麗とブスの絶妙な間を行き来できる凄腕アカデミー賞主演女優のブリー・ラーソン。

via GIPHY

アカデミー賞主演女優がスーパーヒーロとかあいも変わらずマーベルの映画製作はすごいなぁ。
またすごいのが『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』ぐらいしか一概に微妙と判定できる映画がないとこがすごい。
今作も今作で、
MCUの世界の1990年代後半を描くことで、
ニック・フューリーとコールソンの若い時の冒険譚。
そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』からも複数のキャストや設定が登場し、
過去作とのミッシングリンクがうまくできており、
それなのに強気な女性であるヴァースの過去の記憶をめぐる物語と宇宙規模での戦争の物語を混ぜ込めた娯楽映画として、
面白かった。

美少女戦士ブリー・ラーソン

どうしても次回作『アベンジャーズ/エンドゲーム』の伏線を期待してしまったが、
『アントマン&ワスプ』の時点での描き方も含めて、
うすうす気が付いていたが、特にこれといった具体的な伏線はなかった気がする。
強いて言うなら、90年代の時点でキャプテン・マーベルがサノス級の力を持った存在がいたという程度。

via GIPHY

彼女がなぜそこまで強いのかは、映画を見てもらえればわかる。
そりゃまぁ強いだろう。
でも『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のラストの指パッチンのせいで、
インフィニティ・ストーンは全て砕け散ったので、
その力の一端を手にしているマーベルはMCUにおいて最強の存在かもしれない。

via GIPHY

しかしあの指パッチンの悪夢をアベンジできるハッピーエンドの伏線は今作には存在しなかったと思える。
結局のところ3時間越えのシリーズ最長の『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見ることでしか答えは導けないのだ!!
さすが!!

豪華過ぎるキャスト!!

主演のブリー・ラーソンは29歳という衝撃の若さながらすでにアカデミー賞主演女優賞を受賞しているが、
その彼女とタッグを組むのが70歳のサミュエル・L・ジャクソン。
娯楽映画の名脇役を多数演じるサミュエルが今作では40代の顔面をCG加工して登場。

via GIPHY

というかもう70歳なのになんでこんなに動き回ったりクールだったりアホしたりできるんだすごいぞぉ。
そしてブリー・ラーソンことヴァースの上官でありながら精神的な対立者はこれまた名優のジュード・ロウ。
娯楽映画にもちょこちょこ出てるスーパー2枚目俳優ですが、まさかのSF映画でのヴィランとも言える立場で登場。
やっぱりイケオジは女性の敵!ということか、今作では頼れる上官以外にも女性を心理的にいたぶる嫌な奴を好演。
ジュード・ロウだからこそいやらしさが高まる。
さらには端役だがコールソンが『アベンジャーズ』以来の参戦!!
スピンオフのテレビドラマ『エージェント・オブ・シールド』で2019年までも主役を張っているコールソンが過去の話しながらも劇場復帰なので胸熱。
そしてそして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』からロナンとコラスが登場しさらに胸熱。
そしてジュード・ロウ率いる特殊部隊はノルウェー人やアジア系イギリス人も登場し、多様性爆発。
さらには『スター・トレック』を彷彿させるトカゲ系の変身宇宙人のスクラルが登場。
演じるのは『ローグ・ワン』で凄まじくかわいそうなことになった中間管理職俳優ベン・メンデルソーンが今回も悩める将軍として好演。
当初ヴィランと思われたスクラルだったがヴァースことキャロルの記憶が明かされマーベルが覚醒することで…。
そしてそのヴァースの秘密を握る博士をアネット・ベニングが演じる。
この俳優さんはまさかのアメコミ映画の登場という印象。
インディペンデント系のしっかりした映画ばかり出ている印象で、自分の中では『20センチュリー・ウーマン』の母親の強い女性像がすごく印象的だった。
彼女がキャロルを支援し、男性じゃなきゃ許されなかったことをキャロルに導くのは感慨深いものがあった。

可愛い猫は侮りがたし

まんま猫感のあるグースですが、
いろんなガジェットが。。

via GIPHY

ヒーロー誕生ものとしてまぁまぁ普通でした

マーベルの何度目かのヒーロー誕生映画。
『ブラック・パンサー』では『シビル・ウォー』で初登場させたのでそのまま続編的な流れでやったのでヒーロー誕生譚は描かなかったので、
MCUでは2016年の『ドクター・ストレンジ』以来のオリジン。
しかし『ドクター・ストレンジ』では独特な視覚効果で魔法の世界を巧みに描いたが、
今作は設定や物語でヒーローを誕生というか覚醒させる話で、少々見慣れてきた印象。
物語としての驚きよりは、過去作を見ていたことへの喜びなどが強かった。

またヒーローになるってコスチュームを纏うことがこれまでのヒーロー映画のオリジンだったと思うんだが、
今作は戦闘服が色が変わっただけという亜種展開。
あれが好きだったりするんですが、
まぁでもあの色合いも映画を見ればわかるが、彼女のアイデンティティである空軍カラーなんだよね。
過去も現在も自分という複合して成長と捉えた作品としての答えなんだよな。
それでもキャロルが「いつでも立ち上がってきた」ことを思い出し、

via GIPHY

彼女だからこそキャプテン・マーベルなんだ!とわかる展開は心が熱くなり涙した。
その後は痛快の大暴れ、そりゃまぁ皮肉屋の勝気なお姉さんですからね。
時折『24』のクロエを思い出しちゃうんだよな。

via GIPHY

映像よかったです

この辺りはうろ覚えなので厳しいですが、
映像が良かったです。
近年13インチ以下のモニターでの映像鑑賞が主流なのか、
やたら俳優のバストショットやアップが多用される映画が多くて、
広角の映画的な構図と全体的な動きの演出が減ってきている気がします。
むしろアカデミー賞で撮影賞監督賞を受賞した『ローマ/ROMA』は広角や構図が秀逸だったので、
映画としての面白さはやはりこちらが必須だと思う。
今作では趣向をこらしたショットが多数あった。
彼女の記憶のシーンの独特なVFXもそうだが、
飛行場での格納庫のなんて事のないショットを面白く見せたりしていて、IMAX効果あったなと。
また3Dも結構飛び出してきていた記憶があります。

via GIPHY

via GIPHY

90年代風音楽チョイスはなんとも言えず。

90年代を意識したグランジ感を出したキャロルのコスチューム。
劇中の大事なシーンでのニルヴァーナにウォ!映画で古い知ってる曲初めて使われた!こんな感じなのか。
なんとも言えないな!
と初体験。

そこでこの曲なの?と思ってしまった。
このあたりはガーギャラ意識してんのかな。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 7.3/10
・映像のアプローチ 7.5/10
・映画の美術面 7.5/10
・キャラクターの魅力 7.6/10
・音楽 7/10
・上映時間と個人的趣味 7.5/10

74点

オープニングのマーベルロゴで泣く人続出

本編よりも衝撃だったのはマーベルのロゴ。
最近のMCUはヒーローたちのアートが連なるが今回はスタンリーの追悼バージョンで、
これまでの出演シーンがフィーチャーされている特別バージョンで、
かなり感動的。
マーベルの映画づくりがとても誠実だと感じた。
本当にすごいよ。マーベル。

AMAZON通販

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA