○【75点】プロメア【超究極トリガーギグと天元突破の呪い】○

プロメア

製作

2019年日本映画

お前を信じろ。
俺が信じるお前を信じろ!

監督

今石洋之
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮編
劇場版 天元突破グレンラガン 螺巖編
・天元突破グレンラガン
・宇宙パトロールルル子
・キルラキル
・パンティ&ストッキングwithガーターベルト

脚本

中島かずき
・ニンジャバットマン
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮編
劇場版 天元突破グレンラガン 螺巖編
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム
仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!
・テラフォーマーズ

あらすじ

突如人体発火してしまう突然変異が人類を襲う。
強いストレスを感じた人はその場で発火し、体中から炎を発してしまう。
その火災により世界は惑星規模の大炎上を起こしてしまい、人類の半分が消失してまう。
それから30年の月日が経った。
人類は新人類のバーニッシュを発症した時点でバーニッシュ火災の原因として
捕らえて隔離してしまう。
それに対してバーニッシュの武闘派の面々である炎上テロリストのマッドバーニッシュは、
好き放題に街を燃やし尽くす。
自治共和国のプロメポリスは司令官のクレイ・フォーサイトは、
高機動隊救命消防隊バーニングレスキューを結成。
バーニッシュ火災に対して、
人命救助を目的とした特殊高機動ロボを用いる精鋭部隊だ。
ある日、消防活動の最中に彼らはマッドバーニッシュと遭遇。
そのほとんどが逮捕されたマッドバーニッシュ。
ボスのリオ・フォーティアとその親衛隊の2人が現れる。
新人隊員の特攻野郎ガロ・ティモスは専用装備を製作してもらい、
初陣とともに親衛隊を圧倒。
そしてボスのリオを鹵獲に成功する。

しかしボスのリオにはある企みがあった。
収容所に収容されたリオは、収容所に送られたバーニッシュたちが、
ボロボロに成り果てているのを目撃。
彼らはクレイ・フォーサイトのもとで人体実験をされていたのだ。
強大な力で拘束具を破壊したリオは、囚われた仲間たちとともに脱走。

そして逃げ延びたリオたちの場所にガロは運悪く踏み入れてしまう。
しかし傷ついたバーニッシュたちの姿を見て、
収容所に送られたバーニッシュはクレイたちによって人体実験をされてることを察知。
ガロは彼らを見逃すのだった。

そして翌日ガロは、その真相を自分の命を救いそして自分をバーニングレスキューに
配属してくれた恩人のクレイに問いただすのだったが。。。

2019年5月26日劇場鑑賞 2019年49本目



TRIGGER×今石洋之×中島かずき×コヤマシゲト=天元突破ギグ開催!!

前評判はそんなによくなかったが、
中島かずき脚本で今石洋之監督のアニメ作品とあって、
さらにさらにビジュアルからどう考えてもロボットが出てくるフラグがあるわけで、
ロボットアニメファンとしては評判が少しよくない程度でも見に行かないわけにはいかない。
(交響詩編エウレカセブンの2はいきませんでしたが)

まぁね。『キルラキル』や『天元突破グレンラガン』を楽しく見てきた自分としては、
主要キャストの声優を俳優さんが固めたのにはすっごく違和感でしたが、
劇場で見てみると違和感こそ若干はあれど
みんな普通に上手でした。
松山ケンイチってどうしても『デスノート』のLのボソボソのんびる話すイメージが強かったけど、
ガロという熱血特攻歌舞伎野郎みたいな謎江戸っ子キャラも普通に演じられて、
終始「え?これ松ケンだよね?」と逆に変な違和感を終始感じ、
むしろクレイを演じる堺雅人がいつもの堺雅人だったから、余計に違和感強くて。
いや堺雅人は堺雅人でね、むしろ『天元突破グレンラガン』においての上川隆也と同じようなラスボスとして、
ほぼ同じ感じの演技で、慣れてるというか、「ダブルミーニングでいつもどおりだ。」
ぐらいなかんじ。

いやむしろ松ケンの演じるキャラが髪の色表情、行動全てにおいて『天元突破グレンラガン』のアニキことカミナだったわけで、
それならそれで声優の小西さん使ってくれよ!!とすっげぇ違和感で、
その小西さんもライバルキャラのリオの取り巻きとしているにはいるけどあんまり喋らないですっごく不憫。

ってさっきからずっとそうだけど、
ほぼほぼ『天元突破グレンラガン』アニメーションとしての演出は大幅に変わってるが、
カミナを主役にして、道理を蹴飛ばして、最後は気持ちでどうにかしちゃうような天元突破グレンラガンが最後は地球を救うので、
もはや1本完結のこれまでのTRIGGER×今石洋之×中島かずき×コヤマシゲトの力技を2時間でおさめただけの、
いわばオルタナグレンラガンのようないつもどおりのやつでびっくりだったわ。

コンセプトアートがそのままアニメーションになったような

映画が始まって思ったのが、
輪郭線が全然ない。
アニメーションとしては2次元じゃなくて、3次元の立体が結構あるんだけど、
それに対する輪郭線がなくて、
しかもそれがほぼほぼ静止していない
普段みないような彩色の洪水のような、
つかみどころのない映像の連続。
でも根本にあるのは、今石監督のアクションアニメであって、
ロボットアニメ。

その自由なアニメーションの数々が、
強いて言うならピクサーのコンセプトアートそのものをアニメーションにしてしまった、
プロダクト化前のものをそのままプロダクトしてしまったような、
これまでに見たことのない映像コンセプトがあったのはすごくびっくり。
近い次元の作品としては『スパイダーバース』がアプローチとしては近いが、
リファイン前のデザインをそのまま映像作品にしたような作品に違和感さえ覚えてしまった。
それは多分見たことなかったからだなぁと思うけども。

それでも作品自体は、既視感がすっごくあって、そりゃ
デザインやテンション、ガジェットがほぼほぼ過去の監督作品のオルタナだから、
だからこそ内容よりもこういった映像に対するアプローチにすっごく目がいって、
いやむしろ自分的には見づらいな。と思ってしまったぐらいだったりする。
コヤマシゲトさんのインタビューでピクサーのアーティストに手伝ってもらった言及あるから、
あながちそういうコンセプト色のある映画だったと思う。

澤野弘之の個性がミスマッチ?

個人的には『ガンダムUC』や『進撃の巨人』が印象的な澤野弘之さんの音楽、
神話性や長い革命への旅路や絶望と希望、そういった硬い感じ2文字をオーケストラ音楽で表したら日本人で右に出る人がいないんじゃないか?
って思うすごい人だと思う。
そんな彼が『キルラキル』から続投。
むしろキルラキルもやってたんだぁと驚いた。
しかし今作の音楽あってたのかちょっと謎。
音楽が壮大すぎる。
やってることは過去作品の焼き直しと同じなのに、音楽のノリがでかすぎる。
結局は真っ直ぐしか進めない男たちの喧嘩話をアメリカンチックなコンセプチュアルな映像の洪水で彩るものを
やたら澤野さんの「壮大」な音楽、プロローグ風の楽曲が終始鳴り響き、やたら煽るけど、
やってることは武将の名乗りの連続のようなこと。
それを巧みにオーケストラやEDMで煽る。
いやもっともっと個人的で私的でむしろバカ一直線なやつらの物語なんだよ。
それを革命前夜みたいな壮大な曲で彩られても、違和感でしかないんだよ。
盛り上がりすぎと思ってしまった。
いや『ガンダムNT』とか黒い痛みの感情の連続を彩る楽曲最高だったし、『ガンダムUC』のユニコーンガンダムに秘められた未知の力への渇望をあおる音楽とか本当に最高なんです。楽曲それぞれはすっごくハイクオリティだと思うし。
ただ作品のコンセプトにあってたのか謎なんです。
やたら『ペルソナ4』みたいなポップソングの連続がありましたが、それもそれでなんか違うんです。
もっとスーパーロボットのださいオープニングソングのようなダサい楽曲ダサいテーマソングとかいっぱいあってもよかったと思うんです。

結局巨大ロボットが戦うアニメ

結局のところ譲れないものがあれば戦うしかないという、物語においての原点に戻る
ド低脳最高なロボットアニメ。
しかも天元突破風な巨大ロボットも登場し、ギャグ要素もうまく盛り込めたクレイの機能性の高いけど、
四角いロボットとの大バトル。
ロボットアニメ好きとしては満足満足。
光の演出とかノリとかまんまグレンラガン。
でもね。既視感はあったし、だったらグレンラガン見ればいいかなってなるんですよ。
これはある意味ではグレンラガンの呪いだったと思う。
でもこんな視点になってしまうのも面倒臭い映画ファンの呪いですね。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 7/10
・映像のアプローチ 8/10
・映画の美術面 8.5/10
・キャラクターの魅力 7/10
・音楽 7/10
・上映時間と個人的趣味 7.4/10

75点

AMAZONレンタル

AMAZON通販

「プロメア」オリジナルサウンドトラック
プロメア
アニプレックス (2019-05-24)
売り上げランキング: 10
劇場版 天元突破グレンラガン Blu-ray BOX(完全生産限定版)
アニプレックス (2017-11-22)
売り上げランキング: 2,396
キルラキル Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
アニプレックス (2019-06-26)
売り上げランキング: 67

えキルラキルって25話目あったの?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA