◎千と千尋の神隠し 2012年度43本目◎「ファンタジー日本アニメの頂点」

「おれ今でも青蛙を取り込んだカオナシの物真似するんだ。」

$『A Little his REDEMPTION.』映画オタクの映画批評~season Ⅶ~-千と千尋の神隠し
日本2001年日本映画日本

監督
宮崎駿

あらすじ
10歳の少女萩野千尋は、家族と共に引っ越し先に向かっていた。憂鬱な気持ちの千尋に両親は新たな新天地に思いを馳せていた。
しかし両親たちは森の中で車で迷子になってしまい、トンネルを見つけるのだった。怖がる千尋を尻目に両親は冒険心を発揮させそのトンネルの向こうに進んでいく。
トンネルの向こうは、不思議の街でした。
両親たちは欲望丸出しで、腹が減ったので食べ物屋に入って飯を勝手に喰うのだが、それらの料理は神々の食物であったために両親は副作用で豚になってしまうのだった。
千尋は両親を救おうとするが、夜の帳がおりるとそこは幾多の神様が来訪していた。それを見つけた少年、ハクは千尋を救出し、千尋にこの世界で生きれるように薬を与えるのだった。
千尋は両親を助けるべく、湯婆婆の経営する神様が汚れを落とす銭湯、油屋で働こうとする。
湯婆婆は、千尋から名の一部を奪い配下とする。
そして千尋は頑張って油屋で働くのだった。
しかしトラブルは幾多も舞い込んでくる、千尋がうっかり招き入れたカオナシの暴走、ハクにかけられてしまった呪いやら、千尋は幾多のトラブルを乗り越え大人になっていく。
2007年3月鑑賞
2012年7月6日再鑑賞
感想
まずは2007年の3月に書いた感想を改訂したのを残すと。
感想
全体的に面白い。てか映像がヤバい。最近アニメーション映画と言えばCGで作られたものという時代に、手書き的な映像を用いてここまで細部まで作り込まれたのは無いんじゃねぇか的な。
んで設定が温泉街と言うわけで懐かしさもあるような街並みは、大人の心もぐっとつかんだに違いない。
んでstoryもすげー単純で、もう「あとはあなた自身で感じるんだ」ってわけで全体的につじつまも無視でただひたすら映像のファンタスティックさでごまかす。(かなり映像のレベルが高いので完璧ごまかされます。)
個人的に一番オレが感動したのは音楽。
ヤバい。これ完璧だよ。全ての光景、感情にマッチした音楽が流れ、ちょっと泣きそうになることもしばしば。
ここから2012年の10月に書いた感想ですと。
もう11年前の映画か…。勉強がてらに再鑑賞。昔見てからもう5年か…。あのときはまだ若かったなぁー。しかもジブリ批判するとあんた死ぬよ。とコメント貰ったかな?怖いなぁー『エンジェル・ウォーズ』批判しただけで、中傷いただくしね。
当時はジブリに対して偏見を持っていましたが、それは今でも持っていることは事実。
しかしこの『千と千尋』程、宮崎駿様の方向性を明確に示している映画も無いかと。
不思議の国のアリスの日本版ということで良いですかね。しかも風俗旅館を舞台にして純粋無垢な少女が真っ黒な世界をその心の綺麗さでどうにかしていくという。少女の心の綺麗さこそが、希望という駿さんの考え方がちょっとわかるようになりました。
まぁーツィッターのまんま転載ですけど、汚い世界を救えるのは少女の可憐さなんだ。ロリコン最高!!小娘最高!!大人はみんな豚だゴミが!!と曲解してみましたが、これまでの作品の主人公が性に目覚める前の少女が基本(ん?違うか?)だと思うし、その男でも女でもない、母性的でない女子に対して、夢や希望を駿様が投影や期待している気がしてしょうがない。
ハウルとか逆におばあちゃんを主人公にして、難解な映画にしちゃったし、『ポニョ』に至っては世界が滅ぶ話しだし、駿様もちゃんとした稀代の日本のアニメ作家ですな。
世界が滅んじゃうアニメ映画を作れるのは、やはり鬼才なわけですよね。ふむふむ。
それでもこのジブリアニメの心意気はやはりすごい。カラフルさも言うことなしだし、世界観の海外のディズニー映画と一線を書く、日本独特の温泉街という雰囲気を見事に再現し、メイドインジャパンとしてクールにそして暖かく描いている。登場するキャラクターが全て日本的というのもやはり良い。何度でも見たくなるよね。
5年前の自分も着眼点良いね。ディズニーと比べてたけど、確かにコンセプトプリンセスストーリーや不思議の国のアリスに近いものがあるけど、差別化されているね。
でも終盤物語を見失っているんだよね。いや幻想的で見応え十分なんだけどもね、千尋の成長もどっかいなくなってしまって、脚本が迷走しているけどもこれはこれで良いと思う。
メモ得点メモ
8
まぁー娯楽作品色がやや強いような。でもきっと2001年に劇場で鑑賞した暁には、年間ベスト1位になっていたんだろうな。
あとDVD、Blu-rayでの鑑賞に際して、問題があることも有名だよね。
色が異常に赤い。
これはスタジオジブリが家庭内での鑑賞に際して配慮してこうしたらしいのだけど、それは家庭内のモニターがブラウン管モニターであることを前提としていて、公開から10年以上もたち、家庭内のモニターが性能が良い液晶モニターに変わったことによって、それが徒になってしまったようです。しかもジブリ側は正しい色調の映画を販売する気は内容です。
一応TVの色温度を変えることによって正常に見ることが出来るようです!!でもその後戻すのめんどくさいよね。ジブリのは全部それのよう。天下のジブリさんも駿の息子以外に問題を抱えているようですね。あ。後継者が育っていないから絶望的なのか?
千と千尋の神隠し (通常版) [DVD] 3701円

海外版のDVDは赤くないらしいぞ!!あと2011年に放映したやつは赤くないらしい。っておい!!買う意味ないじゃないか!!海外のやつを買うのも良いかもね。リージョンやpal方式のせいで見れるかは怪しいが。
あとハクの声優が『キングダムハーツ』の主人公ソラというのはオレ的要チェックや!!
ブログパーツ
人気ブログランキングにほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA