【あらすじ】エリジウム【最後までネタバレ】

2013年107本目 9月20日IMAX鑑賞
2013年115本目 10月15日劇場鑑賞(4K)
「話と設定なんて飾りです偉い人にはそれがわからんのですよ。」

$『A Little his REDEMPTION.』映画オタクの映画感想倉庫~season 7~-エリジウム
アメリカ2013年アメリカ映画アメリカ

監督
ニール・ブロムカンプ
(『第9地区』)
出演
マット・デイモン
(『幸せへのキセキ』『ボーン・アイデンティティ』『ディパーテッド』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『プライベート・ライアン』)
ジョディ・フォスター
(『おとなのけんか』『羊たちの沈黙』『パニック・ルーム』『インサイド・マン』『コンタクト』)
シャールト・コプリー
(『第9地区』『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』)
ウィリアム・フィクナー
(『ダークナイト』『アルマゲドン』『ドライブ・アングリー3D』『ローン・レンジャー』)
あらすじ [全部 ネタバレ 注意]
2154年の地球。
人類は超金持ちと超貧乏の二つの階級のみが存在し、超金持ちは地球の大気圏外にある人工居住区のエリジウムに住んでおり、そこでは最高の暮らしと最高の医療システムが存在し、医療カプセルに入ることによって、彼らは瞬時に健康体になり、彼らは超延命していた。
逆に貧民だらけの地球は(予測だが)全地域がスラム化し、文明は退化の一方だった…。
そんな世界で生きて来た男マックス(マット・デイモン)。彼は孤児院育ちの元悪で、刑務所で服役後は、真面目にロボット警官の生産工場で働いていた。
だがある朝、出勤途中で、ロボット警官の検査に対して悪態をついたことにより、腕を折られてしまう。治療のために病院に寄ったマックスが会ったのは、初恋の人フレイだった。
意気揚々となるマックスだったが、ロボット判事からは保護観察の延長を言い渡され、工場では上司に罵られる…。
エリジウムには、日々、自由と理想と治療を求め、多くの難民シャトルが地球から打ち上げられる。防衛担当の長であるジェシカ(ジョディ・フォスター)は、それの対処に地球にいる工作員のクルーガー(シャールト・コプリー)を使う。クーガーは異常人物であり、性犯罪や殺しも容赦なく行う残忍な狂人だ。体には特殊な装置を埋め込んでいる。
ジェシカはエリジウムの大統領に、クーガーを使ったことを問題視され、ジェシカはクーガーを解雇する。
大統領の甘いやり方にジェシカは不快感を募らせ、真の安定と繁栄を望むジェシカは、ロボット警官などを作る会社の社長のカーライル(ウィリアム・フィクナー)を利用し、クーデターを起こそうとする。
マックスはいつものように工場で仕事をしていた。だが生産工場の装置のドアに異物が挟まりおかしくなってしまった。それをマックスを嫌っている工場長に見つかり、そのドアを直すように強要され、装置の中にマックスは入ってしまう、ドアを直したマックスだったが、ドアは閉まってしまい、装置は起動、マックスは大量の放射能を浴びてしまい、余命わずかになり、会社からは超痛み止めのみが渡されるのだった…。
ぼろぼろになってしまったマックスは、生き残るべく、エリジウムの医療カプセルに乗り込もうと考える、それが出来るのは、日頃、エリジウムに難民シャトルを打ち上げているギャングっぽい男スパイダーだけだ。そこに乗り込むマックスは、スパイダーに条件を出される。
それは、エリジウム在住の億万長者の脳のデータだ。スパイダーはそれを使って、大量の金を引き出すつもりなのだ。マックスはその標的を自身の働いていた工場の社長のカーライルに決める。
そしてマックスは、脳のデータをコピーできるように特殊な装置をつける手術をされ、更に人体の3倍の力を引き出せるようになる装置エクソ・スーツを装備できるように体を改造される。
カーライルはついにクーデターのシステムを完成させ、脳にインプットした。
ジェシカとエリジウムで合流すれば世界は変わる。
船に乗り込んだカーライルを待っていたのは、マックス達の奇襲だった。
マックスたちの奇襲によりカーライルは追いつめられる。マックスはカーライルの脳内をコピーし、それを仲間に読み込んで貰うのだが、それはクーデターのデータだった。作戦は失敗し、カーライルも凶弾によって倒れてしまう。
一部始終を見ていたジェシカは、急ぎクーガーに連絡し、クーガー軍団は、マックスたちの排除に向かうのだった。
クルーガー軍団の圧倒的な力に次々と倒れていくマックスの仲間達。
逃げ延びたマックスは、フレイに治療を頼む…。
だがマックスが見たのは白血病に侵されたフレイの娘だったのだ。フレイはマックスに救いを求めるのだが、マックスの絶望はマックスを越える。
スパイダーに会いに行ったマックスは自分の脳内にクーデターのデータがあることを知り、スパイダーは自分が革命家になれると躍起になる。
だがクルーガーはフレイの下にやってきており、捕まってしまう。
何もかもいやになったマックスは自分の命のために、クルーガーたちに投降するのだが、そこにいたフレイたちを見て、驚嘆するのだった…。
エリジウムに向かうクーガーのシャトル。そこでクルーガーの部下とマックスは罵り合い、手榴弾が爆発してしまい、シャトルは墜落…。
エリジウムの中枢に連れてこられたマックスは脳内のデータを狙われ、クーデターのデータを取り出すと自分が死ぬことを知る。フレイもどこかへ連れ去られてしまう…。
絶体絶命のマックスは、最後の命の火を燃やし、フレイを救う決心をする。
そしてエリジウムには、スパイダーとその仲間を乗せた船が到着、マックスに発信器をつけており、合流し、革命を目論む。
手榴弾で負傷していたクルーガーは医療カプセルで再生。
罵倒してきたジェシカを殺害し、最新型のエクソ・スーツを装着し、マックスを殺し、クーデターを起こし、世界をめちゃめちゃにしようと目論む。
マックスとクルーガーの最終決戦はあなた自身で体験してくれ…。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です