【ネタバレ注意】 劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ 【あらすじ】

2013年79本目
「アニメ版の完結編は、タイムスリップもの。」

$『A Little his REDEMPTION.』映画オタクの映画感想倉庫~season 7~-劇場版銀魂完結編 万屋よ永遠なれ
日の丸2013年日本映画日の丸

予告編

あらすじ
江戸時代末期にペリーではなく、地球外生命体いわゆる宇宙人が襲来してしまった日本での物語。
宇宙人こと天人の強大な力に怯えた幕府は開国し、幕府は傀儡になり、侍たちは廃刀令により刀を持ち歩かなくなった…。
開国前に攘夷戦争があり、それに参加していた男、坂田銀時。20年後彼は江戸のかぶき町で、便利屋をやっていた。そこに道場の主の父を無くし、アルバイトで生計を立てていた少年新八。
更に戦闘民族の血を引く少女神楽と巨大な犬が舞い込み、3人はよろず屋銀さんとして、かぶき町で人を助けて生活していた。
かぶき町のポルノ映画館で、見張りをしていた一行は、そこでカメラが頭部の映画泥棒と遭遇し、捕まえる。
その映像を見ようと目論む銀さんだったが、その頭部のカメラから発せられた光に当てられ、気を失う。
目覚めるとそこには、坂田銀特の墓があるではないか。
唖然とする銀さん。
付近を見るとそれは荒廃した都市が広がっていた。
映画泥棒の正体は、タイムマシーンだったのだ。何者かによって5年後のかぶき町に連れてこられた銀さん。しかし頼みのタイムマシーンは破壊されてしまう…。
困った銀さんの前には、北斗の拳ばりのギャングが現れ、謎の病原体がこの地球に蔓延していることを知る銀さん。
ギャングに襲われる危機に瀕した銀さんだったが、そこに5年の時を経て成長した新八と神楽が現れた。
あまりにも変貌した二人に戸惑う銀さんだったが、二人には今の銀さんには特殊な力が働き、そりたったチンコにしか見えないのだった。銀さんは偽名を使い。
世界がどうなってしまったのかを対立する二人から聞き、世界が謎のウィルスによって人類の2割が死に、4割が移民したというのを知る。
そしてこの時代の銀さんは5年前から姿を消してしまっていることも知る。
過去から来た銀さんは壊れる前のカメラからの唯一の情報である源さんを探せというヒントを基に、成長した二人から居場所を聞くが、そこは公開処刑場だった。
そこには、源さん他、元新撰組の組長の近藤や攘夷浪士組織のリーダーの桂も処刑される対象とされていたのだった。
驚愕する銀さんの前に、攘夷浪士組織になった元新撰組の面々やらやキン肉マン化したエリザベスが助けにくるのだった。
一難を逃れた一行は、宴を上げ、変わってしまった面々の諸事情を伺い、この時代の銀さんがどうなってしまったのかを聞く。
また新八の姉は、ウィルスにより死に近づいているのだった。
銀さんはそのウィルスの原因が、自身が攘夷戦争の時に倒した魘魅であることを知り、仲間達と共に、彼の行方を探すのだが、魘魅はタイムマシーンを盗むのだった。
だがタイムマシーンには、発信器がついており、再結成した万事屋は、魘魅の行方を追う。
対峙した魘魅と銀さん。だが銀さんの攻撃は全て読まれてしまい、魘魅は黙していた。
トドメをさした銀さんが見た魘魅の正体は、やはりこの時代の銀さんだったのだった。
攘夷戦争の時の魘魅の攻撃により銀さんの体にはウィルスの苗が息づいており、この事件の発端は銀さんだった。またこの時代の銀さんは体を魘魅に乗っ取られていたのだった…。
混乱する銀さんの前に、この時代の銀さんとタイムマシーンにより、銀さんの存在を過去に戻って消すように説得される。
幸せな未来を手にする為に、銀さんは過去の攘夷戦争に戻り、その時の銀さんを殺そうとするのだった…。
感動のラストシーンは、あなたの目で確認してきてください。
2013年7月8日劇場鑑賞

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA