イノセンス

今日は以前借りた【イノセンス】を見ました。
この作品は、【攻殻機動隊 GOST IN THE SHELL】の続編で、押井守監督の作品です。
近未来で愛玩用ロボットが連続して事件を起こすのを、攻殻機動隊が調査する話です。
この映画、かなりハイクオリティーです
前作も十分きれいな絵で、素晴らしかったのに、技術の進歩が反映されて、CGが取り入れられて、アニメの常識をぶち破る映像美でした。
世界観も前作よりディープになって、一般向けの作品では、無いですね。
セリフ回しも、なんか詩的になって、偉人の言葉がやたら出ます。監督のこだわりだと思いますが、少々理解が難しいですね。
私も残念ながら、監督が伝えたいことがわかりませんでした。
でも細部までこだわりを感じられる、映像で、ワンシーンワンシーンがまるで絵画のようで、ストーリーわかんないでも楽しめます。(笑)
得点は、厳しめの、4点。
正直好き人はとことん楽しめますが、相対的に見ると物足りないですね。
しかも続編ですし、完結もしないですし…。
ハイクオリティーアニメ好きには、7点ぐらいですかね。
本当に泥水の中の小さな土の粒子を見てるような気持ちでした。(笑)
# by | 2006/04/13 22:06

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA