グリーン・デスティニー(世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画を見る編⑥)

てかタイトルが日本に来ることで変わってますね。
日本版だと
「グリーン・デスティニー」
映画中に出てくる剣の名前です。まぁ物語は剣から始まりますからね。
ちなみに本当のタイトルは「かがんでいる虎隠れた龍」
チャン・ツィーの恋愛がテーマなタイトルです
それでは、行きます。
STORY
一つの剣により、3人の運命は翻弄される。
感想
アン・リー(監督)ってすごいね
だってさ、武術映画としてあの重力無視したワイヤーアクションもすごいし、人間の孤独感と愛についてもえがかれてるし、中国の芸術的な風景と音楽もやばいし。
これ、アン・リー監督の昔からの夢だったんだって。
それに中国と香港とアメリカっていう異文化の交わりでの素晴らしさだよ。
得点
9点
良い映画だよ。
日本で頻繁にテレビでやってるけど、カットされまくりでさ、この映画の主軸が恋愛だっての知らなかったよ。
アジアすげーな。
でもさ同じように日本もこういう映画作れば世界的に成功すると思うんだけど日本ってこういう芸術的な武術が無いよね?
一意専心じゃん。
なんか悔しいぜよ。
# by | 2006/06/26 22:12

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です