ファイナル・デッド・コースター

ファイナルデッドコースター
「オレが知る中で一番衝撃的で一番スケールのデカいホラー映画シリーズ」
2006年米製作
お馴染みの「死ぬ運命」の最新作にして完結編。
高校の卒業遠足で遊園地にきていた主人公達一行は乗り物に乗ってはしゃぎまくり。でも主人公が彼らの写真を撮ると盛んに死を予告するような感じのものが映る。
そして怯えながらもみんなでジェットコースターに乗ろうとするが、主人公は発狂して数人が降ろされてしまう。そして発進したジェットコースターはレーンからぶっ飛び、乗っていた人全員死亡。
んで残った彼らなんだけど、彼らもまた1人ずつ奇怪な死をとげ、それはまさに昔の飛行機事故を彷彿させるような状況だった。
感想
シリーズ最新作で完結編という理由だからか、かなりの大掛かりな作り。
しかも死ぬのがわかってるけどどうなるかわからない、「今死ぬの?今じゃないの?うわ。」
そんな予期出来そうで予期出来ない展開がグッド。
そんでその死に様も個性的で凄すぎてなんかクール。
そもそも一番最初のジェットコースターの映像がすごいよく出来てる。音も作りものなはずなのに。
そして最後の最後までとことん大掛かり。
グロいけど気持ち良い。
ただ完結編にしては、完結をしてるのか謎。(笑)
ぶっちゃけ10ぐらいまで出来て良くない?
得点
8点
若者向けな作品。
でもホラー映画なのになんでこんな大掛かりなんだ(笑)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です