ブルー・ベルベット(世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画を見る編)

始めに、私は自分の感性を磨くために、CUTの「世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト150」の中でちゃんと見た事の無い映画を見ることに決めました。
すべてが素晴らしいとは、限らないけど、オタクが選ぶのだから見るしか無いでしょう
そんなこんなで今日は、
【ブルー・ベルベット】
主演 カイル・マクラクラン
助演で有名な人
デニス・ホッパー
~story~
主人公は、突如倒れた父親を見舞った病院からの帰り道に、切り落とされた人間の片耳を拾う。
それを警察に持って行くが、事件は進展しないので、主人公は独自の調査を始めて、ある女の人に出会い、それまで平穏だった彼の日常が一変する。
~感想~
正直ポルノかと思ったら全く違った。
てかこれは映画と考えたら最高の映画の一つだと思う。
非日常は常に日常の中にあり、その非日常は、人の好奇心を奮い立たせ、ドラマチックなものに変わる。みたいな感じの映画です。
よくある感じだけど妙に現実的で特に悪い点は無い。
デニス・ホッパーの演技がマジビビる。あと非日常がかなりショッキング。
~得点~
9,5点
ちょっとショッキングすぎかも。でもかなり素晴らしい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA