ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還  2010年度95本目 

(世界の映画オタクが選んだ映画編ラスト8 7位)
「最初と最後がどうしても長いとしか思えない今日この頃。」

果てしない未来へ~seasonⅤ~-ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

アメリカ2003年ニュージーランド、アメリカ制作アメリカ
監督
ピーター・ジャクソン
(ラブリー・ボーン)
出演
イライジャ・ウッド
(エターナル・サンシャイン)
イアン・マッケラン
(X-MEN:ファイナル ディシジョン)
ヴィゴ・モーテンセン
(イースタン・プロミス)
オーランド・ブルーム
(パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト)
ドクロSTORYドクロ
前作「二つの塔」終了直後のお話。
人間の国の一つをどうにか救い、悪の軍団のおじさんを倒した旅の仲間その1。だがもうひとつの人間の国で、アラゴルン(ヴィゴ・モーテンセン)の先祖が治めた国が、サウロンのトロル軍に狙われていた。これを撃退したい一行だが、その国の主は腐敗していて。
またホビットとフロド(イライジャ・ウッド)と従者サムは、元ホビットのゴラムの案内にしたがい、指輪を葬るため、火山に向かうが、ゴラムは指輪略奪のため、彼らを罠にかけようとしていた。
2010年10月28日鑑賞
王冠2感想王冠2
観たぜ!!!これで生涯2回目の鑑賞。それぐらい本作を観るが億劫。その理由は単純!!長いから!!
映画館で観た時は、ラストが長過ぎて、足が痛くなった覚えがあって、もぞもぞしてた。そんなことは初めてだったから、忘れられない映画。(違う意味でも忘れられないけどね!!)
今回は、自宅鑑賞になので、戻したり、1.2倍速で観たりとなかなかの反則ですが、とても楽しめました。(笑)
とりあえず、言えることは本作は全てのシーンが見所!!と言っても過言では無いはず!!(冒頭とラストは違うけどね。)
全体的にカメラが縦横無尽に駆け巡り、なかなかカット数も多いそして更に、その背景等がかなり凝っていて世界観へのこだわりもなみなみならない。ファンタジーアドベンチャー映画として未だ越えることが出来ない傑作の一つであることは確か。(ロード・オブ・ザ・リングを総括して)まぁーここにSFの要素を入れると、そこにスターウォーズの議題が出てくるが、そこは流しておきましょう。
でも本当に凄いと思う。
カメラの動きは映画としてのテクニックでありながら、その撮影場所が更に優れているとなると本当に桁違いの充実だよね。そこにさらに演技という要素も合わさって、その演技もまた普通より高いレベルをキープしているんだからもうね。
傑作だよね。
まぁーそれはシリーズ全てに言えたことなんだけど(だってもともと一本まるまる撮った後3つに分けたんだから。)
でー本作は、その指輪物語としての完結にあたるわけです。
一応サブタイトルには王の帰還とうってますが、内容は王の帰還後もあります。(苦笑)
冒頭は2の終了直後から始まるのですが、ここは正直2に入れて欲しかったとも思える。2直後が露骨過ぎて、かなり萎える。「3始まるよ!!」な冒頭だったらワクワクしたのになぁー。完全に構成ミスだと思うが。
個人的に3は
「そして選ばれし者達は勇者になる。」
というフレーズにつきると思う。
この冒険を通して、全ての登場人物が、じょじょにヒーローに成って行くけど、本作でまさに彼らは勇者になったと思う。それは世界を救った存在という名目が象徴的だけど、一つのシーンの戦場で劇的な活躍はシリーズ一番!!ピピンやサムなどヒーローから遠い存在だった者全てが本作で飛躍し、ヒーローとして終点を迎えている。
そのワクワクこそが、本作の価値であり、やっぱり少年の時夢見ていた、ドラゴンクエストの実写であり、それが大成功した稀な例だと思う。
まぁー確かに、人の夢に終わりは無いというが、本作は果てない夢の完成であり、それ以上はないのだ。
これはある意味終わりなのだ。
だからこそ凄まじい人間がこの映画を愛しているのではないかと思う。
個人的には、昔は幽霊が暴走する所が好きだったが、今は、火山のとこのシーンが堪らない。
物語の終焉に待っていたのは、ムゴさだけだったという現実とそれを体現した演技力。サムが本当に最高!!
だがその後はダメだ!!
王の帰還だから、あのシーンはありだ!!!
その後はダメだ、なんだあのぐだぐだなホビットの話は、知らねーよ。早く終われよ。エピローグいらね。
まぁーでもエピローグと考えればありかな。でもーあそこもう少しひねってくれたら本当に面白かったと自分は思う。
メモ得点メモ
8点
ちょっと長ーい。映画としての価値は凄まじいが、内容はちょっとあれ。
映画館で見逃したら、一生見ない可能性もあるねこれは。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA