俺たちニュースキャスター2009年度2本目 (映画オタクが選んだ映画を見る編16)135位

俺たちニュースキャスター2009年度2本目
(映画オタクが選んだ映画を見る編16)135位
「映画見てこんなに笑ったことは、あまり無い。」
2004年米製作
出演
ウィル・フェレル
(俺たちフィギュアスケーター)
スティーブ・カレル
(ゲット・スマート)
STORY
実話を基にした話。70年代アメリカのサンディエゴでニュースキャスターのロン(ウィル・フェレル)は、テレビ局で一番の人気者。
だが多様性を求めた局が新しく入れたフェミニストの女性レポーターに、ロンは彼女に一目惚れ。
彼女と良い仲になるも、彼女にはニュースキャスターになる夢があった。
そしてロンがゴミをポイ捨てしたことにより、彼の人生は転落し始める。
2009年3月31日再鑑賞
感想
なんだろぅ。この映画。思い出すだけで笑えてくる。まず主人公のヒゲ。似合わなすぎでしょ。(笑)
いや。てか最初からこの映画飛ばしていたなぁ…。
うん。つまらないと思えるシーンが無い。子供向け番組って最初から最後まで意味分からないキャラが頑張っているじゃん?あの対象を大人にしたような作品。
とりあえず一番驚きなのは、ウィルが所属しているチーム(日本で言うなら吉本)のコメディアンがめちゃめちゃクレバーに出てくる。そしてニュースキャスター抗争が行われる。このシーンの意味のわからなさが最高。
んでその抗争の後の主人公達が核心に迫るのが良い。
「何か…ちょっとやりすぎちゃったよね。~なんか人殺しちゃったしね。多分もうすぐ警察来るよ。」
うぉーい!!それ!!それ!!今ちょうど思ってたぁ!!
と他にも意味がわからないけど面白いシーンが多々ある。
何故に歌う?とりあえず映画見てこんな笑ったことは無い。今までで一番笑えた。二番目は死霊のはらわた2かな?(笑)
ここからは2回目の感想。
うん。全部のシーンが不条理でウケる。なんか仕込んでる。(笑)あと何度見ても面白いのが良い。あと今人気のコメディー俳優が一同にそろうのがやばい。うーん。ちょう良い映画。大好き。おバカ映画の代表だよ。
得点
8点
でも日本人にはわからない人ばかりだからつらいかも…。この映画をひたすら笑えたら真の映画通な気がするよ。
とりあえず確実に伝説。そして見るべき映画。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA