天装戦隊ゴセイジャー エピックON THE ムービー【3D】 2010年度73本目

「尺が短いから仕方ないのか。これスッゴイ酷いぞ!!」

$果てしない未来へ~seasonⅤ~-仮面ライダーW

日本2010年日本制作日本
予告

ゴセイレッドSTORYゴセイレッド
本編終了後からのお話っぽい。
ある日宇宙からどっかの星の姫様が地球にやってくる。
んで街が何者かに襲撃され動き出すゴセイジャーたち。
調べたら、敵は謎の石を探していてそれが地球外の物体で、犯人は姫様!?
かと思いきや、新たなモンスターが現れた!!
その石を奪ったモンスターはなんと世界を破滅させる道具を生み出し、世界が破滅一歩手前に、頑張れゴセイジャー。
2010年8月18日鑑賞
ゴセイレッドSTORYゴセイレッド
バイト上がりに仮面ライダーが見てみたくて同時上映なので一緒に見た感じです。
自分衝撃受けました。
最近の戦隊ヒーローの人達ってすっごい若者臭いんですね。
内容云々ようり、戦隊ヒーローの在り方が大部衝撃です。
だってすっごいちゃらちゃらな人達が「地球は俺たちが守る!!」って公言してるんですよ。
小さい頃に戦隊もの見てたけど現代はこういうのがヒーローとしてスタンダードなのかと思うとすっごい衝撃が走りました。昔のヒーローってもうちょっと非現実的に硬派な人間が渋い感じで頑張ってる感じで強い男たち的な印象だったけど、今ってこういう耳にピアスしたり派手な人達がこういうの頑張るんだと思いましたね。
そんな人達が変なコスチューム着て組体操を応用したようなアクションを披露するんだからもう色んな意味で楽しいよね。
だって学校とか全員嫌いそうだもん。それが、いわゆる子供の夢にあたるんだから本当にすごい。
まぁー人気の低迷はわかりますがもう少しね。
ただアクションの工夫はかなり驚いた。水からじゃぼんって出たり、地はってみたりとか、日本映画のアクション面はこういうとこから学ぶべきなのではないかと思う。
ただね本作は、大部内容が酷い。
30分という制約があるから仕方ないんだけど、恐ろしく内容が無い。
とりあえずテレビで出てきた敵が全員出てきたりとか、奇跡だとか、援軍最強とか、説得力が無く、概念だけで映画が出来ていて残念。
ちなみに、戦闘シーンが異様に長いのも驚いた。
あと姫様がやたらエロい。
あとは敵のコスチューム凝り過ぎて、何か良くわからない。(笑)
あとロボットがださい。でも必殺技出す時のポーズがかなり笑えました。
プロモーション映画としか言いようが無いのですが、攻めてもう少しなんか頑張って欲しい。
メモ得点メモ
4点
でも3D的には大部楽しめたかも。特に敵がいきなり画面外から無駄に出てきたりとかの創意工夫が見事。いやただ大胆なでだけかも。(笑)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA