機動戦士ガンダム00 スペシャルエディション Ⅱ エンド・オブ・ワールド

「まとめてる量が前作の半分になったので、前よりまともになりました。」
$果てしない未来へ~seasonⅤ~-機動戦士ガンダム00Ⅱ エンド・オブ・ワールド
日本2009年日本制作日本
00STORY00
前作で、あっさり殲滅されたソレスタルビーイングだったが、彼らの母体組織はまだ生きていた。
前作から4年後の世界。
3つに別れていた国は一つになったが、世界の平和を守るためと作られた独自軍事組織、アロウズは、統一の目的を掲げているが、それは非人道的でまた武力的な存在であった。
あの戦いで、世界の平和の行く末を見守っていた刹那では、あったが、世界は依然歪んでいることを彼は気づいた。
彼が、潜入した反政府の汚名を被せられた人の強制労働所に侵入した刹那だが、そこに、以前となりに住んでいたサジが働かせられていた。彼らを救いに反政府の軍が駆けつけるが、そこにアロウズが現れ、殺戮が行われる。
怒りたった刹那は、独自に直したガンダムで彼らと戦うが、性能さで圧倒されてしまう。
だがそこに、新たなガンダムが現れた。
それは、過去に殲滅されたソレスタルビーイングの新型ガンダムであった。
00感想00
前作より大部面白くなってはいるが、やっぱり大部薄い。
むしろ、前作の存在意義さえ疑う程、前作の内容の薄さ。
そもそもソレスタルビーイングの存在って意味あったのか?そうさえ思う程。
そもそも何故三部作にしたか謎だが、本作でようやく物語自体が動き出す。
こうやってみると、前作は駄作と言って過言ではない。
今作で物語がようやく動くというのは正直どうかと思う。
そもそも4年後の物語が物語自体の主題になるとしたら、前作の存在は結構無意味。
またそういう定義をして、総集編を作るのは限りなく、前作の価値そのものを下げる行為に繋がるのでとてもがっかりだ。
とりあえず今作の映像の完成度は前作を遥かにしのぐ。
TV版もそうだったけど2期目のダブルオーの映像の質は本当にすごい。
ダブルオーの初の戦いは本当に見事。
だがやはり総集編にあたり大部分のカットがあるので、かなり薄いのが本当に残念。(まぁ前作より見やすくなったけど。)
でも歌の使い方が微妙。
いやこっちで伊藤さんの曲使うのは変だろ。
とりあえず色んなキャラの持ち味が消された本作、そうやって考えると、過去のガンダムとZの劇場版の出来は見事。
見習えよ。まじ。
機動戦士ガンダム00 スペシャルエディションII エンド・オブ・ワールド [DVD]
とりあえず、ブルーレイのボックスが出たら欲しいがこれは買っちゃダメだ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA