死霊のはらわた(世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画を見る編⑤)

【死霊のはらわた】
81年の作品
監督…サム・ライミ
STORY
休暇を過ごすために、郊外の別荘を訪れた若者たち。
だが、そこにあった”死者の書”という奇妙な本を紐解いてしまったことをきっかけとし、邪悪な死霊が復活を遂げることに…。
レポート
サム・ライミすげー。
スパイダーマンを撮った人とは思えない。(笑)
怖いというかヤバい。
怖すぎて笑える。
もう人形なのか人間なのかわかんない死霊たち。(笑)
しかもカメラアングルがどう考えてもハンディカム。(笑)
だから尚更怖い。
映像的には、オレでも撮れそうだけど、あり得無いぐらいのハチャメチャさでそんなのぶっ飛ぶ。(笑)
しかもどう考えても、おかしいぐらいに血がドバドバ出てくるし、最後のシーンとか凄まじいです。
とりあえず口がずっと開いちゃいますね。
でも爆笑(見ればわかる。)
伝説を目の当たりにしたよ。
多分もうスプラッターホラー見ても怖くないな(笑)
得点
8点
サム・ライミはすごい
ちなみに怖かったんで友人と見ました。(笑)
# by | 2006/06/21 22:06

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA