死霊のはらわた2 (世界の映画オタクが選んだ最高の映画を見る編58)84

死霊のはらわた2
(世界の映画オタクが選んだ最高の映画を見る編58)84
「もうホラーなのかコメディなのかファンタジーなのかわからねぇよ(笑)」
1987年米製作
監督
サム・ライミ
STORY
山小屋にデートにきた主人公とその恋人は偶然見つけたテープを聞くと死霊に恋人をのっとられてしまい。仕方なく恋人をぶっ殺す。
しかし死霊はまだ自分をのっとろうと攻撃をしかけてくる。
そんな中、山小屋の住人の家族が山小屋にやって来てしまいもちろん死霊たちの餌食に。
だが死霊を違う世界に吹っ飛ばすという奥の手があったのだが、その道具は死霊たちがわんさかいる場所で…。
とりあえずここまでくると笑える。
ちなみに1見ないでも話わかります。
感想
まずサム・ライミは天才なのか?それとも異常者なのかを考えないといけない。そうそれぐらいこの映画はおかしい。そうだなぁ。前作は普通の車道で車が100キロ近く出してるような映画だったけどこれは、それにブレーキがきかなくなっちまった感じだ。もう怖いとかじゃなくて、逆に笑える。ちなみに一番怖いのは主人公の演技力。(笑)
てか本当に考えてることがぶっ飛んでるよ。もう意味わからない。何であんなにいっぱい壁から血が吹き出るのかも何で死霊がこんなにコミカルなのかも。何でこんなにファンタジーなのかも全部が謎なんだよ。自分は今スプラッター映画を見ているはずなのに、何でこんなしょぼくて幻想的なキャラクターが出てきてんだろ。しかもめちゃめちゃど派手な演出あるし。
おかしいなぁ確か山小屋で人が死にまくる映画だったのに、なんかめちゃめちゃ話し広がってるなぁ。
なんだこれ。もう意味わからないよ。
しかも何でシーン変わるごとに主人公の顔の血が消えてるんだよ?でも何故微妙に傷はあるんだよ?
とりあえずサム・ライミすごい。
得点
9点
この映画すごいなぁ。だって確実に1とは違う意味で面白いもん。てかよくこんなこと考えられるなぁ。
ちなみに3もありますけど、3は更に話が2転3転してます。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA