007 ゴールドフィンガー (世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画を見る編③)

1964年の作品なわけで、かなり古い。
ボンドももちろん初代のショーン・コネリー。
しかも今ほどプレイボーイでは無く、かなり紳士的。
まぁ古い割には(失礼)内容は良いよ。
内容は、ゴールドフィンガーって人が悪いことするから、ボンドが調査して、捕まって…。
ラストら辺は、「マジかよ」みたいな展開になる
てか初っぱなから、007の代名詞みたいなシーンがある
なるほどって感じ。
そしてボンドカー初登場
てか初っぱな、何で女の人を金粉まみれにした意図が全くわからねー。(笑)
その後猟奇的連続殺人が起きるかと思ったら無いし。(笑)
しかも何しても死なないアジア人は出てくるし。意味も無く帽子で人殺されるし(笑)
飛行機が空飛んでる外観とか、サンダーバードもビックリな酷さ(笑)
まぁ昔の映画だからありかな。(笑)
得点
6点
年老いた映画オタクには、かなりの思い出深い作品では無いでしょうか
ただ今の技術から考えるとしょぼい(笑)
でもこっちの方がボンドが良い
てかコメディじゃないけど、しっかり見ようとしないとかなり笑える要素がある。(笑)
# by | 2006/06/14 04:03

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA