24ファイナルシーズン鑑賞終了。

ついに自分も見終わりました。
なんだろ。ヘーこれでおしまいなんだぁと思った。
24のスタイルが
一話で現実世界の1時間を描き、シーズンごとに主人公であるジャックのとても大変な一日を描いている特殊なテレビドラマでだいたいラスト1分で驚きの(鬼畜な)展開がになるわけですが、そもそも全8日ある彼の大変な日ですが、ドラマ内の年表では14年間という衝撃。てか逆にジャックの穏やかな一日というドキュメンタリーを普通に見てみたいが。
いや絶対こんな危険人物が14年間もまともに生きていられるわけは無い。
24自体はとても破綻したお話であるし、見た自分も完全に5以降ぐらいからは「出たから見る」ぐらいの感じで見てた。
やっぱり作っている側も面白さをキープするのに苦戦していたらしく、シリーズごとに事件自体が酷くなったり、登場人物を鬼畜のごとく殺す傾向にあった。
それが結構飽き飽きした理由でもあるけど。
個人的には4ぐらいまでは毎回楽しく見てたし、壮絶なシーズンフィナーレに心打たれた気がする。
がシリーズ終盤になるとジャックが可哀想ぐらいしか思えなくなる。
今作はついに見ながらジャックの物真似を頻繁にするという独特な手法で鑑賞することになったが、登場人物がとことん誰も信用出来ない不思議な話に困惑していた。
今は昔より多くの海外ドラマを見ているので、ここまで暴走されると正直「がっかり」とも思える。
最終回については、ちょっとジーンときた。ジャックより大統領の方が良い感じだった。
そのジャックについてのラストシーンはまるで、ターミネーター2のラストみたいだったな。
シュワちゃんが溶鉱炉に落ちて行くシーン。最後はガッツポーズするけど。
アクションスターが最後を迎えるという感じかな。
シリーズ自体は結構微妙だったけど、英雄とも言えるキーファーサザーランドが今日で最後となると、感慨深くもなる。
そもそも自分が海外ドラマを見るきっかけになったのはこの作品のおかげだし、だからこそ24を馬鹿に出来るというか。
まぁ24はロストとかに比べたら本当に微妙という感じかな。FOXのはシリーズ多くなるとだいたいそうだよね。
正直完結もしてないしね。
まぁーそんな感じです。24に先駆け、ヒーローズ、ロストもおしまいになります。
自分はあとはマッドメンとバーンノーティスしか残らないな。気が向いたらフリンジでも見ようかな。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA