▲ダイ・ハード/ラスト・デイ 「何がラストなのか教えてくれ」39点▲

「どうしてこうなった。」

ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]
アメリカ2013年アメリカ映画アメリカ

2013年83本目 7月8日自宅DVD鑑賞
2015年2月1日 TV放送鑑賞
監督
ジョン・ムーア
(高評とは無縁なB級ハリウッド映画職人)
劇場公開時に製作されているのに全然宣伝されてなくて突如劇場公開されたような記憶のある本作。
ダイハード5。
舞台はロシア。
いつでもぎりぎりなビチクソ野郎ジョン・マクレーン。チビでガリで親父でタンクトップがトレードのブルース・ウィリスの代表作。
そんな彼がロシアに向かう。その理由は息子が裁判にかけられるからだ。
娘同様これまで不仲だった息子。
映画の冒頭で息子は人を殺す。
数年ぶりの再会に心を痛めるマクレーンことハゲだったのだが、道中で大爆発。
テロ勃発。
事件に巻き込まれたハゲは途中で息子と再会
てめぇなにしてんだ?って思ったら息子はCIAの工作員で、囚人を救うための工作だったとか…。
っていう話をたった90分で描くわけ。
1が低予算映画でありながらそのスリリングな展開と『スピード』の監督ヤンデボンさんの撮影監督としてのスキルが輝き、若はげのビチクソ発言が最高でした。
2では予算が倍増したわけでブロックバスター映画として、フランチャイズ映画になった本作。
3、4と制作費が高騰していくなか5は制作費が3と同じくらいになったのだが、本作の肝心の上映時間はシリーズ最短の90分になっている。
とんだB級映画だぜ。
もしかしたらブルース・ウィリスの出演料が3よりも高騰して、かなり圧迫した結果、舞台を完全な新天地であるロシアにしてさらに圧迫。(それまではアメリカがほとんど)
内容もちょとした銃撃戦とかがほとんど、しかもご老体のブルースは動けないとなって。
相棒の息子ががんばるけど華は無く…。
しかも90分しかないからどこに時間をさくにもお金もないわけで、脚本もがっかりな悪役という役のパワーも一切無く…。なんか撮影中にセットが全焼したらしく、公開直前まで映画撮ってたようだ…。そうなると面白いはずもないか…。
これまでシリーズが備えていた、主人公のNY警察の刑事というセガールやらリーアム・ニーソンやジェイソン・ステイサムのような、アクション要素のあるキャラクターというより、等身大のちょっとおばかで悪態をつく人間味のある等身大さが、今作では一気になくなる。
舞台をロシアにして、息子がCIAと来たら、他の映画と大差ない抜きん出るものの無いアクション映画だ。銃をバンバン撃つだけって感じ。
更には、主人公が強くないという個性も曖昧って、とことん見所の無い作品になってしまった。
アクションができる俳優なら殴り合いなどがあるが、今作には無い。
見所としては冒頭のロシアの公道で一般市民の車をなぎ倒しまくる不道徳なカーチェイスと、やたら攻撃してくるヘリコプターぐらいだろう。
話も守ろうとしていた人が実は悪いやつだったというどうしようもない話で、しかも悪いやつアピールが小学生ばりに幼稚。
話においても主人公たちにいいところは一つもない。強いていうなら初登場の息子との仲が回復した程度か…。
また最後の戦いがチェルノブイリという銃撃戦の舞台にするには不謹慎な場所で、むしろそこに生身で踏み込んでいるあたり、見ていて不安になる。
破綻しすぎた本作。
マクレーン家は不死身というルールがあるにしても、ちょっと見る側をバカにしすぎている。
とことん頑丈で、普通死んでいるところを切り傷ぐらいで乗り切っている。体内も含めて頑丈。
終盤がバカで自滅が中心なのも相まって、映画としては面白くない。
というわけで、無かったことにしたい一作。
ロングバージョンが市販のものにあるらしいのだが、娘の登場がカットされているようで…。
今回は吹き替えで見たから前よりも面白く感じた。
メモ得点メモ
物語の面白さと上映時間 3/10
映画の奥深さと世界観とオリジナリティ 2/10
キャラクターの魅力 7/10
監督の映像演出と印象的なシーン、映像を使った話の描き方 6/10
音楽 5/10
俺の趣味 3/10

39
ジョン・マクレーンの悪態が観れるだけの映画。
というかダイハードである必要がない一本。他のステイサムだったりニコラス・ケイジなどでも代わりが効く映画。
Amazon通販紹介

ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)    [Blu-ray]” style=”border: none;”></a></div><div class=
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-07-03)
売り上げランキング: 2,788
【FOX HERO COLLECTION】ダイ・ハード ブルーレイBOX<5枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]” style=”border: none;”></a></div><div class=
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-11-22)
売り上げランキング: 2,180

↑ダイ・ハード全部入って5000円。

関連記事・広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA