△なんちゃって家族 「ちょっとした時間に見るのオススメ!」64点△

「安心して見ていられる犯罪コメディ!!」

なんちゃって家族 (字幕版)
アメリカ2013年アメリカ映画アメリカ

ベン・スティラーとヴィンス・ヴォーンのくだらない映画『ドッジボール』の監督の作品。
続編が製作決定していてビックリ。
話は、マリファナを販売している男が、襲われているティーンを救ったのだが、後日襲撃されてしまい、ボスに支払う金を奪われてしまう。
それをボスというかかつての同級生に打ち明けると代わりに仕事を依頼される。
それは、メキシコから大量のマリファナを密輸してくること!!
無理難題に頭を抱えるが、それをしなければ命はない。
困った主人公はあるとき、RVの旅行者を見て、旅行者を装って密輸しようと企む。
しかしそれには、偽装家族という仕事の仲間が必要だ。
主人公は隣人の年増のストリッパー、近所の人懐こい少年、家出中のティーンを強引に引き込み、偽装家族を装ってRVでメキシコへ向かう!!
なんとうまく密輸に成功した彼らだが、そもそもその密輸できたマリファナは、本来違う人にわたるはずだったのだ、それを取り返すべく主人公たちをギャングが狙う!!また主人公たちはうっかり麻薬捜査官のゆるい一家と出会ってしまって、ハラハラドキドキの密輸ゲームという映画だ。
とにかく緩い!!
話自体は命のやり取りが頻繁に繰り返されそうなぐらいの内容で、他の映画ならバンバン死人が出そうじゃないか?「ノーカントリー」とか正にこんな映画だったろうに、なのに緩い!!
ものすごく緩い。
それが非常にいい感じで安心して見れる!!
それでもラストシーンは意外なオチに「お?」とさせてくれる。
あと『ナルニア国物語』3に出て来た少年が、ものすごくハーレム展開。ババアだがジェニファー・アニストンと綺麗な姉ちゃんに何度もキスされたり!!
更にこいつのキャン玉がものすごいことになったりと、うらやまかわいそうな展開がちょうどいい面白さ結構、体当たりで臨んでいかないと無理だろうし、よく頑張ったなぁと思う。普通ならきんたまのシーンは断るでしょ!!
批評家受けは悪い作品だが、観客の評価他は高いので、面白いです。おすすめです。
メモ得点メモ
物語 6/10
作品の上映時間の長さとテンポとそれに伴う映画の奥深さ 6.5/10
キャラクターの魅力 7/10
監督の映像演出と印象的なシーン、映像を使った話の描き方 6/10
音楽 6/10
俺の趣味 7/10
64

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA