◎【81点】ヒックとドラゴン2 【解説 考察 :日本公開しなかったの本当にあれ】◎

ヒックとドラゴン2

製作

2014年アメリカ映画

話も泣けるが
日本公開されなかったのにも泣けた。

監督

ディーン・デュボア
・リロ・アンド・スティッチ
・ヒックとドラゴン
・ヒックとドラゴン 聖地への冒険

あらすじ

バイキングが住むバーク島は、ドラゴンを虐げるドラゴンを族長の息子のヒックとドラゴンのトゥースが倒してから敵だったドラゴンと仲良くなり、一緒に住む様になった。
それから5年後。
島はドラゴンとバイキングが共存するユートピアになった。
ヒックは族長の父ストイックから族長の座を譲る提案を受けるが、それに臆してしまい、
トゥースと一緒に島の周辺の探索に明け暮れていた。
迎えに来たヒックのフィアンセのアスティ。
2人で戯れる中、ヒックは、異様な攻撃を受けた島を発見、
そこにはドラゴンを捕らえるグループがいた。
ドラゴンを愛するヒックは彼らを襲撃する。
彼らはドラゴというドラゴンを洗脳する男の下で働いており、
ドラゴはドラゴンを洗脳してドラゴン軍団を指揮し、世界を支配しようとしているのだった。
ヒックは父に危険を知らせるべくアスティとバーク島へ帰還する。

報告を聞いたストイックは島を閉鎖することを決める。
ドラゴは以前族長会議の席に現れたならず者で協力をしなければ、ドラゴンを使って侵略をすると告げ、
会議の場を地獄にした頭のおかしな奴だ。
話ができないやつと判断したストイックは島を守るために籠城を決めるが、
ヒックはドラゴを説得するため単身で、ドラゴのもとへ向かおうとする。

途中ヒックは、ドラゴンを操る謎の戦士に出会う。
ヒックを悪しきドラゴン使いと思った戦士はヒックを襲撃。
トゥースは囚われてしまうが、ヒックはなんとか追いつくが、
そこで戦士はヒックを観察し、
ヒックが自分の息子であることを察知。
その戦士はヒックが赤ちゃんの時にドラゴンに連れされた母のヴァルカだった。
ヴァルカはドラゴンに襲撃された時に、ドラゴンと人間はわかりあえるということを実感したが、
襲撃の最中にうっかりドラゴンに連れ去られてしまった。
それ以来ドラゴンと暮らしていた彼女は、ドラゴンを憎む旦那のストイックからドラゴンを守るために、
再会できずにいた。
しかしヒックはストイックは今ではドラゴンを愛しており、バーク島はドラゴンの楽園になったことを告げるが、
ヴァルカは信じようとしない。

そんな矢先、ヴァルカとヒックのもとにストイックたち島のドラゴン使いが合流。
ヴァルカはドラゴンと和解したストイックに感動し、2人の愛の炎は再び燃え上がるのだが、
そこにヴァルカと敵対するドラゴが巨大なドラゴンを従えて現れるのであった。

2019年12月29日Blu-ray鑑賞 2019年104本目



輸入してBlu-ray鑑賞した!!

というわけで、アメリカでは2014公開された本作。
日本での公開は2015年になっても情報が出ず、映画ファンたちは、いつも騒いでいた。
まだか、まだかと言っている間に、ヒックとドラゴン2のゴールデングローブ賞を受賞というわけ。

ゴールデングローブ賞を受賞した映画を公開しないなんて20世紀FOXは狂っている!!

とみんなが騒ぐわけで、自分もため息をついていたが、調べると海外版にあっさり日本語収録しているじゃないですか!!
というわけで、自分はドイツ版Blu-rayを取り寄せて鑑賞した。
監督は前作と同様。

英語のWikipediaで見たが、インスパイア by スターウォーズエピソード5 帝国の逆襲 そしてとなりのトトロという共通点の無さ。
ちなみに続編という意味で、さらにショックな展開を込みにすれば、帝国の逆襲は納得。
トトロは、ドラゴンの愛らしさってことかね。
前作よりも興奮するシーン、人間の弱さに対するカタルシスみたいなものは少ないものの、違う感動、ショックさとか、ドラゴンの種類だとか、大バトルだとかはあった。
また前作でのヒックの心の動きが、本作の母親登場により、裏付けされてしまっており、なんだかロジカルになってしまい、ちょっと寂しい。
また悪役の存在が、前作がドラゴンだったことに対して、今作は、ドラゴンを恨み、そして使役するものということで、順当になっている。
ドラゴンは結局、鉄人28号のように使うものによって悪にも陥ってしまうという悲しさ。
だが、それを友情で乗り越えようとするヒックの姿に相変わらず心打たれる。
3作目が決まっているから、途中で、ここで終わってしまったらどうしよ!!って思うぐらいショックなシーンが立て続けで、まぁーこうなったらそうなるのかな?なんて思うけども、本当にショックだった。ちなみにちゃんとハッピーエンドで映画は終わったけども、前作同様、大きな痛みを抱えて、また一つヒックが大きくなったな。
3作目には、一体なにが待ち受けているのか、楽しみと不安でいっぱいだ。

『ヒックとドラゴン3』に備えて復習ダァ!!

2015年に海外版Blu-rayを輸入して鑑賞してから2回目の鑑賞。
前作から5年の歳月を経てついに続編が劇場公開!!
今回は10ヶ月遅れで日本でも劇場公開したぜ!
遅すぎるけども劇場公開されてとても良かった。
今作にかんしては結局劇場公開がされず、イベント上映で何度もかかるぐらいになってしまった。
そういうわけで3が4年前で全くもって話忘れているので、
復習のために自宅にて再鑑賞!!
海外版Blu-rayだけど普通に日本語吹き替えも字幕もある!!

映像綺麗だなぁ。

前作から5年の歳月を経たバーグ島。
バイキングの無骨な岩山感から一点愛らしいドラゴンたちとの共存という
カラフルな世界へと変貌し、愛嬌たっぷりなドラゴンに愛情注ぎまくりの素っ頓狂なキャラたちの映像がとても心地いい。
CGアニメもきめ細かくて魅力的です。5年前の作品とは思えない。
豊富なドラゴンたちの姿はいつ何時見ても面白い。
またヒックの使うガジェットが多種多様に増えて、ドラゴン使いとしてスキルの成長を垣間見られるのが、
男心をくすぐってくる。

お話がちょっと衝撃すぎだよなぁ

順当といえば順当な続編の本作。
ドラゴンと和解した人たちの次なる試練はドラゴンを武器とするドラゴンを憎む人。
また前作同様に親友を得たヒックは片足を失い。
そして母親と再会したヒックは、それと同じくらい大切な人を失う。
悲しいのがそれを行うのがヒックの親友のトゥースが操られてという。。。。
かなりショッキングな描写を平然とやって過ごすのは『リロ&スティッチ』で観客を大いに泣かせた監督の個性に準じた選択だなと。
それでも衝撃が大きいし、やっぱり悲しくて涙してしまう。
そしてその痛みさえも乗り越えて、大きな心でトゥースやドラゴと向き合うヒックの族長としての素質を感じられるのが、
アドベンチャー系の娯楽作品として、抜きん出ているストーリーテリングだな。
でもちょっとダーク過ぎる気もするし、
前作同様案外ラストがあっけないんだよなぁ。

島の5年間の物語はテレビシリーズで描かれていた

1と2の間の期間は5年間の歳月があるが、
この間はテレビシリーズによって描かれている。
『ヒックとドラゴン~バーク島の冒険~』と『ヒックとドラゴン~バーク島を守れ!~』
そしてNetflixシリーズで『ヒックとドラゴン:新たな世界へ!』が。
どれがどれだかよくわからなかったが、
合計で8シーズンもある超大作。
機会があればみたいとは言えないぐらいの大長編。
上記は見ないでも3を楽しめるので安心して欲しい。
ちなみに3は2の直後の話だからね。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 8/10
・映像のアプローチ 8/10
・映画の美術面 7.5/10
・キャラクターの魅力 8.5/10
・音楽 8.5/10
・上映時間と個人的趣味 8/10

81点
音楽はシガー・ロスのヨンシーが担当しているので心地よいよい。

個人的には何度見てもドラゴンたちにほっこりするので大好きな映画です。

AMAZONレンタル

ヒックとドラゴン2  (字幕版)
(2018-02-01)
売り上げランキング: 96,967

AMAZON通販

ヒックとドラゴン2 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2019-11-07)
売り上げランキング: 47,727
ヒックとドラゴン2 [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2018-02-02)
売り上げランキング: 1,109

子供が生まれたら一緒に見たい系の映画ですね。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA