◎ヒックとドラゴン2 「それいけ輸入だ!!」81点◎

「話も日本公開しないのもショック過ぎる!!」

How to Train Your Dragon 2 ヒックとドラゴン2[リージョンAB 日本語収録][フランス版]
アメリカ2014年アメリカ映画アメリカ

祝ゴールデングローブ賞受賞
輸入してBlu-ray鑑賞した!!
というわけで、アメリカでは昨年公開された本作。
日本での公開はいつまでたっても情報が出ず、映画ファンたちは、いつも騒いでいた。
まだか、まだかと言っている間に、ヒックとドラゴン2のゴールデングローブ賞を受賞というわけ。
ゴールデングローブ賞を受賞した映画を公開しないなんて20世紀FOXは狂っている!!
とみんなが騒ぐわけで、自分もため息をついていたが、調べると海外版にあっさり日本語収録しているじゃないですか!!
というわけで、自分はドイツ版を取り寄せて鑑賞した。
監督は前作と同様。
舞台は、前作から5年後の島。
彼らは、対立していたドラゴンと一緒に暮らし、ドラゴンは人間のペットのように暮らしていた。
しかし、ヒックとトゥース(原題だと歯なしというトゥースレス)は、新たな島を探す過程で、ドラゴンを敵視するグループに遭遇する。
彼らは、ドラゴンを献上しなければ、命が危ないと言い、トゥースを奪おうとした。
逃げ延びたトゥースたちは、それをバイキングの長である父に報告、彼らが献上する先を知った父は、ドラゴンたちを封印することを決定。
それに反対したヒックは、トゥース仲間たちはもう一度グループのもとへ向かう。ドラゴンの悪用を許せないからだ。
それを追うように出たヒックの父も向かう。
グループに捕まったヒックたちは、グループを説得し、悪の親玉を知る。
単独で、向かうヒックだったが、道中で謎のドラゴン使いに遭遇、彼が悪の根源と思ったヒックだったが、トゥースたちは襲われてしまい、墜落する。
ドラゴン使いに捕まったヒックだが、ヒックの姿を見たドラゴン使いは同様するのだった。
ドラゴン使いは、ヒックの生き別れた母だった。
感動の再会と同じくドラゴン使いとして一流な息子と母に二人は興奮する。
そこにヒックの父もやってくるのだった。
グループはと仲間たちはついに諸悪の根源と遭遇。
彼は負の感情でドラゴンを支配するのだった。
というのが本作の簡単なあらすじ、ちなみに続編が決定している。
英語のWikipediaで見たが、インスパイア by スターウォーズエピソード5 帝国の逆襲 そしてとなりのトトロという共通点の無さ。
ちなみに続編という意味で、さらにショックな展開を込みにすれば、帝国の逆襲は納得。
トトロは、ドラゴンの愛らしさってことかね。
前作よりも興奮するシーン、人間の弱さに対するカタルシスみたいなものは少ないものの、違う感動、ショックさとか、ドラゴンの種類だとか、大バトルだとかはあった。
また前作でのヒックの心の動きが、本作の母親登場により、裏付けされてしまっており、なんだかロジカルになってしまい、ちょっと寂しい。
また悪役の存在が、前作がドラゴンだったことに対して、今作は、ドラゴンを恨みそして使役するものということで、順当になっている。ドラゴンは結局、鉄人28号のように使うものによって悪にも陥ってしまうという悲しさ。だが、それを友情で乗り越えようとするヒックの姿に相変わらず心打たれる。
3作目が決まっているから、途中で、ここで終わってしまったらどうしよ!!って思うぐらいショックなシーンが立て続けで、まぁーこうなったらそうなるのかな?なんて思うけども、本当にショックだった。ちなみにちゃんとハッピーエンドで映画は終わったけども、前作同様、大きな痛みを抱えて、また一つヒックが大きくなったな。
3作目には、一体なにが待ち受けているのか、楽しみと不安でいっぱいだ。
メモ得点メモ
物語の面白さと上映時間 8/10
映画の奥深さと世界観とオリジナリティ 8/10
キャラクターの魅力 8.5/10
監督の映像演出と印象的なシーン、映像を使った話の描き方 8/10
音楽 8/10
俺の趣味 8/10

81
Amazon通販紹介

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA