【短評】怪盗グルーのミニオン危機一髪【忘備録シリーズ24】

2013年108本目 9月26日3D字幕版劇場鑑賞
「ミニオンが出てくればそれで良い。」

$『A Little his REDEMPTION.』映画オタクの映画感想倉庫~season 7~-怪盗グルーのミニオン危機一髪
アメリカ2013年アメリカ映画アメリカ

ミニオンが可愛かった。ミニオンが面白かった。ミニオンがよく喋る、よく叫ぶ、よく動く。いっぱいいる。ミニオンが歌う、ミニオンが飛ぶ、ミニオンが紫色になる。ミニオンは日本のドリフターズのようで、すごいコテコテでよく歌う。ミニオンは時折日本語を喋る。ミニオンは、一兆円ビジネスになりうる能力がある。スピンオフも楽しみだ。
まぁー全体のストーリーを紹介すると、主に主人公である元怪盗で現在3女の里子の父親のグルーのラブコメ。
話に驚きがないぶん、ミニオンが茶目っ気たっぷりで暴れ回る面白さが詰まっている。
いいとこはミニオンに持って行かれていると決めつけても言い過ぎではない。
そんな古典的なキャラクターの暴走が楽しめるならおすすめの一作。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA