◎【映画 感想】【THE紳士】キングスマン 「マシュー・ヴォーン映画は必見!!」78点◎

キングスマン
イギリス2014年イギリス映画イギリス

原作
マーク・ミラー
(『キック・アス』『シビル・ウォー』『スーパーマン・レッドサン』)
監督
マシュー・ヴォーン
(『キック・アス 』『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』『スターダスト』)
出演
コリン・ファース
(『英国王のスピーチ』『シングルマン』『裏切りのサーカス』)
サミュエル・L・ジャクソン
(『パルプ・フィクション』『ジャンゴ 繋がれざる者』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』)
マーク・ストロング
(『裏切りのサーカス』『シャーロック・ホームズ』)
マイケル・ケイン
(『ダークナイト』『プレステージ』『インセプション』『バットマン ビギンズ』)
ふぅー。豪華キャスト勢揃いで、映画ファンの心鷲掴みな作品だわ。
まず、原作マーク・ミラーのアメコミで、監督がマシュー・ヴォーンでしょ。『キック・アス』再来じゃないですか。
そんで、またもグロい血みどろバトルに、『キック・アス』のときは、少女だったけども、今作は、紳士のおじさまが痛快アクションを披露!!
しかもそのおじさまを演じるのが、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースだから、もう最高!!
劇中では、ハイライトに当たる、教会のシーンで、マシュー・ヴォーン節が大炸裂!!
このシーンは映画ファン必見のアクションシーンですよ。
徐々にロバート・ロドリゲス寄りになっていくマシュー・ヴォーン
アメリカはタランティーノ!!メキシコ(系アメリカ人)は、ロバート・ロドリゲス!!
そしてイギリスは!!マシュー・ヴォーン!!と言っても過言ではないきがする。
そんでいつ合流するの?
今作では悪役としてヒップホップスター風の大物映画プロデューサーとしてサミュエル・L・ジャクソンが参戦。
この人選完全にタランティーノじゃないの。
でも作りはスタジオ映画なわけで、むしろ往年の痛快娯楽寄りだった『007』シリーズを意識したスパイ映画になっている。
ただスパイ映画に両立して、新ヒーローへの世代交代的な要素もあり、終盤では、コリン・ファースではなく、主人公の若手俳優が活躍する。ちなみに新鮮なことにマーク・ストロングが全く悪役じゃない。
総評としては、ちょっと長めでのっぺりしていた。
ややインディペンデント映画よりもスタジオメジャー大作よりな本作。
また作品としての要素が多くて、ベテランスパイの活躍、人類滅亡の陰謀、若手スパイの育成。主人公の境遇などなど。そのせいか、全体的にテンポが遅い印象。のっぺりしてきたなぁ。(そこタランティーノも一緒)
音楽も全体的にはよくある大作映画程度にまとまっており、やや物足りない。
またもう少し上映時間が短ければ、何度でも観れる最高の映画なんだけどね。惜しい。
終盤が異次元のぶっ飛び!!
とここまで辛口だったが、終盤唐突に始まるスーパー・マシュー・ヴォーンタイムが半端ない!!
話によると、4DXで見るとそのとき、シャボン玉が出るそうな!!スゴゥいい!!
音楽も勿論威風堂々を使った衝撃演出。
ただ全編MAXってわけじゃないのが寂しい。
またキャスト面で言えば、マイケル・ケインが脱アルフレッドを意識している気がしたのが印象的。
コリン・ファースがアカデミー賞受賞俳優なのに、こんな最高の役をやってくれて最高の映画であることは確かです!
メモ得点メモ
物語の面白さと上映時間 7.5/10
映画の奥深さと世界観とオリジナリティ 8/10
キャラクターの魅力 9/10
監督の映像演出と印象的なシーン、映像を使った話の描き方 8/10
音楽 7/10
俺の趣味 7.5/10

78
ちなみに海外版ブルーレイは日本語字幕つきです。家でもう一度見たいという人は、輸入しましょ。
Amazonレンタル

キングスマン(字幕版)
キングスマン(字幕版)

posted with amazlet at 16.06.04
(2015-11-25)
売り上げランキング: 1,122

Amazon通販紹介

キングスマン [SPE BEST] [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016-07-06)
売り上げランキング: 154

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA