◯フューリー 「久しぶりにかっこよすぎるブラッド・ピットを拝んだ。」70点◯

「中盤までは最高!!」

フューリー
アメリカ2014年アメリカ イギリス映画イギリス

監督
デヴィッド・エアー
(『トレーニング・デイ』『エンド・オブ・ウォッチ』『サボタージュ』)
・映画が始まって、生々しい世界観に興奮した。
映画が始まってびっくりした。
俳優陣の漂う雰囲気が、演技の枠を超えている。
なんだか、本当に歴戦の猛者、命のやり取りを何度もして、頭おかしくなったような極限状態の姿を妙に体現している。
マイケル・ペーニャ、シャイア・ラブーフ、ジョン・バーサル、ブラッド・ピットの姿が本当にやばい。
途中から合流する若手俳優のローガン・ラーマンもやばい。
舞台裏としては、役作りのために、戦車の運転を習わせたり、極限状態にするために、寝食を戦車で行わせたり、ひたすら殴りあわせていたという鬼畜な舞台裏。
しかしそれも功を奏して、極限状態のキリキリ感、平和と真逆の地獄が描かれていて、心を掴まれた。かなり世界観に引き込まれた。
また主演以外にも、戦争の全体の描写が序盤から飛ばしまくりで、素晴らしかった。
・久しぶりにかっこよすぎるブラッド・ピットを拝んだ。
心は俺のままでブラッド・ピットになりたい。
最高にかっこよかった。
髪型も最高だったし、類まれに見る、ブラピの気取った感じを捨てた、鬼軍曹ぷりでラーマンをなぐる、なぐる。
特にプロットで、役立たずはいらねぇ、今すぐナチを殺せと殺しを強要する姿が、最高にきれててよかった。
また中盤での半裸になるシーンの肉体美は素晴らしく、久しぶりにあの体が欲しいと思った。
『ファイトクラブ』以来の興奮。
どうにかこんな男になれませんかね?
・中盤までは最高だった!!
もう本当に中盤までは最高でした。戦車を使った戦争映画を私はあまり見てこなかったので、歩兵と戦車の戦略的行軍など、意外で面白かった。
全体的にゴア表現もきつめで、極限状態がよかった。すぐ人死ぬしね。
・中盤以降は、話が着地点に向けて進む感じで、リアルよりも作り話感が露骨で、興ざめした。
映画音楽が、全体的に微妙だった。感動を演出させる音楽に疑念を抱いていたが、中盤に戦争映画には似つかわしくない、妙に長いドラマ描写がある。
正直、そのドラマ描写も中盤までは、なかなか見ていて楽しいんだが、急に転調して、変な空気が流れる。それがある意味タランティーノ的な面白さがあると思うのだが、正直長いとも思える。
またそのシーンの顛末が、不条理を超えて、作り話っぽくて安すぎる。
だったら、転調のとこで、レイプシーンに進んだ方が、戦場の異常っぷりが際立って個人的にはよかった。
その不条理な顛末が、自分の中では爆笑シーンで、そこから今まで映画にのめり込んでいたにもかかわらず、一気に現実に引き戻されてしまい、興ざめしてしまった。
そこからは、映画はラストシーンに向けて、無駄な要素の削ぎ落としになっていく。
ロシアの戦車の最強っぷりなどには興奮した。
というかアメリカの戦車装甲薄すぎw
ロシアの戦車の装甲ってどうなってんだよ!!
でも逆に後ろが弱いあたりが、実に兵器の弱点っぽくて、胸熱だった。
とりま戦車のシーンは本当に最高で、特にシャイア・ラブーフのスコープの覗きっぷりはよかった。
マニア向けな前半と大衆向けな後半?!
正直、中盤のあの落ちから、徐々に映画は王道な感じで行く。
序盤の世界観の作り込み。生々しさを追求して戦争末期の狂った世界観が面白かったのだが、中盤からは、そういうのも薄くなってしまい、なにやら感動的な大衆向けな映画になっていった。
むしろ後半までギスギスしてしまえば、マニアは喜ぶが、本当に掴むべきは、王道路線に泣く人なのかもしれない。
おれは不満はあるが、あれでいいのかもしれない。
ただ個人的には、ラストカットは、十字路を空中から引きにしていくのではなくて、ローガン・ラーマンを乗せた車が遠のいていくのを車の窓から見せて、離れるにつれて、実は鬼神のごとく、撃墜王のごとく、大量に転がる屍の山を引きでさりげなく見せるような演出が好みだ。
十字路を空中は、なんかださかった。
まぁ戦車中心で描かれていたラストバトルが、引きで最後に見せるあたりはインパクトがあっていいんだけども。
メモ得点メモ
物語の面白さと上映時間 6/10
映画の奥深さと世界観とオリジナリティ 8/10
キャラクターの魅力 9/10
監督の映像演出と印象的なシーン、映像を使った話の描き方 7/10
音楽 5/10
俺の趣味 7/10
70
俳優陣が本当に最高だった。
ゴア表現も多く刺激的だった。
ただ中盤から既存の映画の枠にはまった感じに近いものになってしまい、作り物らしさが出てしまったと思う。もっと際立った方が好みだった。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA