【アメコミ】スパイダーマン:エレクション・デイ【感想】

「明かされる2つの物語の真相」

スパイダーマン:エレクション・デイ (ShoPro Books)
アメリカ2009年3月~2009年5月アメリカ

ブランニューデイから続く、新たなゴブリンの正体、そしてスパイダーマン殺人事件の真相が本作で明らかに!!
それだけで、普通に面白いのだが、巻末に収録される物語の裏側と、ピーターの再度ヒーローの責任ついて自答する物語もあり、かなり面白い一冊。
特に今作でのスパイダーマンが本当にボロボロなんだけども、それでも友人を救うべく戦ったり、宿敵のハリーも参戦してきたりと普通に面白いです。
ここまでブランニューデイを買ってきて、ようやく報われた!!って感じ。
でも邦訳されていない話数は非常に多く、ブランニューデイ全部を網羅ってことはできない。
おすすめです。
Amazon通販紹介

スパイダーマン:エレクション・デイ (ShoPro Books)
マーク・グッゲンハイム ゼブ・ウェルズ
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 299,364

そいやオバマも出てくるけども、現代の社会情勢からするとちょっと痛い。笑

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です