ハチミツとクローバー

2006年日製作
INTRODUCE
原作がマンガの作品をアレンジして映画化。
とりあえず登場人物全員が片思い(?)
原作とは違い美大生の青春が中心の作品で、原作の独特の儚さは描かれてるけど、笑いは全然描かれてない
感想
日本映画としては、かなり面白い
映画として出来てて良い
ただ…原作との違いがやばい
森田さんは、ただの暴れん坊な天才って感じで独特の愛らしさと繊細さが無い
猫みたいな雰囲気が0
竹本はただ可哀想なだけだし、真山はただのふぬけで独特の清楚さが無い
これは、原作ファンには納得いかないかもしれない。
でもはぐちゃんと山田は完璧(笑)
やっぱり映画を作る側としては、マンガと同じは嫌なのはわかるけど…。
んで後半の竹本の自分探しが、微妙
寺を修復する仕事につく理由も意味不明だし、てか森田さんが、原作と本当に違うただの冷たいイケメン天才だよ(笑)
自分の作品に愛着も無いし、ただ芸術は金。しか考えて無いみたいになってる。(大人過ぎ)
原作だと金に対して貪欲な理由がちゃんとあって納得出来るけど今作は兄がいないから、マジ酷い
でも映画だけ見るとよく出来てる。
得点
6点
理由がいろいろ曖昧。
でも日本人の大学の青春を凄まじくリアルに描いてる
てかリアル過ぎて何か嫌だ

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA