◎【85点】バーニング 劇場版【ネタバレ感想:やれやれ、僕は温室を焼いた】◎

製作

2018年韓国映画

監督

イ・チャンドン
・ポエトリー アグネスの詩

出演

スティーヴン・ユァン
・ウォーキング・デッド
・オクジャ/okja

あらすじ

現代の韓国。
イ・ジョンスは大学を卒業後兵役を終えたが、小説家志望という名目でフラフラしている青年だ。
しかし彼は、田舎で一頭の牛を飼い農業をしていた父親が、役所の人の訪問時に暴力を振るったことで、裁判となり、
牛の世話などを行うために、実家に帰ることになった。

そんなジョンスはある日都市部で、幼馴染のシン・ヘミと再会する。
最初は誰だかわからなかったジョンスだが、好意を寄せてくるヘミを快く思い、2人は親しい関係へと急速に発展する。
しかしヘミは、これからアフリカへ長期間旅行へ行くと言う。
ヘミはジョンスに旅行中に部屋で飼っている猫の世話をすることをお願いし、ジョンスはそれを承諾する。
彼女が旅行へ行ってから毎日部屋に行くが、猫の姿はなかった。
そしてジョンスはヘミのことを思い彼女の部屋でオナニーをするのだった。

ある日ヘミから帰国の連絡があり、父の農業用の中型トラックで空港に迎えに行く。
ヘミと再会したジョンスだが、ヘミの隣には、自分とは真逆のおしゃれに気をつかって高所得者の雰囲気を出すベン(スティーヴン・ユァン)がいた。
ベンとの関係を聞けないジョンス。
ヘミ曰く、アフリカでベンと出会い、色々と大変だったとき助けてもらい、気があうので一緒にいるという。
一緒にご飯を食べることになった三人。
ベンはジョンスが小説家志望であると聞き、とても興味を抱く。
ベンは友人から彼の所有する高級車を持ってきてもらい、帰ることになる。
ジョンスはヘミを止めることなく、ベンの車に乗せて送ってもらうようにする。

数日後、ヘミから連絡があり、都市部で一緒に遊ぶことになるのだが、そこにはやはりベンの姿があった。

また数日後、ヘミから連絡があり、ジョンスの住む田舎町にベンと一緒にやってくる。
ヘミは何かを訴えるように倒錯している。
2人きりの時ヘミはジョンスが昔自分が井戸に落ちた時、救ってくれたことを話すが、ジョンスはそのことを覚えてなかった。
ヘミが眠ってしまった時、ベンはジョンスに秘密を打ち明ける。
自分には変わった趣味がある。
それは2ヶ月に1度ビニールハウスを燃やすこと。
彼は使われてなくて燃やしても誰にも迷惑のかからないビニールハウスを見つけて、燃やす。
それをすることで幸福感を得るという、かなりやばいやつだったのだ。
そのことはヘミはもちろん知らない。
そして次に燃やす場所ももう決めており、それはジョンスのすぐ近くのビニールハウスでもうすぐだと告げる。

動揺するジョンス、しかし眠っていたヘミが目覚めてしまったことで、この会話の続きはできず。
またヘミの不埒な態度に苛立ちを覚えたジョンスはヘミにひどいことを帰り際に言ってしまう。

また数日後、ジョンスはベンの犯行を止めるべく、近所のビニールハウスをかたっぱしから回っていく。
正義感なのか、それともベンという異常者に惹かれていくのか、彼自身それもわからない。
しかし数日が経ったが一向に燃やされた気配はない。

いても経ってもいられれなくなったジョンスはベンを尾行するようになる。
そしてその最中、ヘミからの不審な電話があり、またそれ以降彼女と連絡が一切とれなくなり、
アパートももぬけの殻で、猫もいなかった。

ジョンスの中で何かが繋がったが、時はすでに遅かった。
ベンが何かを知っていると思い、より彼に執着するようになるジョンス。
そしてカフェにいるジョンスにビニールハウスは燃やしたかを聞くと、もうすでに燃やし終わったというのだった。
そしてヘミのことは知らず、またベンのとこには違うヘミに似た女性がやってくる。。。

ジョンスはベンがヘミのことを知っているのではないかと疑う。。。

2019年2月3日劇場鑑賞 2019年12本目



イントロダクション

世界的に有名な作家村上春樹の短編『納屋を焼く』の韓国映画化作品。

村上春樹の映像化の権利を何故か国営テレビ局のNHKが保有。
当初は2016年に撮影開始予定だったが、製作が揉めたようで、2018年に韓国にて公開。
日本においては、2018年12月の4K放送に合わせてNHKにて前半1時間をカットしたバージョンを吹き替え版にて放送
その完全版にあたる本作が2019年2月に劇場公開された。

カンヌ国際映画祭で高評された本作。
NHKが絡んでて不思議だったが、調べた結果そういうことだったのかと納得。
なぜタイトルに「劇場版」とつくのかもなんかわかったし。
これがアジアの監督が描く村上春樹映画としてのシリーズ1作目のようだが、今後この計画がどうなるかはまったく公表されていないのが気になる。
そしてNHKが村上春樹の映像権利を持っているって、そもそも国営放送なんだぞ!というなんでそんなのが持ってんだよ。
というかなりの不信感。

そんなことはさておき好評だったし、直近では唯一好評の映画だったので、この度前情報なしで鑑賞してきた。
いやテレビ版の前半1時間丸々カットってすごいな。

村上春樹の小説読んだことない人の感想です。

村上春樹の作品はタイトルだけ知ってて、あとはレビューと独特な言い回しだけ知ってる程度の人の感想です。
唯一彼が関わってる作品で『グレート・ギャツビー』と『ティファニーで朝食を』の彼の和訳は読んだことある程度。
流暢で優雅な文体が印象的でとても読みやすかったなぁと。

世界的に著名な作家なのに映像作品とあまり縁のないことがなんか不思議

数多の作品を持つ村上春樹ですが、映像作品の少ないこと。
昨年にも日本でも映画化されていたり、80年代から10年代にかけて数点映像化されていますが、
此れと言って多くの人が目にしていない印象が多い。
むしろ本作『納屋を焼く』が今までで一番世界中の人に見られ、
そして高い評価を得た映画になったように思える。

確かに村上春樹の近年の作品のレビューを読むだけでも主人公や世界観全てが独特な感性で彩られており、
それを映像化することに違和感を残さず、映像作品として成り立たせるのはとても難しいだろうなと思う。

むしろ本作においては、韓国映画らしい表現ギリギリの暴力や精神異常さと村上春樹の持つ、
魅力と調和して、また監督の高い映画の手腕がすごい高い質に仕上がってた。

村上春樹版ダークな『グレート・ギャツビー』

見ていて第一に思ったことはこれ。
村上春樹自身『グレート・ギャツビー』が好きってのもあるけど。
見知らぬ資産家に出会った青年が、秘密の多い彼に惹かれていくという展開はまさにそれそのものかなと思った。

しかしこれは韓国映画。
その資産家というか金持ちの男に隠された秘密はそりゃまぁダークなもの。

村上春樹らしい純朴ながらよく深い主人公というものが、映画内に体現されすぎて第一にすごいわけです。
表情や空虚さ、そして主人公とヒロインのやりとりの意味がありそうで意味のない詩的な感じがすごい。

ヒロインの内面の飢えと主人公の空っぽさ。
そしてどうように空っぽのベンというギャツビーことベン。
自分同様に空っぽすぎるが境遇が正反対の人間に惹かれたのか、小説家志望ということに興味を持ったのか、
ベンは主人公のジョンスに自分の秘密を告げる。

そして彼の次なる行動に対してジョンスは試す。

温室を焼くとは何なのか?

この映画の面白いとこは、暗喩がうまいことかなと。
まぁ映像もすっごいんだけどね。
「私はビニールハウスを焼くことが趣味なんです。」
これは言葉のままなのかと思いきや、
連続殺人の暗喩であると後半になってようやくわかる。
というかそんな気がする。
映画内では明確には説明されることはなく、ジョンスの思い込みや執念に近いものがあるわけだが、
これは見捨てられたビニールハウスという、温室というか温室で育った見捨てられた無垢なる人の彼なりの暗喩だったのかなと思う。
劇中で戦利品が出てくるあたりもそうのではないかなと思う。
似たタイプの人と親しくなり殺害するベン。
その描写は一切なく、一切ないことでジョンスの取り憑かれたようにベンに執着していく様が見事であって、
それを淡々と冷静に暗喩表現するベンの恐ろしさも異常だが、
もともと空っぽで何もなかったジョンスが、徐々にベンという男に唐突に出会った恋心や自分の好きなもの全てを吸収していくベンへの執念のような妄執のような飢えとも思える狂気がまた恐ろしく。
ベンも恐ろしいが、ジョンスも恐ろしいという二つの狂気をうまく描いた監督の手腕がすごかった。
さらに恐ろしいのがこの映画、そうかもしれないという仮定しか描かず、ベンが白の可能性もないわけではないとこ。

ネタバレになってしまうが、結局のところジョンスも温室を焼くことによって、
彼もまたベンと同種の存在へとなるという、ヘミの言っていたグレートハンガーはジョンスだった。
2人のサイコパスの物語としてかなり見応えがあったかなと。

しかし上映時間はかなり長かったなとも思う。

イ・チャンドン監督の高い映画力

何気ない寂れた風景、よくある田舎の光景。
それをまっすぐ映画的に広角を駆使して奥行きのある美しいショットにするわけでもなく、
絶妙にバランスを崩して見事な画にする監督の手腕にはびっくりした。

また作品内でアフリカの飢え、精神的な飢え、踊りを音楽へと昇華させ、
それをベンという人間の生きてることを実感するというビートへの置き換えなど、
映画的に面白い試みが幾重にも作り込まれていて、
監督の高い映画力を感じた。

極上の胸糞感

嫌だなぁと感じるものをうまくうまく織り込んでいた。
主人公のどうしようもない最低な行いや、
その父親との関係、
現れる母親の嫌な感じ。
ベンの住む家のシャレオツ感や、
ベンという人間そのもの。
彼の聞く音楽。
奔放すぎるヘミのキャラクターなどなど。

それなのに映画はある種のオフビート感があり、
絶妙にテンポが悪い。

中だるみとは言い切れない、見辛さが終始あって、
それでもこの映画の持つ魅力に気づいた時、
極上の胸糞感に浸れる。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 8.8/10
・映像のアプローチ 8.8/10
・映画の美術面 8/10
・キャラクターの魅力 8.5/10
・音楽 9/10
・上映時間と個人的趣味 8/10
85点
感想うまく書けなかった。
もっと早く感想書いた方が良かったな。。。。

AMAZON通販

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です