◎【76点】アデル、ブルーは熱い色【解説 考察:今世紀最大のエロさと長さ】◎

アデル、ブルーは熱い色

2014年46本目4月5日劇場鑑賞
「映像は完璧。序盤の天啓のエロさマックス!!上映時間は長過ぎ…。」

フランス2013年フランス映画フランス

キャスト

レア・セドゥ
007 スペクター
ロブスター

イントロダクション

2013年に行われたフランスの映画祭カンヌ映画祭で最高作品賞のパルムドールを受賞した作品。
こちらはアカデミー賞のように1年の集大成を競うというよりは、コンペティションというか、自分の作品の凄さを自分から応募して競うような、チャレンジ精神あふれる、精鋭の鬼才達が切磋琢磨して名誉を得るような感じの映画祭。アメリカだとサンダンス映画祭が似ているかな?
とりあえず、あんまりよくわからなくて、なんかすっごい面白いって言うから、とりまレズ映画だってのを知りつつも、初日の初回で埼玉で鑑賞してきました。

これね180分もあるのよ。

映画的には、PART1とPART2の二本立てのようなLa vie d’Adèle – Chapitres 1 et 2が原題みたいな感じです。
ロード・オブ・ザ・リングやらゴッドファーザー並みに長いわけだが、まぁ頑張った。
内容もすっごく丁寧でした。
アデルっていう、ちょっとブスだけど結構可愛い普通の高校生がある日、すれ違ったレズの青い髪の女性に妙に欲情してしまい、それが淫夢かして、情緒不安定になって、レズに目覚めちゃう。
レズバーでその青い髪の女性エマと出会った、アデルはすぐさま親しくなって、二人は恋愛関係になる。
そんな二人が実るまでが、まるで春のような初々しさと暖かさがある。
しかもエマさんなかなか出てこず、アデルの徐々にレズに目覚めて行く様が、生々しく写実的に時に唐突に描かれている。
序盤からアデルがエマとエロいことをする夢をみて、そのままアデルが自慰をするシーンがあるんだけども、それがすごーくエロい。体のラインが素晴らしくエロい。
すっごくエロく撮れていて、本当に素晴らしかった。
あと展開が本当に細かくてね、分厚い小説のように事細かでね。アデルが普通に男と恋愛したり、女性に目覚めたり、徐々に表情が曇りながら、最終的にアデルに出会って、燃え上がる感じが、冬から春へ向かう花のような、素晴らしさ。
映像も何気ないのにはっとするショットが多い。
更には、青っていう色がとても印象的に使われていて、
特に後半が始まって、エマの髪が青から金に変わった時、一瞬でこの映画のラストが浮かんでしまうすごさ。

SEXだらけ

本作は18禁ということあって、映画の中盤が相当濃厚にSEXシーンだらけ、本番をしているかのような、生々しさ。AVと言っても過言でない。
あとずっと映画のSEXで感じていた、おっぱいをなめたりしない(当然だよな)行為に、違和感あったけども、これはキスもおっぱいちゅうちゅうも、更には、陰部まで顔面で攻める始末、ここまで行くと、エロさよりも生々しさが凄い。
そんなこともやってのける、見を捧げる俳優たちの素晴らしさは、本当にやばい。
逆に中盤以降というかPART2ではそういう描写が一切無いのも印象的で、よりリアルな恋愛の始まりと終わりに一貫した作品だった。
でもラストで、そういうのを爆発させた倫理がむちゃくちゃな描写があって、さすがに違和感あって、ひいた。これは通報ものだろ…。
となんだか、AVでも評論しているようだが、見たのはれっきとした映画です。
正直、PART2のアデルが凄まじく顔色悪くて、怖かったのと、この映画、いったい何年間を描いてるのかよくわからなくて、アデルもエマも歳をとっている設定なんだと思うんだけど、彼女らが何歳になったとかが、いまいちわからなくて、しかも俳優の演技としては、そういう年齢の変化がいまいち感じられず、そういう部分では困惑した。
映画の展開がよめてしまったことは別に良いのだが、後半がなんだか秋から冬になるような寂しさしか感じられず、少々退屈だったか、それでも凄い力のある映画だったことは告げておきたい!!

hisSCORE

・物語 8/10
・キャラクターの魅力 8/10
・監督の映画に対するビジョン 8/10
・音楽 7/10
・俺の趣味 7/10
76
初日だけどもガラガラだった…。まぁそんなものか。上映時間を考えても早めに見とかないと、見れなくなる可能性が高い。
あと主人公のアデルが、最初は好ましいんだけどもパート2から徐々に嫌いになっていき、挙げ句に映画がかなりビターなので、あんまり後味よくなかったなぁー。カンヌっぽいと言えば納得できるんだけども。

AMAZONレンタル

アデル、ブルーは熱い色(字幕版)
(2014-11-26)
売り上げランキング: 16,759

AMAZON通販

アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-11-26)
売り上げランキング: 47,944
キャロル [Blu-ray]
キャロル [Blu-ray]

posted with amazlet at 19.08.14
KADOKAWA / 角川書店 (2016-08-26)
売り上げランキング: 33,761

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA