◯【映画 感想】X-MEN: フューチャー&パスト 【70点】◯

「未来が地獄なので、過去を変えましょう。」

X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
アメリカ2014年アメリカ映画作品アメリカ

3の監督俺じゃないので、シリーズぶっ壊すわ
by ブライアン・シンガー
監督
ブライアン・シンガー
(『ユージュアル・サスペクツ』『X-MEN2』)
出演
ヒュー・ジャックマン
(『プレステージ』『X-メン』『レ・ミゼラブル』)
ジェームズ・マカヴォイ
(『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』『ウォンテッド』』)
マイケル・ファスベンダー
(『イングロリアス・バスターズ』『プロメテウス』『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』)
ジェニファー・ローレンス
(『ハンガー・ゲーム』『世界にひとつのプレイブック』)
ハル・ベリー
(『X-MEN: ファイナル ディシジョン』『クラウド アトラス』)
エレン・ペイジ
(『インセプション』『JUNO/ジュノ』『ハードキャンディ』)
ニコラス・ホルト
(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『ウォーム・ボディーズ』『アバウト・ア・ボーイ』)
ピーター・ディンクレイジ
(『ゲーム・オブ・スローンズ』)
イアン・マッケラン
(『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット 思いがけない冒険』)
パトリック・スチュワート
(『新スタートレック』)
というわけで、映画見終わってみると、この映画ってこういう意図あったんじゃね?
と思いたくなってくる。続編も製作決定しているし。
とりあえず面白かったです。やっぱり「ファースト・ジェネレーション」の功績が非常に大きいなと実感。
まぁそこで出て来たキャラのほとんどがこの映画以前に殺されているという前作のラストを台無しにする相変わらずのシリーズ共通の横暴脚本ですが、そんなの「ウルヴァリン」の2作を見ていれば、問題ありません。
また過去にタイムスリップして意識だけ送って肉体は当時のウルヴァリンのを使うとか全く意味わかんなくてもXーMENの実写映画だから問題無し!!
大事なのはミュータントたちの超能力がいかに派手で、ちょっとだけミュータント問題が差別という人間の根本的な問題に繋がって、社会派であるかが描かれていれば問題ないんです。
というわけで、ストーリーは大味だけどもファースト・ジェネレーションで採用したマカヴォイさんとファスベンダーが素敵で、ジェニファー・ローレンスがそこそこブスだけどもおっぱいといいケツというダイナミックな洗練されきれてない理想さが相変わらずよく、恋人にはしたくないけども仲間にいたら嬉しいぐらいの存在なのが実にバランスよく、結構面白かった。またファッションなども前作同様味わい深い。
まぁー娯楽活劇として楽しかったです。
ただ前作に比べると監督の実力差か、荒唐無稽さが濃い。
映画『デッドプール』でも言われてたが、今作で時系列が完全に崩壊。
ファイナルディシジョン後というかウルヴァリンサムライ後だと思うけども、そこから多分さらに時間は経っているんだと思うけども荒唐無稽過ぎるディストピアっぷりがまたまたでもそれが実写版X-MENの醍醐味。
ちなみに今作の影響でX-MENからウルヴァリンサムライの出来事はなかったことになってしまった。
一応ウルヴァリンゼロの手術はあったみたいだが、本作のラストでストライカーはミスティークだったわけですが、どうなんだろうか。今作の後に『デッドプール』そして次回作『アポカリプス』なわけです。
映像的にはCG感が強くて、ドラマシーンは特にない。そもそも過去と未来が交互に描かれる作品なわけで、ストーリー描くだけで大変だった模様、ファスベンダーの潜入シーンとかはおしゃれで素敵だった。
あと前作のキャラがほとんど悲惨なことになっていたりと容赦ない終盤の正義組の惨殺っぷりとかなかなかのエグさ。
ちなみに全体を通して、クイックシルバーの活躍する前後とマグニートが一人で列車に潜入するシーン以外はあんまり素敵なシーンなかった印象。
書きながら前作の『ファースト・ジェネレーション』見直してるが、素敵なシーンが多すぎて今作の感想が「前作の余韻で面白く思える作品」という最悪な事態に陥っている。
能力半減のプロフェッサーで他のキャラは俳優の演技よりCGの技術ばっかだからCG映画なんだなぁ。
センチネルの現代のデザインが象徴的でもある。CG最強か。
まぁいつの間にか大物キャスト総揃い化してしまったわけで、そういう俳優陣を愛でるのも良い見方なわけで。
あと、今回はローグエディションで随所が追加されたファン向けのバージョンで見た。
終盤の展開で、ローグが仲間になってそれが原因で居場所突き止められるという劇場版とは大幅に変わっている。
大幅に内容こそ変わってないが、好きな人が見れば降り楽しめるわけです。
メモ得点メモ
物語の面白さと上映時間 6.8/10
映画の奥深さと世界観とオリジナリティ 6/10
キャラクターの魅力 8/10
監督の映像演出と印象的なシーン、映像を使った話の描き方 7/10
音楽 7/10
俺の趣味 7.4/10

70
もう2年前の映画か。
Amazonレンタル

(2014-10-01)
売り上げランキング: 182

Amazon通販紹介

X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-07-15)
売り上げランキング: 712

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です