◎【89点】ヒックとドラゴン 【解説 考察 :『ダークナイト』以後のハッピーエンドの形】◎

ヒックとドラゴン

製作

2010年アメリカ映画

How to Train
Your Dragon

監督

クリス・サンダース
・リロ・アンド・スティッチ
・クルードさんちのはじめての冒険

ディーン・デュボア
・リロ・アンド・スティッチ
・ヒックとドラゴン2
・ヒックとドラゴン 聖地への冒険

あらすじ

現在から遥か昔の物語。
とある島に暮らしていたバイキング達は、島に住んでからというものの島に襲来するドラゴン達を退けながら今に至る。
この島ではドラゴンを倒してこそ屈強なバイキングなのだ。
島の長の息子であるヒックもバイキングとしてドラゴンを倒そうと思ってはいるが、
この地で珍しく男なのに細くて筋肉も全くなく、皆に邪魔者にはされないもののほっとけない存在だった。
だがヒックは武器を作り戦おうとする。
ヒックはその武器で誰も姿を見たことのないドラゴンを撃ち落とすことに成功するが誰も信じてくれなかったのだった。
後日ヒックは自身でそのドラゴンの亡骸を回収しようと探索に行く。
そこで彼が見つけたのは、死を覚悟した気づいたドラゴンであった。
トドメをさそうとするヒックだが、トドメをさせずその場を去ってしまったのだった。
それからというもののドラゴンを観察しに行くヒック、そしてヒックの父ストイックは、息子を思いドラゴンを倒す訓練に参加させることにするが、ドラゴンを殺せなかったヒックはそれを拒むが、強引に参加することになる。
ヒックは撃ち落としたドラゴンと仲良くなりドラゴンが空を飛べなくなったと知ったヒックはドラゴンの為にある装備を製作する。
ヒックはドラゴンのことを知ることになり。
ドラゴンは本当は悪いヤツラでは無いかもしれないと思うのだった。

2010年8月12日劇場鑑賞 2010年度69本目
2015年1月12日再鑑賞
2019年12月27日自宅Blu-ray鑑賞 2019年102本目



村の異端児、伝説のドラゴンと出会う

via GIPHY

全米での評論家受けが良いということなので、これは見ないと行けないなと思い鑑賞。
見て納得。

この映画、割と重たい

主人公のヒックがバイキングの異端児というわけで、そのまま敵である存在と交流して、勧善懲悪という概念を破壊し、この手の映画でありがちな異種との交流を描く。
ストーリーラインがありがちだとしても、そこを映像のパワーで見事にカバーされている。

本作は製作者が3D眼鏡をかけながら作ったらしい

監督たちは3Dでの驚きを試行錯誤して作ったみたいだ。
だからこそ今までの3D映画よりも数段に高い3Dのワクワクが本作には内包されている。

とても楽しめた。

そして21世紀のアメリカらしい、可愛さと不細工さを兼ね揃えた登場人物がとても魅力的で、見てくれは不格好でこれは受け入れられないなと思っても、動き出してキャラクターがしゃべりだしたら、もう彼らの魅力のとりこなんて当たり前。
んでヒックとドラゴンが仲良くなり空を飛ぶわけですが、そこかなり見応えたっぷりです。
この映像に対して風がスクリーンから風が出てたら、空飛ぶの実感できますよ。
それ位良く出来た映像でした。

『ダークナイト』以後のハッピーエンドの形

ラストあたりは結構お決まりですし、なんであいつが悪いってなるんだよ、それになんでドラゴンも人間の味方になれるんだよ。って思いましたが映像が楽しいので問題ないです。
そして衝撃のラストには自分かなりビックリでした。
この映画子供向けの映画だと自分は思うんです。特に小学生あたりの世代。
それなのにヒックの端末は、自分子供向けアニメ映画では未体験でした。
それでも主人公のヒックは笑うんだから本当に驚きました。
痛みのともわない平和は無いんだとそう訴えているようでした。
それでも主人公が笑ったんだから彼は本物の英雄だなと思いましたね。
この展開はまさにダークナイト以後の映画だなと思いました。
子供向けの映画ってだいたい一辺倒だったり、この後見た『Gフォース』はそこが顕著だったけど、もう子供も騙すことなんてしないんだなと。
犠牲の上に平和があるんだとも。
本当にあのラストだけで、見事です。
ディズニーには出来ない芸当だし、評論家受けが良いのも納得です。
あと個人的に気に入ったのはヒロインの描き方。
冒頭の人物紹介での演出がかなりウケたのと印象的だった。あと殴った後のキスはドキドキした。
金髪最高。
あと全米の声のキャストがかなり良質で字幕でも見たかった。ただ日本語吹き替えのキャストがかなり上手くてすっごい良かった。芸能人起用してなくて本当に良かった。(泣)

再鑑賞の感想

アメリカで本作の続編が、ゴールデングローブ賞を受賞したので、居ても立ってもいられなくなったので、Blu-rayで再鑑賞

日本では権利の問題でか、劇場公開していない。
2015年当時はBlu-ray化もの話もなく。本当に惜しい。
なんだかんだで、ソフトを購入してから初めてみるのかな?2回目かな?
以前感想書いたときは、吹き替えで鑑賞したから、今回が初めての英語版鑑賞なのかもしれない。
いやそんなことはないと思う。
・2年前の映像と思えないぐらい綺麗。
なんでこんなに綺麗なんだ!!すげぇぞ!!

トゥースが可愛すぎる。

via GIPHY

原題の直訳が「ドラゴンの操り方」とあるように、本作はペット映画みたいなとこある。
それを増長させるぐらいトゥース(英語名は歯をしまえるところからトゥースレス)というドラゴンがとても愛らしくて可愛い。
仕草がこれまでのドラゴンの概念を一線を画す、猫と爬虫類の複合型。
それで空飛んじゃうんだからすごい!!
トゥースに至っては、猫とうなぎのような姿が素敵。

空飛ぶシーンが最高すぎる!!

via GIPHY

これは本当に本当に何度見ても興奮するな。
空を飛んでいるような素晴らしさ。
IMAX3D見たら、落っこちちゃうよ。
4DXで見たい映画だ。
空を飛んでいる際のトゥースの顔や頭の変化、
ヒックの髪や顔に当たる風圧などの描写が巧み。
トゥースの飛行時のフォームや飛空のアクロバットなど、
この映画だけの醍醐味があるなぁと再々鑑賞してみて実感しました。

via GIPHY

見ていて何度も泣きそうになった。

26歳のおっさんですが、本作を見て何度も目頭が熱くなりました。
セリフ一つ一つが胸にくる。
終盤の会話シーンも最高です。
ドラゴンを初めて操った男!!
ただやはり

ラストの戦い、ドラゴンのボスと戦う理由が個人的に納得できない

ドラゴンが略奪をする理由ということで、退治をするのは筋が通っているものの、
ボスだってボスなりに生きてきたんじゃないだろうか。
そもそもボスって封印されて困ってただけなのでは。
まぁあんなの出てきたら災厄ですよね。
でも

ヒックの足とトゥースの尻尾翼の痛みがやっぱり、他のアニメと一線を画すね

この映画が唯一無二であることを感じる。
ちなみに、興奮しすぎて、『ヒックとドラゴン2』ドイツ版の日本語字幕入り、Blu-rayを輸入してしまいました。
後日届いたら見れます。

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』の劇場鑑賞に備えて再鑑賞

完結編となる『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』が劇場公開されたので
鑑賞前に自宅にて再鑑賞。
ほぼほぼ前回の感想の通りの感想を再度感じた。
いまやディズニーがドリームワークスのルールを模倣しているようになってしまって、
個性が近いものになっているが、
今作ではドラゴンと少年の友情物語の始まり。
古い価値観との対立、そして犠牲と融和というストーリーラインも秀逸だが、
トゥースの空想の動物なのにまるでその存在を知っているかのような愛嬌たっぷりなキャラクター造形が非常に見事。
その秀逸さはやはり『リロ&スティッチ』の監督の技量が発揮されているのだろうなと思った。

その果ての飛行描写の凄さがあって、
本当に唯一無二。
ちょっときもいヒックが島の英雄になるのも王道で最高だけど、
ハッピーエンドの描写の楽園っぷりが涙腺をさらに刺激する。

via GIPHY

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 8.5/10
・映像のアプローチ 9/10
・映画の美術面 9/10
・キャラクターの魅力 8.8/10
・音楽 8/10
・上映時間と個人的趣味 9.3/10

89点
超おすすめです!

AMAZONレンタル

ヒックとドラゴン (字幕版)
(2018-02-01)
売り上げランキング: 1,219

AMAZON通販

ヒックとドラゴン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2018-02-02)
売り上げランキング: 1,247
ヒックとドラゴン 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2019-11-07)
売り上げランキング: 38,328

UHDが出てるの初めて知った!!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA