【トロフィーコンプ】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアリマスタード【攻略感想】

イントロダクション

2017年アメリカのゲーム

2007年に発売された『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』をPS4用にリメイクしたのが、
本作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアリマスタード』だ。
当初は2016年に発売された『コール オブ デューティインフィニット・ウォーフェア』のボーナスコンテンツとして、
購入者のみがダウンロードとプレーが可能だったが、
2017年に単品が発売され。
2019年2月にPSプラス向けにフリープレーで配信。

レビュー

当初は本編であるインフィニット・ウォーフェアがおまけとして考えられていて、
金額自体も2本分の金額が定価だったりと、なかなか酷い光景だった。
そもそも個人的には『コール オブ デューティ』シリーズは、BO2以降、
近未来寄りな作風へシフトし、マルチプレイも上の階層を意識した空中戦での戦いへと移行し、
スポーツ性は高まったが、シューティングゲームとしての戦場のリアル感は薄れていき、
どんどん価値が下がってしまった印象。
自分もハイテク機器や宇宙でのぴょんぴょん戦などついてけなくて、
マルチプレイ自体にトロフィーもないことが多くなったので、
マルチプレイをやらなくなった。

映像はとても綺麗。
内容はあまり頭に入ってこない。
英語だからか?




1周でプラチナトロフィーゲット!!

さてさてトロフィー攻略の友人から、
本作のプラチナ所得難度はバグ技を使うことで、
とても低くなると聞いたので、
せっかくなのでプレイ開始!!

人によっては、難易度ベテランでアイテム回収とマップでの指定行動をクリアすること。
そして1周内で全ての武器を使う

を網羅すれば、1周でプラチナトロフィーを所得可能という一品。

しかしベテランの難易度はめちゃめちゃ高かった。。。

久しぶりにやるベテラン難易度のCOD。
最後にやったのはMW3のベテランかな。
それまではMW2とBOtoBO2はベテランを攻略したのだけど最近のこんなに難しいのか。

無限湧きに近い敵の量。
後ろからの湧きもあり。
3発で死ぬ。
無慈悲すぎる命中率。
敵の速い弾でだいたい即死。
やり直しのセーブポイントがクソだと即死。
基本的に隠れる場所はない。

これは本当に難しかった。

最初は昔ベテランやったし、できるっしょ。
と思ってプレイしてみたが、
テレビ局のステージで詰んだ。
無限に出てくる敵で、10分やっても終わらない敵の猛攻に心が折れ、
あっさりとバグ技を使う。

↓このサイトを参考にしました。↓
【トロフィー攻略】PS4『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード』プラチナトロフィー攻略【PSPlusフリープレイ】

難易度最弱でのプレーでヌルゲー化。
一番最後のセーブポイントまで移動して、バグを使って難易度ベテランに変更するだけで、
トロフィー取得できるんだからすごい。

1周目はそうやってプレーして、
取り残した特殊行動系トロフィーを回収後、
武器全使用のトロフィーを獲って。

最後に残ったのがM16A4。
ステージ「戦車の影」限定で死んだ味方が持っている武器。
これは全く見逃していた。

最後は犬なんか大っ嫌いで取得!

最高峰のトロフィー獲れた時は感動しました。
動画で動きの解説を見て再現に成功。

合計15時間ぐらいでプラチナゲット。
ちなみにバグ技使わなきゃ諦めてました。

久しぶりにオンラインやったけど、楽しかった。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA