【トロフィーコンプ】マンガ・カ・ケール【攻略感想】

マンガ・カ・ケール

イントロダクション

2018年日本のゲーム

セールのおかげで81円払えば1時間でプラチナ取れると聞いて。
だがこれはそういうゲームじゃない。。。

以前プラチナトロフィーというゲーム評価サイトにて、
簡単にプラチナトロフィーが獲れるとの記載のあった本ゲームが、
この度セールになっていたので購入しました。
なんと90%OFFの81円という激安特価。
それでPS4版とVITA版がついて、
しかも別トロフィーなのだから美味しいです。

レビュー

絵を描けなくてもテンプレートを使って漫画を作れる??

ゲーム?
いやゲームじゃない気もする。
RPGツクールのようなものか。
漫画のキャラクターの絵などの素材がゲーム内に山ほどあり、
それを用いて漫画を作る。
コマサイズは決まってしまっているが、
自分の思い描いたシナリオを具現化して漫画にすることができる。

素晴らしいゲームだ!!




PS4版トロフィーコンプ!

チュートリアルとしてボーイミーツガールものの第1話をクリアするのだが、
これが途中でジャンルが枝分かれ。
合計4周してトロフィーを回収。

その後エディットモードにて
・キャラクター設定
・コマ吹き出しを置き文字入力
・コマに音になる言葉を置く、
・コマに効果音を置く
・コマに背景を置く
・コマに漫符を置く
・コマにハンカチを置く
・新しいコマを追加
・保存した漫画のコマを投稿サイトにアップロード
・パスワード入力画面で「mymizugi」と入力
※なんだよマイ水着って?これを見つけた人って何もなんだ???

ここまでやったらセーブをして、
その後PS4の本体をオフラインにし、PS4の本体の日付を1日変更しては、
セーブを繰り返し1ヶ月経つまで行うことでプラチナトロフィーが獲得となる。

もはやゲームプレイをしてなどいない。トロフィーを集めただけだ。

トロフィーのためにギャルゲーを読み飛ばすなんて俺はやらんぞ!
と思ってたけども、もはやこのゲームでのトロフィー回収は、
やってること変わらないのではないか?と思った。
そして特にチュートリアルの第1話はジャンルによっては100コマ近く飛ばすコマもあり、
だるい選択肢や作業でかなり虚無を感じで、ゲームに時間を注いだのではなくて、
採集に時間を割いたように思えて、呆気に取られた。。。

せっかく自己表現ツールとして開発された本作品をこんな風に消費していいのか???
どうやら現在でも比較的稼働しているゲームのようで、
投稿サイトには新作漫画が複数見受けられる。
ちょっとエッチなのも作れたりと自由な発想で作れて面白いのに、
このトロフィー収集には、このゲームの醍醐味をいっさい味わう要素がなかったのが悔しい。

PS4VITA版トロフィーコンプ!

もちろん数日後にVITA版もコンプ。
しかしVITA版については、自分のVITAが古すぎるせいか、

チュートリアルにて途中でフリーズ。しかも再現性あり。

チュートリアルの最序盤のキャラクター修正で、
キャラクターをいじったら無限ローディングでフリーズ。
再ダウンロードしたが、同様の症状が起きた。
もしやトロコン不能か???と思いきや、
このキャラクター修正時に、×反映しないを選ぶことで、
ロードにならず、そのまま進行できることがわかり回避。
その後も反映しないをしまくって、
チュートリアルをクリア。

しかしVITA版は処理速度の影響か、うまく飛ばすことができずに、
何度も途中で詰まるような感じに陥り、
ゲームとして残念な部分を垣間見た。

またアシスタントがVITA版はボーイッシュ。
PS4だとチュートリアルのヒロインチックだったな。

ただタッチ要素を取り入れているので、
PS4よりもカーソル移動がスムーズ。
後はPS4版と一緒の虚無採集です。

総評

セールのため、81円という激安でトロフィー二つも手に入ってうれしかったが、
この作業についてはなかなかの虚無だったのでストレス性は高く、
トロフィーゲットの音でストレス発散にはならなかった。

しかしゲームとしての潜在能力は非常に高かった。

ちなみにマンガ・ヨメールという投稿サイトでみなさんが作った漫画を読めるが、
その中には18禁のものもある。
乳首や性器は出せないが、着衣での行為や水の表現は可能なため、
そういう表現での18禁漫画も作成が可能。
潜在能力やば。

AMAZON通販

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥51,850 (2020/08/05 23:25:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥32,800 (2020/08/06 13:39:00時点 Amazon調べ-詳細)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事・広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA