◎【78点】ウォッチメン アルティメット・カット版【解説 考察 :10年の時を経て日本語版が拝める】◎

ウォッチメン アルティメット・カット版

製作

2009年アメリカ映画

このhis0809は
10年待ったのだ!

監督

ザック・スナイダー
300 〈スリーハンドレッド〉
マン・オブ・スティール
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
・ドーン・オブ・ザ・デッド

キャスト

ジャッキー・アール・ヘイリー
・リトル・チルドレン
・エルム街の悪夢
・シャッター アイランド
アリータ: バトル・エンジェル

パトリック・ウィルソン
オペラ座の怪人
・ハードキャンディ
・インシディアス
死霊館

マリン・アッカーマン
・ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ
・幸せになるための27のドレス
・ハッピーサンキューモアプリーズ ニューヨークの恋人たち
ランペイジ 巨獣大乱闘

ビリー・クラダップ
・20センチュリー・ウーマン
・あの頃ペニー・レインと
・グッド・シェパード
・ビッグ・フィッシュ

マシュー・グッド
イノセント・ガーデン
・イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
・チェイシング・リバティ
・ダウントン・アビー

ジェフリー・ディーン・モーガン
ランペイジ 巨獣大乱闘
・ウォーキング・デッド
・ルーザーズ
・P.S. アイラヴユー

あらすじ

1985年アメリカ。
エドワード・ブレイク(ジェフリー・ディーン・モーガン)は突然の来訪者に殺害される。
来訪者は並々ならぬ格技を用いていた。

この世界は現実のアメリカとは歴史を歩んだ。
1930年代に人間よりも優れた力の持ち主たちがコスチュームを纏い自警活動を行なっていた。
いつしか彼らは集合し、ミニッツメンというヒーローチームとして活躍。
第二次世界大戦が終結。
街には彼らと対をなすコスチュームを纏った犯罪者が現れ、彼らは大いに活躍した。
しかし時間が経つごとに、彼らは報復を受けて殺害されてしまうものや、
精神病を患ってしまうものや、引退するもの、
ひっそりと姿を消してしまうものなど衰退していていた。

1960年代には第二世代のヒーローが現れ、彼らもまた集合しウォッチメンというチームを組む。
その中には、重力以外で物質を引きつけ合う力が存在するかどうかを確かめるため、
イントリンジック・フィールドの研究の実験室での事故により原子まで分解された体を
再構成させて復活させたジョン・オスターマン(ビリー・クラダップ)ことDr.マンハッタンも
参加している。
Dr.マンハッタンは他のメンバーとは違う人間を完全に超越した超人だった。

アメリカ政府はウォッチメンを政治利用し、
Dr.マンハッタンとミニッツメンからの継続メンバーのコメディアンをベトナム戦争へ投入。
結果、史実ではアメリカが敗北したベトナム戦争だが、アメリカは勝利。
当時の大統領だったニクソンは再選し、ソビエト連邦は存続したままだ。
それ以来アメリカの歴史にDr.マンハッタンは介入。
またコメディアンはニクソンの下で汚職を幇助、ケネディ暗殺の犯行も担当した。
しかし1980年代国民のニクソン政権の批判とヒーロー活動の批判により、
ニクソンは自警行為の禁止をキーン条例として制定。
結果、ウォッチメンの活動は非合法となるが、
Dr.マンハッタンに対して政府は活動を認可。
ウォッチメンのメンバーであり天才科学者兼
会社CEOでオジマンディアスことエイドリアン・ヴェイト(マシュー・グッド)は、
引退するがDr.マンハッタンと共に彼の能力の技術転用と製品開発を行っている。
そしてコメディアンは政府諜報員として活動を行なっていた。

エドワード・ブレイクの件で、現在も非合法な自警活動を行うウォッチメンの一人、
ロールシャハ(ジャッキー・アール・ヘイリー)は、犯行現場である彼の家を捜索中に、
彼がコメディアンであることを知る。
一般人を超越するほどの能力を持つ人間を殴り殺した形跡を見て、
この犯行が通常の人間での犯行ではなく、ヒーロー活動に恨みを持つものだと思い、
引退した相棒のナイトオウルⅡ世こと
インポ野郎のダニエル・ドライバーグ(パトリック・ウィルソン)、
Dr.マンハッタンとその恋人で引退したシルク・スペクターⅡ世こと
ローリー・ジュピター(マリン・アッカーマン)、そしてエイドリアンに警告の為、会いに行く。

コメディアンの葬式にて、
ロールシャハは彼のかつての宿敵であるモーロックが参列していたことを知り、
帰宅後の彼を襲撃する。
しかし年老いたモーロックは犯行を否定、またコメディアンが殺害前のある晩突然、
現れて寝ている自分を見て涙を流しながら「こんなはずではなかった。」と泣き崩れた
ことがあったことを彼に告げ、モーロックは治療法の見つからない癌により苦しんでいた。

あてが外れたコメディアンは、捜査を続ける。

Dr.マンハッタンはテレビの討論番組に出演する。
その直前に彼は恋人のローリーと喧嘩。
彼はだんだんと感情を失いつつあり、
人間に対しても原子の集合体でしかないと認識を改めていた。

テレビの討論番組の収録中に、ウォッチメンを執拗に追う新聞記者により、
自身が原因で周囲の人が癌になっているのではないか批判を受ける。
親友だったウォーリーは癌で死去し、かつての恋人だったジェイニーもまた癌に侵され、
わざわざ討論番組に現れ、Dr.マンハッタンを批判する。
周囲の収録参加者や記者たちも一斉にDr.マンハッタンを批判することで彼は動揺し、
テレポートし、火星に行ってしまう。

そしてDr.マンハッタンは自分が今の姿になってしまったことを回顧する。

ローリーは兼ねてからストレスがたまるとダニエルに愚痴をこぼしたりしていた。
ダニエルのナイトオウルの装備などを見て昔を懐かしみ、
二人で出掛けていくと、チンピラと遭遇。
持ち前の身体能力で彼らを撃退した2人は、昔の情熱に高揚感を覚えた。

そして社会はDr.マンハッタンの逃亡により、
絶対的なソビエト連邦への抑止力を失い、核戦争の危機とアメリカの終焉を感じ始め、
終末時計の針がさらに進むのだった。
2020年4月4日自宅UHD鑑賞 2020年19本目



10年の時を経てアルティメット・カットがついに日本販売

ついにとしか言えない。
ついについに『ウォッチメン』のアルティメット・カットが日本語版入りで国内流通!
しかもUHDも同時販売、さらにさらにスチールブック版も同時発売!!
ということおで速攻予約して、無事届き、4月に自宅にて鑑賞しました。

しかしついに日本で、日本語字幕付きで鑑賞できたよ。
アルティメット・カットについては、216分もあるクソ長いバージョンですが、
これには、ウォッチメン DVDコレクターズBOXの特典2の

『「黒の船」〜海賊船ブラック・フレイターの物語』というアニメーションがあるが、
それが本編にそのまま打ち込まれているので、凄まじい長さになってしまっている

また本編に追加ではなく、同様に日本では正規に見ることができなかった186分版の

ディレクターズ・カット版に追加なのだ

2009年当初から海外ではアルティメット・カットもディレクターズ・カットも
Blu-rayやDVDには特典として挿入されていたが、日本では未挿入。

字幕については香港版Blu-rayのみ実装されていたが、早々に売り切れになり廃盤

日本語字幕吹き替えの中での鑑賞は困難となってしまったわけだが、
それがようやくお目見え、本来のザック・スナイダーが描いた彼の『ウォッチメン』の完全版が、
鑑賞できるのだ。ありがたい。

しかしそこは惜しいことにアルティメット・カット版のみの挿入のため、
劇場版とディレクターズ・カット版、はたまた黒の船」〜海賊船ブラック・フレイターの物語
単体での鑑賞はできない。
もちろん過去の特典も未実装なため、コレクターの方はBlu-rayやDVDの中古買取は、
おすすめしない結論に。
自分は映画ファン程度なので、特典はあんまり見ないので中古買取してしまった。
もう一度見たかったかも。。。

とりあえず感想

アルティメット版の感想というか映画『ウォッチメン』の感想としては、
MCUを抜きにすれば、映画として面白かったと思う。
というか結構大好きな映画。
終始感情を抑揚されるいけてる音楽がなっていて、
挿入歌の選曲が最高。
特に

オープニングのボブ・ディランとここまでの歴史のダイジェストが最高

映画の最序盤のコメディアンの死闘からのオープニングでの
ボブ・ディランの楽曲1曲で1930年代から60年代、そして80年代までの歴史の出来事に
ヒーローたちが介入し、違うアメリカの歴史を送っていることをダイジェストで描くが、
そこの部分の映像のグラフィックノベル調でありながら、構図も時間も見事でキレがあり、
ザック・スナイダー監督のセンスが十二分に盛り込まれており、
ここだけ見るだけでも映画の満足度は違う。

そこからの全ての映像における構図もコミックの細部を再現しており最高。
ヒーロー1人1人のコミックからのデフォルメ具合も見事で自分は好き。

ロールシャハの顔マスクの再現も好き。
シルク・スペクターⅡ世のラバー感も好き。
Dr.マンハッタンも好き。

MCUが完成した現在と遜色ない情熱があるわけです。

アクションもザック・スナイダー監督が得意なスローモーションを用いて、
カンフー的な肉弾戦も熱見応えがあって好き。

特殊ガジェットの数々もありエンタメヒーロー映画として見応え本当にありあり!

本編としての物語よりキャラクターの物語多めなので現代だと海外ドラマ向き

アルティメット・カットというかディレクターズ・カットにてそれぞれの時間が増加しているが、
作品としては、本編が全然進まない。
その原因としては、フラッシュ・バックが多い。

映画の冒頭からコメディアンが死ぬ直後に、
これまでのウォッチメンというかヒーローたちの歴史がダイジェストで流れ、
そこからシークエンスが変わるたびに、コメディアンとミニッツメンのメンバーの過去や、
過去を思い出すナイトオウルでの過去の出来事。
Dr.マンハッタンが遠くに行った後の自身の半生のフラッシュバックでモノローグ。
ロールシャハが自身での半生のフラッシュバックでモノローグ。
フラッシュバックモノローグだらけで一向に話が進まない。
唯一のオジマンディアスだけは過去が描かれず、自身の過去をセリフで説明するだけ、
それもそのはず、彼がこのヒーロー殺人事件の黒幕であり、世界を救うための壮大な
計画を画策した張本人であり、Dr.マンハッタンという異次元の存在に憧れた無力な存在
というネタバレなのだから。

その真実のインパクトはさることながら、
そこにたどり着くまでが長い長い。
しかし監督のスキルでモノローグでダイジェスト調に描かれるグラフィックノベル風な映像構成は
抜群にセンスあって、めちゃめちゃ見応えがある。
むしろザック・スナイダーは通常の軽薄な人間ドラマが全く描けない監督で、
人間ドラマや長回しなどの通常の映画はとても苦手と言ってもいい。
監督の得意分野で構成されているのだ!!

しかしシナリオの元ネタは優れた原作のおかげ、映像の絵コンテに対しても
元ネタが優れているわけで、優れた作品の映像化でしかない

またフラッシュバックにて人間を描くなら映画である必要は希薄。
当時なら『LOST』がこの手のタイプの作風だった。
しかし当時は海外ドラマにハリウッドスタイルのビッグバジェットは制作されていなかった為、
今更のご意見、しかし現在では『ゲーム・オブ・スローンズ』やら『ストレンジャーシングス』
『マンダロリアン』などなどテレビドラマの枠を超えた映像作品も多く、
せっかくなので『ウォッチメン』もドラマ化してほしいと思ったらその後日談がドラマ化された。
全く知らない物語が現在紡がれている。

映像不可な原作を改変しての映画化は?

原作の濃厚なお話、そして衝撃的なラスト。
映画でもフラッシュバックにより濃厚なキャラクター描写に成功しているが、
予算の問題か、最終版のオジマンディアスの悪行が、
Dr.マンハッタンの遺伝子を用いて製作した宇宙怪獣を世界各地に送り込んで、
世界を一つにして宇宙の脅威と戦おうとすることから、
Dr.マンハッタンのエネルギーを唐突に世界各地に送り、
都市部にクリーンな核攻撃を行い、世界を穿つ。
結果、Dr.マンハッタンを倒す為にアメリカとソ連は手を組み、核戦争の未来は回避。

どちらにしろDr.マンハッタンは、人類を見限り、地球から去ってしまうことは変わりない、
だがオジマンディアスに対しての言葉は違い、
映画ではオジマンディアスを肯定している節があり、原作だと無関心に近く、
あくまでも人間の世界を人間に委ねており、オジマンディアスは許されない罪の責任と
Dr.マンハッタンの言葉に自身の所業の正しさに自信をなくし、苦しみ尽くす。

その重みを読者としてヒーローの決断の重さと正しき行いとは何なのか?という
圧倒的なカタルシスが読破後に胸を駆け巡るのだが、
映画だと良かったねぇーぐらいな気持ちになってしまい、オジマン偉大!!
ぐらいになってしまう。

まぁそんなことよりナイトオウルに人間臭さとロールシャハの顛末がやばい。

映画は映画で具現化としての成功や音楽の選曲などなど
良さが無限にあったと思うが、
それでも物語自体の改変に関しては問題はあると思う。

そりゃイカの怪獣を映画に出すとなるとCG製作費で予算が数倍に跳ね上がったり、
尺も大幅に増えたりするだろう。
だからこそ映像化不可と言われた作品だと思うし、
現在でも真の映像化は不可なのかもしれないが、
『ロード・オブ・ザ・リング』がドラマでリブートできるなら、
できる気もする。

とりあえずDr.マンハッタンの回顧のシーン最高。
人体を再構成するシーンとか最高。

人間に興味の失せた彼がシルクの父親がコメディアンと知って、
絶対に結びつかない原子であった2人の子供の彼女が人間だけがありうる理解できない原子
であると理解し、マンハッタンを説得できる奇跡の存在だったことは原作どおりだったので
良かったです。
あとイカ怪獣星人ってクトゥルフに似てるって今更思った。
アラン・ムーアって史実と神話もしくは偶像というか逸話を結びつけるの大好きだし、
そこからの引用はありうるし、旧支配者をオジマンディアスが作るっての熱いな。
あれ原作ってクトゥルフが引用なのかぁ???

アルティメット・カット版の追加は??

さてさてアルティメット・カットというかディレクターズ・カットの追加要素ですが、
全体的にR15風になった印象。
もはや劇場版を見れないし、見たのが2009年とか2010年の再鑑賞以来なわけで、
うろ覚えすぎるが、
グロやエロが増えた印象。
ギャングと戦うナイトオウルとシルクですが、骨折りなどの人体欠損。
Dr.マンハッタンのプライベートでちんこポロンポロンや、
Dr.マンハッタンの原子分解で、人体欠損やらが増加。
さらにインポオウルとシルクでのセックスではおっぱいがポロンポロンとありがたい。
マリン・アッカーマンが全盛期に美しいのでおすすめ。

その他の追加では、
初代ナイトオウルが殺害されてしまうシーンが予告でしかなかったが、
本編に盛り込まれてます。
またアニメの挿入後に売店で黒人の少年が読んでいる展開が追加、
ことあるごとに彼が登場しウォッチメンが社会としての物語である側面が濃くなり、
原作カタルシスが増す。というか劇場版はヒーロー映画でしかなくなってるな。

あと全体的に回想シーンが長尺になっている印象。

UHDは買いか?

この判断については微妙。
4K効果というのはそんなに感じなかった。
明るさについては、重要な作品かもしれない。
全体的に屋内の暗いシーン、というか黒いシーンが多い。
それは『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でもそうだったので、
監督の趣味だと思う。

黒っぽい背景や鉄鋼の錆びた感じを重視していると思われる。
その為、Blu-rayやDVDなどでは明るさの幅が少ない為、
UHDでは差が明確になり鮮明であることは間違い無い。
本作の最上質の映像体験をしたいならおすすめだが、
アルティメット・カット版しかないことには注意をしたい。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 6/10
・映像のアプローチ 9/10
・映画の美術面 9/10
・キャラクターの魅力 7.3/10
・音楽 10/10
・上映時間と個人的趣味 7.8/10

78点

レンタル

created by Rinker
¥1,019 (2020/05/31 19:29:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2020/05/31 19:29:10時点 Amazon調べ-詳細)

通販

created by Rinker
¥1,000 (2020/05/31 19:29:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,886 (2020/05/31 19:29:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,700 (2020/05/31 19:29:13時点 Amazon調べ-詳細)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事・広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA