◯【67点】サマー・オブ・84【解説 考察 :皆家に帰れば知らない人】◯

サマー・オブ・84

製作

2018年カナダ映画

隠れた良作
レンタルで見つけると嬉しいタイプの映画

あらすじ

1984年夏のアメリカ北西部のオレゴン州のケープ・メイでは子供の行方不明事件が多発していた。

この街に暮らす15歳の少年デイヴィーは父が地方の新聞記者の彼は夏休みの期間を利用して新聞を配達している。
夜は同級生でオタク仲間で並びの住宅地に住むウッディとイーツとカーティスの4人でいつもつるみ、
夜は近隣の同級生たちとグループ鬼ごっこをしていた。
その最中、デイヴィーは隣人の人気者の警察官のマッキーの家に見ず知らずの子供がいるのを目撃。
デイヴィーは以前から彼が最近起きてる連続殺人事件の犯人ではないかと疑っていた。
仲間たちにそのことを話し当初疑っていたが、
不審な点もあるため、4人は協力して彼を監視して犯人である証拠を見つけようとする。

2019年8月13日劇場鑑賞 2019年64本目



カナダからも80年代ティーン映画やってきた

2018年8月に全米公開した本作が2019年8月にも日本で公開。
この手の映画っていつもDVDスルーでたまたまレンタルして鑑賞したら
結構面白かったぁってなる記憶すっごくあって、
そういう映画を劇場で見るのって変な気分。

監督はRKSというトリオで2015年『ターボキッド』を監督した人たち。
自分は見てないのでなんとも言えない。

とりあえず思ったのが、カナダでも近年の80年代リバイバルブームに乗って映画製作するんだなと。
根底にあるのってやっぱり『ストレンジャー・シングス』だと思うが、
さらなる元ネタは『グーニーズ』とかもあるかもしれない。

そんな84年という時代をギミックとして、デジタルにはないアナログな小道具を多数揃え物語を彩る。

隣人は外ではいい顔でも家に入ってしまえばどんな人かわからない。

連続殺人鬼も誰かの隣人だ。
というキーワードも見事だけど、劇中で語られるこれも納得してしまうこと。
本作は内と外のペルソナをもとに、
アメリカ郊外の新興住宅地を舞台にし、
その密集した地域の独自性とサスペンスを巧みに織り交ぜた点は面白いなと思った。

徒歩3分圏内で一緒に育った彼らの一夏の大冒険。
15歳という思春期の中、それぞれが友人として最高な時間を送ろうとする中、
それぞれが彼らの前では仮面をつけ、家に帰ればまた違う現実に打ちひしがれたりする。
その中での外では人気者の警察官が、家の中ではシリアルキラーかもしれない。

主人公暴走捜査ものとしては手堅いが類似映画は『ディスタービア』か。

しかしそれよりも不安定な内情を隠し、青春を謳歌しようとする少年たちのバランスがえぐい。
その近年のティーン映画の甘酸っぱさを押したキャラ魅力よりも、
サイコロジカルサスペンスとしてのバランス感覚が映画として秀逸か。

結局のところ主人公の想定通り警察官は犯人だったわけだが、
そこからは本作の独自性のバッドエンドが繰り広げられる。
後味の悪さは『セブン』に近く、
少年たちの一夏の冒険は、まさかのパンドラの箱の開封だった。
ずっと続くとか、過去の栄光とかで成長後の思い出なんて安いカタルシスは与えられない。
絶対的なパワーバランスとは何か?シリアルキラーとは何なのか?
子供探偵団VSシリアルキラーの顛末は、
隠れた良作を味わったような面白さ。
こっそり見てない人に「この映画面白いからオススメ」と言いたくなるような。
そんな良作サスペンスだった。

のだが。

作り物の1984年がきつい

映画としては、丁寧すぎるというか、
最後の現実だったら冒険譚のように綺麗に終わることは許さないよ。
という大人の論を描いて面白いさ、
それ以外は既視感が強い。
例えば『ディスタービア』、ちょっとマッドだが『アンダー・ザ・シルバーレイク』とか、
主人公暴走捜査ものはちょっとマンネリ化している。
挙句に別に面白ショットがあるわけでもなく、地味に低予算でまとまっている。

特に改めて思うのが、84年の偶像感がずば抜けて高い。
プロダクションデザインがそこまで優れてなかったのか?
地味すぎる。
この後見た『存在のない子供たち』のロケーションのパワフルさに比べると、
物足りなさすぎる。
84年という舞台のセットでしかなく、リアルがなく感じた。

使っている小道具などにそういった要素は盛り込まれているが、
それもなんだか飽きてきた。

もっと突き詰められなかったのか?カナダ映画だからなのか?
結局のところ近年のブームに巧みに乗って、シナリオにひねりを加えた亜流映画という所感。

でもあのオチ、アメリカの倫理違反とかにならないのか心配になる。
主人公のその後の人生を描いたような『IT』の大人編にそのまま繋がりそう。笑

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 7.3/10
・映像のアプローチ 6/10
・映画の美術面 6/10
・キャラクターの魅力 7.4/10
・音楽 8/10
・上映時間と個人的趣味 6.5/10

67点

AMAZONレンタル

ターボキッド (字幕版)
ターボキッド (字幕版)

posted with amazlet at 19.08.25
(2017-03-09)
売り上げランキング: 24,829
ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ (字幕版)
(2015-12-02)
売り上げランキング: 31,849

AMAZON通販

SUMMER OF '84/180G VIN [12 inch Analog]
OST
DE WA (2018-11-23)
売り上げランキング: 278,529
ターボキッド [Blu-ray]
ターボキッド [Blu-ray]

posted with amazlet at 19.08.25
キングレコード (2018-07-04)
売り上げランキング: 8,444
ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016-05-25)
売り上げランキング: 16,515

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA