◯TOKYO TRIBE 「技巧派無形ラップミュージカルアクション」66点◯

「園子温のエンタメラップミュージカル」

TOKYO TRIBE
日の丸2014年日本映画日の丸

なんで見たのだろうか…。
・監督:園子温
・原作:漫画
・ジャンル:ヒップホップ ラップミュージカルギャング映画
原作、知らない。
園子温が描く、不良抗争映画と想定して見に行ったんだけども、これはちょっと違いましたね。
ラップミュージカル!!
ラップはエミネムとか聞くけど、日本のアンダーグラウンドなラップカルチャーについては疎い自分。
楽しめる客層ではなかったな。
ただ園子温の描く映画の世界観が逸脱。
架空の近未来の東京、池袋が、東映のヒーロー映画に出てきそうな荒れっぷりの荒唐無稽っぷり。
しかもそれを監督は、なるべく長回しで描く。しかもそこをラップで歌っているというかなりすごいことやっている映画!!
技巧派!!
また原作を知らないので、戦いの理由とか、ブッパ演じた竹内力の狂気キャラやら、窪塚の部屋の人間の家具やら、冒頭からのセクシーぶり。
容赦なく、女優を脱がす。
なのにアクションはかなり凄い!!
と相変わらずの狂気っぷりは健在。
日本映画では目にしない破格の規模!!
濃厚な世界観の本作、とても巨大なセットでの撮影だったと思う。
本当に仮面ライダーの終盤のような要塞だったり、大バトルだったり、日本でこんなに予算かけて映画普通に撮っているなんてすげぇ!!って思うような世界観。
そこで自由自在に映画を撮る園子温の凄さには、舌を巻く。
ただ一番のラップミュージカルとしては、自分の趣味的にもあわず。
特に主役かと思った染谷くんの狂言回し的MC、映画全体を自由に動く謎の存在には、辟易。
ラップとしては、練馬ザファッカー。地元なんだけども、実在していたんだ!!と思った。
でもこいついつもおんなじ内容しかラップしてないじゃねえか!?
映画の脚本がリリックだったのか、それともラッパーたちで協力したのか、そういう舞台裏とか想像したり、製作さんたちの打ち合わせとか考えると、この映画は本当にすごいことに挑戦したんだな!!って思った。
ただ面白くはなかった。
ラップ映画としては「SRサイタマノラッパー3」が自分は好きです。ラップというもので映画を昇華する感じが「8マイル」同様にツボ。
メモ得点メモ
物語 4/10
作品の上映時間の長さとテンポとそれに伴う映画の奥深さ 7/10
キャラクターの魅力 7/10
監督の映像演出と印象的なシーン、映像を使った話の描き方 10/10
音楽 7/10
俺の趣味 6/10
66

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です