△ミート・ザ・ペアレンツ3 2011年度60本目△

今日からお前はゴッド・ファッカーというわけで、3作目にして反撃に出る義理の息子。」

$A Little his REDEMPTION.~season Ⅵ~-ミート・ザ・ペアレンツ3

アメリカ2010年アメリカ制作アメリカ
出演
ベン・スティラー
(トロピック・サンダ/史上最低の作戦、ミート・ザ・ペアレンツ2、ナイトミュージアム2)
ロバート・デ・ニーロ
(ゴッドファーザーPART II 、グッドフェローズ、レイジングブル、ヒート、ショウタイム)
オーウェン・ウィルソン
(マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと、アルマゲドン、シャンハイ・ヌーン)
ジェシカ・アルバ
(ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]、シン・シティ、マチェーテ)
ダスティン・ホフマン
(卒業、レインマン、マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋、ネバーランド)
予告編

★iTunesを利用した映画レンタル★
ミート・ザ・ペアレンツ3日本語吹き替え版レンタル400円
icon
お爺さんあらすじお爺さん
元CIAの義父ジャック(ロバート・デ・ニーロ)にグレッグ(ベン・スティラー)、本名はゲイロード“グレッグ”・フォッカーは結婚を認めてもらい、色々あって、実の父親などと一悶着あったけど、結婚して10年たち看護師だったグレッグは出世して偉い地位に。双子の息子と娘とは絶妙な問題を抱えていたのだが、ある日ジャックから電話が来る。
今回ジャックは、あることを気にかけていた。
それは、1にも出ていた娘が、夫の浮気によって離婚したのだ。ジャックは心臓に病を抱えていて、次の親類を束ねる存在を求めていて、あと頼めるのがグレッグのみになってしまったのだ。
その相談序で、ジャックは妻と共に娘のパムのいるグレッグ宅へ。
だがそこでジャックはグレッグが浮気をしてないか疑うのだった。
そしてタイミング悪くグレッグは新薬のセールスに来たアンディ・ガルシア(ジェシカ・アルバ)にごり押し営業されていたのだった。
2011年8月18日鑑賞
お爺さん感想お爺さん
ミート・ザ・ペアレンツシリーズ最新作を見たのです。
てかあっさりのDVDスルー。
特にすることもなかったので、彼女の家でiTunesレンタルして鑑賞しました。
残念ながら日本語吹き替え版での鑑賞です。
まぁーそこまで思い入れもなかったので、有りだと思ったんですがね。
というわけで、なんだかんだで実際三作とも見ているわけで、今考えるとかなり古くから制作されていた作品でしてね。
1作目は2000年の作品で今からすると10年以上の前の作品。
一応主演ベン・スティラーと相手役にロバート・デ・ニーロの関係は変わりませんが、シリーズ一作目では、義父との関係に悩む主人公の図が現実の問題を皮肉ったようなコメディとしかも主人公の名前が、ゲイで、フォッカー、という下ねた満載の名前。しかも職業がちょっと失礼だが看護師ともあって、かなり可哀想な感じで、挙げ句にその義父の職業が元CIAという設定。
いやらしい程にベン・スティラーのミスを全て掘り下げるという結構可哀想な話で、あんまり笑えないが、ラストシーンはジーンとくる。
でーその続編が4年後、かなり年月空きましたが、制作されたのですがね、今度は、ベン・スティラーの両親に会おう!!という展開になります。
そのロバート・デ・ニーロと対抗して出てきたのが、「卒業」などでおなじみの、ダスティン・ホフマンというなかなかなチョイス。
ただグレッグのお母さんがセックスセラピストという衝撃の設定で、やはり内容は下品ロードに突入。
ですが全米での興行成績は最高の成績を収め、コメディ映画史上No.1の成績を納めています。
というわけで、シリーズ最新作は前作から6年ぶりの制作です。
今思うと長かった。
こうやって考えると、ベン・スティラーがハリウッドで長生き出来たのもこの映画のおかげかもしれないとも思えるんだよね。こういう映画での共演のおかげで、トロピック・サンダー的な映画が作れたとも思うし。
でー今作は、ついにベン・スティラーが宿敵だったロバート・デ・ニーロと同格の存在感で戦うという、現在のハリウッドの縮図的な感じです。
そもそもロバート・デ・ニーロ自体が全く90年代以降まともな映画に出てないし、逆にベン・スティラーといえば、父親も有名なコメディアンだったりするしね。
立派な映画製作者となっています。
てかこの映画の製作持ちかけたのは誰だ?(笑)
さてさて、今作の内容はというと、ついに自身の死期を悟ったデニーロは、ベン・スティラーに家長の座を譲ることにします。(正確には、第一候補が辞退したため)
そう元ゴッドファーザーによりベン・スティラーは「ゴッド・フォッカー」を任命されるわけです。
この台詞が意味深で腹立たしい半分笑えます。
日本語だと「ゴッド・バーカー」になってました。
ちなみにフォッカーとファッカーは言い間違いやすく、映画内でもファッカーと言ってます。
ファッカーとはfack(性的な行為をする的な意味)の人型にした形でしょうか。要するに悪口です。
そういう意味でも笑えます。
さてさてそういうわけで、対等になった二人というのが、色んな意味で本作を楽しむ上で重要なことになっておりまして、以前だったらやられ放題だったグレッグがジャックの策略を打破していくのが痛快というわけです。
また以前よりも、オーウェン・ウィルソンが活躍するのがオーウェン好きとしては嬉しいけども、やっぱり主人公のグレッグには可哀想過ぎる疫病神ポジションでもあって、挙げ句には、またもシリーズ恒例の酷い展開になったりと、なんかまぁーあれです。
また新キャラで、ゴッドファーザーを意識して、アンディ・ガルシア役で、ジェシカ・アルバが登場!!
ですが、彼女の役がまたまた酷い役で、またも下ネタのバイアグラのセールスマン。(苦笑)
挙げ句に終盤は、それを服用して、下着姿で暴れ回るという、悲惨な役所。
勿論その成果は公に認められており、ラジー賞を受賞しました。おめでとうございます。
最終的には大円団なのは、当たり前だけど、エピローグでの一間は結構良かった。
と勿論酷い内容だった本作ですが、決してつまらないわけではなく、それなりに笑えます。
ロバート・デ・ニーロとベン・スティラーのガチンコの殴り合いなどとことんロバート・デ・ニーロは自分の価値を貶めまくりです。(笑)
メモ得点メモ
6
点数の割にはオススメです。空いた時間や、またはシリーズのファンにはオススメです。ファン層がいるかは不明。
【10点満点の採点です。来ていただきありがとうございます。】
アマゾン通販紹介!!

ミート・ザ・ペアレンツ3 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-02-08)
売り上げランキング: 12,655

ミート・ザ・ペアレンツ3 [DVD] 1000円

いつか三作セットというBOXは販売するのだろうか?そしたら記念に買いたいと思う。(笑)
★iTunesを利用した映画レンタル★
ミート・ザ・ペアレンツ3日本語吹き替え版レンタル400円
icon

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA