◎【感想】300 「ザック・スナイダー出世作!」83点◎

2013年136本目 11月21日自宅Blu-ray再鑑賞
「ディス・イズ・スゥパァルタァァァァァァ!!!」

300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]
アメリカ2007年アメリカ映画アメリカ

あらすじ記事はこちらです!
2007年に友達と一緒に見た『300』はそりゃあ面白かった。
しかも映像がかなり斬新でね、それは『シン・シティ』なんかよりも斬新でね。
このザック・スナイダーとやらが今後どうなるのか、そりゃあ楽しみだった。
Blu-rayが安売りしてたので買ってみた。それから一年ぐらいしてようやく再鑑賞。
マッチョな男300人!
戦闘というよりは、美的なまでに洗練された肉体を作り上げた男たちが戦う!戦う!
当時は紀元前ということで、銃などはなく、主に肉弾戦。
更には、スパルタの統率力の高い戦法の強いこと強いこと。
1万の兵に300で怒濤の快進撃をみせる。その強さがまたかっこいい。
驚愕の映像を堪能あれ
まるで漫画の中に飛び込んだような独特な映像スタイルで描かれる作品。
いわゆるグリーン・スクリーンで背景を完全に合成している作品なのだ。
現在ではあまりにありふれたテクニックだが、今作ではかなりの目新しさがある。
さらに、俳優陣がほとんど上裸という非現実的なスタイルに、中世さとマッチョというコミック的な要素を盛り込み、映画を回想録として描いているため、違和感なく、この独特な映像世界が楽しめる。
更には、コミック独特な平面的な世界観でおしまいかなーと思いきや奥行きのあるショットも出てくる。
現在のザック・スナイダーの最高作品はこれに違いない。
ジェラルドバトラーの叫びっぷりが最高、この前に『オペラ座の怪人』演じているのは面白い。
でも近年『バウンティー・ハンター』でラジー賞を受賞してから出演作品も当たり役も減ってしまった…。
あと本作ではブレイク直前のマイケル・ファスベンダーが出演している。彼はここでは長髪で、ブロンドと相まってあんまり素敵ではない。肉体的にはすごいのだが、彼はスーツが一番似合う。
ファスベンダーファンは再チェックするのも良いと思う。
結構活躍する役柄でしたし。
本作の注意点は若干のグロ要素などがあるところ。
あとは独特なので、ゲームっぽい面白さがある。これが受け入れられなければ、きついと思う。
メモ得点メモ
物語 8/10
キャラクターの魅力 10/10
監督の映画に対するビジョン 9/10
音楽 9/10
俺の趣味 9/10
83

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA