◯【66点】ターミネーター ニュー・フェイト【解説 考察 :凄腕CG屋の怒涛の現実超越アクション】◯

ターミネーター:ニュー・フェイト

製作

2019年アメリカ映画

冒頭での大どんでん返しは
ありか?なしか?

製作

ジェームズ・キャメロン
アリータ: バトル・エンジェル
・ソラリス

監督

ティム・ミラー
デッドプール

キャスト

マッケンジー・デイヴィス
・ブレードランナー 2049
オデッセイ

リンダ・ハミルトン
・ターミネーター
ターミネーター2
・ダンテズ・ピーク

アーノルド・シュワルツェネッガー
・プレデター
・シックス・デイ
ターミネーター2
・イレイザー

ネタバレ あらすじ

1998年アメリカ。
サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)とジョン・コナーは1997年に起きるはずだった人工知能スカイネットの暴走をスカイネットを作成してしまう人とその会社を破壊し、また未来からの暗殺者の液体型機械のターミネーターT1000を未来からきた人型機械のターミネーターT800(アーノルド・シュワルツェネッガー)と共に撃退した。
平和を手にした2人だったが、スカイネットから未来から送られてきたT800によりジョン・コナーは殺害されてしまう。

そして時は過ぎ2020年。
スカイネットは生まれず、平和な日常が続いていた。

メキシコの首都メキシコシティ。
この地に新型ターミネータのRev-9、そして女性型ターミネーター?のグレース(マッケンジー・デイヴィス)が未来から転送される。
ここの車工場で働く、ラモス姉弟だったが。
Rev-9が彼らの父親に化けて現れる。
暗殺の束の間グレースの救援により2人は免れるが、
車での逃走中に弟のディエゴは死んでしまう。

液体と人型に分離することができるRev-9に追い詰められる彼女を救ったのは、
年老いたサラ・コナーだった。

グレースはターミネーターではなく、サイボーグ手術を受けた人間で、ラモス姉弟の姉のダニエラを救うべく未来からやってきた。
サラを置いてサラの車で逃げたが、あっさりサラに見つかった2人は、
サラと対立しながらもお互いの過去を話し合い、彼らはチームとなっていく。
またサラが何故未来からターミネーターが襲撃したかを知れたのかを聞く、なぞの人物がジョンの名前を出して、
ターミネーターの転送先を連絡してくるのだった。
その発信先は、未来からきたグレースももしもの時の救援場所として指示があったのだ。
3人は、そこに向かうため、メキシコからアメリカへ越境しようとするが、
Rev-9の執拗な追跡は、メキシコの国境警備隊の内部に潜み、そして世界中のカメラやドローンなどを駆使することができるため、
彼女たちの場所がばれてしまうのだった。

2019年11月30日劇場鑑賞 2019年94本目



3,4,新起動,クロニクルズは全部無し

ジェームズ・キャメロンが製作に何故か名を連ねた本作。
自分の思う『ターミネーター2』の続編を18年の時を経てついに実現。

そんなわけでこれまで数多作られてきた『ターミネーター』を全て無視

されて製作された『ターミネーター ニュー・フェイト』。
冒頭でネタバレだが、以前から送られていたというT-800にジョン・コナーが殺害されるという、
シリーズのルールをぶち壊し。

スカイネットもTシリーズも一切現れない、
新たな人工AIが暴走し、人類を抹殺される未来を止めるべく、救世主となる人を殺しべく、
全く新たなターミネーターが現れ、古参メンバーと共闘して戦う!!

監督には『デッドプール』を監督し、CGアニメスタジオのブラー・スタジオの設立者ティム・ミラー。

ちなみにブラー・スタジオはNetflixオリジナルアニメの『ラブ、デス&ロボット』を製作、
2020年には『ソニック・ザ・ムービー』を製作。
それ以外も超売れ筋の多額な資金をかけて作ったアメリカの5分以上ゲームCGトレーラーを多数制作している。
ゲームよりも面白かったりするんじゃないか?ってぐらいすごい映像の数々。

そんなCGのトップクリエイターが『ターミネータ』を手掛ける!!

『ターミネーター』とは技術の映画だったのか。

というわけでティム・ミラーが監督の本作。
CG技術においてはアニメーターレベルの技量があるのか?
『デッドプール』にてアクションのセンスは発揮されていて、
CGを用いたアクションに長けている部分が垣間見られた。
そういうわけで今作もアクションとCGという組み合わせはピカイチ。

via GIPHY

T-1000とは違うが人体を武器にできるという部分で共通し、
腕を刃物に変形して戦う姿や、
グレースのアクションなどでの豪快で危険な表現でのパワフルさが凄まじい。
さらにさらに、ターミネーターが骨組みのスカルと液状人間体で別れる表現などもすごいし、
銀色メタリックからクロム調の黒がカッコ良かった。

via GIPHY

そんなCG技術を駆使しまくった映画として面白かった。

via GIPHY

荒唐無稽さが際立った。

CG技術が凄すぎる分、
なんでもかんでも理解不能にありえないシチュエーションでの戦いやアクション表現の自由度が高すぎる。
生も死も超越した人間スケールのアクションが多数ありすぎて、

リアリティーのラインがあやふやになっている。

できないことを具現化しすぎて、面白みが薄くなってる気もする。
特に飛行中の輸送機での戦闘は、やってることはすごいのだが、
動きとしては短調な、右へ左へ落ちるの繰り返し。
無重力という描写が挑戦的なのだが、動きが短調で面白くない。
水中でのシーンも技術力の高さが目立つ一方、アクションとしてはやはりすごいが、展開は別にというか。。
ただここでの意味としては執拗なターミネーターの追跡に立ち向かうという意味があるのだが、
それでも。。。気怠さがある。
あと暗いシーンが後半は多い。

SFアクション大作よりも鬼ごっこスリラーへ回帰

これは巷でもよく言われているが、
シリーズ1作目、2作目で描かれていた。
ターミネーターという暗殺者から逃げる映画に回帰している。

via GIPHY

無表情の追手であるRevが冷血でそれでいて最強。
任務を果たすだけのおそろしき兵器として懐かしささえ感じる。
18年の時をへて、ようやくシンプルなプロットに回帰したのか。

via GIPHY

また本来のキャメロンが望んでいた強い女性の映画として、
改造人間のグレース、そしてヒロインで主人公のダニエラが、
未来で救世主になるという、サラの子供が救世主ではなく、彼女自身が救世主というのは、
本来ならキャメロンが望んでいたものなのかもしれない。

第一印象

さて本作を楽しめるかは、多分第一印象でだいたい決まるのかな?
T2を好きならT2後の展開があまりにも最悪過ぎるだろ?ってなる。

まぁあれがなきゃ延々とジョン・コナーの物語として、『ターミネーター』は進むこともなく、
いつもの展開になってします。
シリーズが前に進めない。
だからこの展開は仕方ないことなのかもしれない。
でもT2って傑作じゃないですか?
否定するってそれねぇ。。。

多分このオープニング後のT-800の展開とかもありえないなって思うよ。

それに完全にオリジナルの展開始まっちゃうからねぇ。まぁだからこそ追跡劇に回帰してていいんだけども。

『デッドプール』にアクション構成が似ていた。

さてさて『デッドプール』と監督が一緒の本作。
ふと思い出すと『デッドプール』の終盤の戦闘と全体的な戦闘の構成が似ていたような。
両作ともに剣を使ったアクションが主体。

via GIPHY

また背後からの映像や、

via GIPHY

横からの流れるような2ディメンションの見せ方を多用。
序盤と最終盤では鎖アクション。
確かデッドプールでもあったような気が。
CG技術の使い回し??
それとも監督の趣味かな?

結局は不要な続編

結局のところ製作に生みの親のキャメロンがいたとしても、
ターミネーター2の続編であったとしても、極端な展開で繋げたという面を考慮しても不要。
結局AIは暴走して、誰かしら救世主が現代にいて、
そして暗殺者は送られる。
それの繰り返しが、ずっとずっと続いてくだけで、
ただのエンタメ映画の金稼ぎでしかないなら、
いっそ作らなくてもよかったとも思う。
いろんなターミネーターの続編があったが、
個人的には『新起動』がネタなアップデート要素あって好みだったなぁ。

ここでの問題は、ディスクを集めるべきか?ということになって、亜流らけのターミネーターシリーズ。
1,2だけしか集めづらいよな。。。

hisSCORE

・脚本のユニークさ濃さとテーマなど 5/10
・映像のアプローチ 7.5/10
・映画の美術面 7/10
・キャラクターの魅力 7/10
・音楽 7/10
・上映時間と個人的趣味 7/10

66点

AMAZONレンタル

ターミネーター:新起動/ジェニシス (字幕版)
(2015-10-21)
売り上げランキング: 99,418

AMAZON通販

【Amazon.co.jp限定】ターミネーター<日本語吹替完全版> スチールブック 2019ver. [Blu-ray]” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2019-11-08)
売り上げランキング: 36,653
ターミネーター (日本語吹替完全版) スチールブック仕様 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-11-06)
売り上げランキング: 61,076

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA