【人気記事】FF13-2が凄い。とても凄い!!

FF13-2

みんな大好きファイナルファンタジー!!

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥1,400 (2020/05/27 21:51:23時点 Amazon調べ-詳細)

ついにこの記事2万PV行きました!!訪問ありがとうございます。

(2016年10月18日追記)
FF13-2のエンディングを今日見たのだけど、凄いね。マジで驚いた。
自分はコアなゲーマーなので、
エンディング見たといってもゲーム終了時点での全体の達成度は90%ぐらいだと思われる。
ラスボスとか瞬殺だったし。
最強オチューを作る途中でクリア後アイテム欲しさにクリアした程度ですが、
このエンディングはゲーム全体の評価を狂わせる凄まじいものだったと思うね。本当に。

これまでのFF13-2は…。

正直クリアするまでは、かなり楽しくRPGをやらせて頂きました。
面白いくらいにインターネット上に詳し過ぎる攻略情報がわんさかでていまして、
とても充実してました。

逆にこれまでのFF13は…。

自分は、FF13自体は美味しく頂けた口でして、まぁー正確に言えば、
セーブデータが一度消えてしまって、
クリアしたはずなのに未クリア状態になっていたのに嫌気がさしたので、
もう一度物語部分のイベントを全部スキップしてゲーム性だけを見たらなかなか面白くて、
特に単調と思われた戦闘がかなり面白い。
確かにゲームクリアだけならボタン連打していれば終わる内容ですが、
クリア後の猛者達を倒すことになると話は変わってきます。
戦略を立てた上で、一戦一戦よく考えて戦わなければ、大概勝てないわけです。
挙げ句に綺麗過ぎる映像もあって

なかなか2周目は楽しめました。

ただそれを味わうには自らのめり込む必要性があったし、
挫折や冒頭のクソさで速売りは手堅い行動だと思うし、
1の発売直後のブックオフは結構衝撃的でした。
そもそもFF13は終盤から自由度が解放される謎設定で、

約9時間の我慢の後に本当のゲーム性が解放されるわけで、本当に我慢ゲーです。

そのハードルを乗り越えた廃人なので、FF13-2は楽しく始める事が出来た。

このゲームの存在自体パラドクス!!

本作のテーマは『タイムパラドクス』です。
時間の矛盾という意味でしょうか?
未来の世界からやってきた新規キャラクターのノエル君が、
前作の主人公の妹でFF13の物語の原因となったヒロインと正しい時間を取り戻すという
とても不思議なRPG。
しかし前作同様物語の発端は酷いもので、
前作の主人公が死んだことになってしまっているという驚愕の展開。
あの前作のエンディングは何だったのか?
そういう最悪なハードルを超える所から始まるわけです。
ここでもう挫折または酷評する方も多いでしょう。
そこを超えると新規キャラクターのノエル君がイケメンぶりを終始披露したり、
未来の世界で前作の鬱キャラだったホープ君が世界を救う努力をして
影の主人公ぶりを披露したりとなかなか楽しい
全体的にアクション思考が高くなっていて、
フィールドとかも考慮すると『キングダム・ハーツ』に似ていると思えたね。
主人公のデザインとか結構ソラに似てたし、台詞回しとかもそれっぽかった。
音楽も似ているような。
あと異空間を旅する展開も似ているし。
そういう意味でもキングダムハーツ好きの自分としては楽しめた。

第3パーティーのモンスターが面白い。

前作は6人いたパーティーメンバーですが、今作は2人に変更。
そのおかげで物語も設定も色々とすっきり。これは非常に嬉しい。

前作はキャラクター全員に魅力がないのに多いというマジクソ設定でしたからね。

でも前作同様3人で戦闘をするわけですが、その3人目が本作では、
敵であるモンスターを仲間にして使うことになっているわけです。
『ドラクエモンスターズ』の要素を簡易的にしながらも、
そのモンスター達を成長させることができるわけですが、

奥が深くて、
しかもモンスターにも個性が山ほどあって、これがかなり面白い。

主人公たちより強い最強のモンスターを作ることが出来たりするわけです。

戦闘では3体のうち1体が使えて、更に役回りが固定されていたりと、
前作よりも戦略性が高くなり、より前作のシステムを昇華していて、非常に面白い。

意外な戦い方も出来るし、戦闘のバランスは相変わらず。

各世界にある隠し要素の数々。

各世界には隠し要素がありそれを解放するとボーナス経験値が貰えて、
定番の作業的レベルアップもそのボーナス経験値のおかげで同時にこなせたり、
それを集めるとゲーム全体が有利になる要素が解放されたりと
飽きさせない要素がいっぱい。
最終的にはそれを全て集める必要があるのです。
それをFF13の近代的システムと高画質で堪能出来るのだから楽しいわけです。
また哀しいシナリオもなかなか楽しい。

Butエンディングがゲーム全体の評価を急降下。

Amazonなどを見ると、こんなに面白いのに皆さん低評価。
なんだかよくわからなかったが、クリアしてみたら実感出来た。

あのエンディング、しかもラスト1分はやばかった。

ゲーム界の『シベリア超特急』

と言える程の大どんでん返し。
阿鼻叫喚とはこの事。
唐突過ぎるバッドエンドの展開。
それまではラスボスを倒して、
「皆が待つ未来に帰ろう!!」といって、帰るわけです。
心が暖まるエンディングソングと共に晴れた空の下にこやかに笑い平和を喜ぶ主人公とヒロイン。
そして影の主人公である500年生きた天才青年のホープ君。

「なんだ良いゲームじゃん」
そう思った瞬間、唐突なバッドエンド!!

キングダムハーツか?

全てのキャラクターが悲劇の中に消え去る中、画面に唐突に出る文字
to be continued
え?

おれ今ゲームのエンディングを見たんだけど。
このゲーム、ゲーム一本で解決しないわけで、しかも全体が無意味だったわけです。

いや。そもそも色々このゲームおかしいわけですよ。
そもそもヒロインであるセナは前作のキャラクターのスノウと結婚するはずなのに、
今作でノエル君とずっと一緒にいるわけです。挙げ句ラスボスもノエル君と倒すわけで、
なんだか色々おかしい。
流石にこの展開はゲーム全体の評価下げるのは至極当然だわ。
そもそもFF13の続編として作られたわけで、
その世界に更なる幸せを運ぶために作られたと思うのだが、
それが最後「つづく」で終わるのは、企画としてもおかしいだろ。
また制作側はなんと本作の続きいわゆる
真のエンディングをダウンロードコンテンツとしてインターネット配信にすると言っている。
いやネット環境の無いユーザーはどうしろというのですか?
最近のスクエアエニックスは本当に劣悪なサービスを行いますよね。まったく。
これがいわゆる中古対策?(クリア後も売らないようにすることかな?)のつもりだろうか?
しかし、流石に酷いラストだったと思うわ。オレ何の為にラスボス倒したの?って感じです。
またクリア後には、
隠しエンディングとしてクリアした世界のボスを強引に倒すことが出来る要素が解放されて、
異なるネタエンディングが見る事が出来るようになります。
ここで面白いのが、
実はホープ君の相棒だった女性がラスボスの関係者だったという驚愕の展開で
それを止めた後、更なる冒険が待っている!!というわけで、急
に現れたスノウとセナが旅立つというノエル君そっちのけのラスト。
いやむしろそれの方が気持ちいいは。
なんとも『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のラストシーンのような展開で胸熱。
こういった『かまいたちの夜』のような話をやり直して選択を変えて、
ネタエンディングを見ることができるのもなかなかゲームとしては面白い!
と思います。
『かまいたちの夜』風がRPGだと斬新だよね。(笑)
だが結局は物語の核心に迫ってんだ迫ってないんだかわからないイベントの数々で、
ゲームの評価は変わらないと思われる。
また全ての隠し要素を解放すると秘密のエンディングが
エンディング後にあるらしいのだが、どうやらそれも嘘だったらしくハッピーエンドを見たくて、
頑張ったユーザーたちが更に苦しむという構図も見られている。

ここまでやったのにたったこれだけ。まじ最悪。というのがこのゲームの世論だ。
ただ自分的には全体的に楽しく出来たわけで、
あと2個でそのシークレットエンディングが解放なわけで楽しくできましたよ本当に。
しかしこの結果を見てゲームに大事なのはゲーム性なのか?物語なのか?と考えさせられるゲームだと思いますね。
そういえば、『L.A.ノワール』はこれが逆のベクトルだったな!!(笑)
せっかくなので攻略でお世話になったサイトのリンクを貼っておこう。
FF13-2攻略通信Wiki
物語を進める上で、とても役立った!!
トロフィー攻略DE.com
こっちは適格に強い仲間モンスタの作り方などの解説や、
個人的見解で適格なアドバイスがあって、
個人なので、表らしさは無いが、ディープな情報がわんさか。
このサイト見ればとても楽しくFF13-2ができます。
しかも個人のブログというのが凄い。尊敬できます。
FF13-2極限攻略データベース
これは初めて間もない頃お世話になった。初歩的なことがわかりやすくアドバイスしてくれる。
まぁざっとだけど。時計攻略ツールがすごい!!
そいえば、あのパズル地獄やばかったな。あんなの自力じゃ絶対出来ない。

クリア後のプレイスタイルについて

とりあえず今は、最強キチューさんにお世話になっています。あれは本当に凄い。
あとクシャトリヤ作ってたけど、挫折した。(笑)
チョコボレースも参考にして制覇したし。
クイズはやはり充実性がどこも乏しいと思うので、
クイズ自体の本文を直接Googleに検索かけたら見つかるわけです。
てか本当に攻略本いらずの時代になりましたね。
色んな意味でゲーム業界と出版業界は辛そう。
てか凄い値崩れしてますね。
あとダウンロードコンテンツがかなり空気読めずに少しずつ出てますね。
一番のオススメはセラの水着なんだけど、これがね顔のバランスがおかしすぎてきもい。
顔が肩幅と同じくらいある。発売当初に充実していれば買ったけど、
クリア後もしくはブックオフに押し付けたプレイヤーが今ではほとんどだと思います。
またライトニングさんを召喚獣として使えるものも追加されて、
更には追加シナリオもようやく出るようです。
ちょっと遅いよ。もっと強いボスがどしどし出るかと思いきやのこの商法ですよ。
本当にスクエアーエニックスは商売戦略が酷い。
キングダムハーツの3DS同梱版が転売屋のせいで
多くのユーザーが手に入れられない状況に陥っているにも関わらず、
新たな同梱版を販売してさぁー。もうこの会社は最低の会社として認識しておく。

追記その2

というわけで、真エンディングがなんと600円でネット配信されました。DLCコンテンツデス!
後半の方をニコ動で見つけました。
いや。なんて素晴らしいクソおまけコンテンツ!!
このゲームの物語とはなんだったのか?
話を『L.A.ノワール』と入れ替えてしまったら大傑作だったのでは?
まじスクエニのゲームは買う前に疑うのが大事

AMAZON通販

ファイナルファンタジーXIII-2 - PS3
スクウェア・エニックス (2011-12-15)
売り上げランキング: 1,787
アルティメットヒッツ ファイナルファンタジーXIII - PS3
スクウェア・エニックス (2011-07-21)
売り上げランキング: 4,953

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

関連記事・広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA