【感想】相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ【忘備録シリーズ46】

「軍隊っていうタブーに日本の人気テレビドラマが挑む。」

相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ (通常版) [DVD]

実は劇場で見ていたけども、忙しくて感想を書いていなかった。
感想としては、結構面白かった。
成宮の相棒は結構見てて、馴染みもあったのもある。
でも映画にしては、シリーズ的な話の変動もなくて、相棒スペシャルのスケールでかい版って感じだった。
2が異常なだけかな?
正直、かなりのタブーな内容。
自衛隊を超えた民間軍事企業の殺人事件という一風変わった話に、兵器とかそういうのも関わってきてしまう。
スケール的にはハリウッド風で面白いのだが、日本が舞台というだけで、なんか違和感というものか。
民兵が日本のために活動する姿が、ただのミリタリーオタクたちの暴走にしか見えないのもなんだか切ない。
作家性の強い作品で、日本のメジャーシーンでここまでやってくれるだけで、個人的には満足だった。
Amazon通販紹介

相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ (通常版) [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-10-08)
売り上げランキング: 4,254

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA